GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
M.S.E 24弾予約開始!!
フルバーニアン シン·マツナガ専用ザクII 高機動型ザクII インパルスガンダム+フォースシルエット
M.S.E 23弾 販売中!!
エアリアル バルバトス グレイズ リック·ディアス  エアリアル用武器 
M.S.E.中古販売情報!
キュベレイセット コアトップ コアベース リガズィ ウーンドウォート
ギラ·ドーガ Sガンダム ブルーフレーム レッドフレーム パワードレッド
WAVE しいたけ量産ツール!
ディテールパンチ台形1 ディテールパンチ台形2  ディテールパンチ台形3 ディテールパンチ台形4
ディスプレイにも拘りをプラス!
ミニフライングベース ニューフライングベース プレイングベースA シンプルスタンド  マルチスタンド 
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX35 ガンダムTR-6[クインリィ] フルアーマー形態レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyonta です。

今回は2021年11月より、オンライン限定予約販売が行なわれたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) EX35弾のガンダムTR-6[クインリィ] フルアーマー形態のレビューをさせていただきたいと思います。しばらくA.O.Zから遠ざかっており寂しい気もしていた感じもあったので嬉しい限りですが、組み換えによるクインリィ、フライルーII·ラー、ギガンティックアーム、更にはアドバンスドキハールIIまで再現出来てしまえる仕様なのでバリエーションも含めて商品の魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

ガンダムTR-6[フライルーII·ラー]

MS(モビルスーツ)形態

まずはガンダムTR-6[フライルーII]からご紹介して行きます。正直、購入した方は取扱説明書の記載通りに作った方が良いかと思いました···結構、大変でした(汗)。因みにディスプレイ台座はコトブキヤさんのニューフライングベースを使わせていただいてます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりフライルーIIラーの画像

 

 

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]に強化パーツを装着させて機能特化させた機体がガンダムTR-6[フライルーII]であり、これにフルドドIIを装備させた状態がガンダムTR-6[フライルーII·ラー]となります。右下から見上げるアングルにて···格好良いですね。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりフライルーIIラーの画像

 

 

左側からのワンショットです。組立てにも結構時間を要してしまいましたが撮影もまた苦労しました。本当に格好良く撮るのは難しかったです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりフライルーIIラーの画像

 

 

可動域が狭いのでポージングは限られてしまいますがこうして立体化された物を組立てながら目前で見られるのは大きな違いでした。こういった構造だったのかという発見が色々あったのでかなりの収穫が得られたと思います。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりフライルーIIラーの画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX04 ウーンドウォート&ダンディライアンIIのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX04 ウーンドウォート&ダンディライアンII レビュー 3回目
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第五弾となる04弾の特別弾としてプレミアムバンダイからEX04弾のウーンドウォート&ダンディライアンIIが2017年12月に限定発売されました。内容が多いだけに3回に渡ってレビューをお送りしておりますが、第3回目は、ダンディライアンII、ダンディライアンII(侵攻・殲滅形態)までをレビューさせていただきます。

 

 

MA(モビルアーマー)形態

ここからはガンダムTR-6[フライルーII·ラー]のMA(モビルアーマー)形態をご紹介して行きます。取扱説明書にも小さな画像のみ掲載されていただけなので公式ではないのでご了承下さい(※どうやら取説の後ろ姿を私がMA形態と勘違いしたようです···フルドドIIの向きを変えて試行錯誤していたので変形させた気になっていました。少し気に入っていたので画像は残しておきますが御注意下さい)

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりフライルーIIラーの画像

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりフライルーIIラーの画像

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりフライルーIIラーの画像

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりフライルーIIラーの画像


 

 

ガンダムTR-6[ギガンティック形態]

続いてガンダムTR-6[ギガンティック形態]をご紹介して行きます。フライルーII·ラーも良かったですがこちらも格好良いですね。こちらは付属の台座でディスプレイしています。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりギガンティック形態の画像

 

 

ガンダムTR-6[ギガンティック形態]はガンダムTR-6[ウーンドウォート·ラー]のフルドドIIを介してギガンティックアームとギガンティックレッグを装備させた形態を指しますが本商品ではダイダロスユニット、ウェポンコンテナとウィンチキャノン装備形態を再現出来ます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりギガンティック形態の画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX21 ガンダムTR-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティック·アーム·ユニット装備)セットのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX21 ガンダムTR-1 [ヘイズル・アウスラ](ギガンティック・アーム・ユニット装備)セット レビュー
今回は2020年12月発送のプレミアムバンダイさんオンライン限定予約販売品のMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) EX21弾のガンダム TR-1[ヘイズル・アウスラ](ギガンティック・アーム・ユニット装備)セットを過去弾とのバリエーションを交えてレビューさせていただきたいと思います。

 

 

今回も左右計10門の小型メガ粒子砲も可動するので指先だけでも表情を調整する事が可能です。指先のオレンジも格好良いですね。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりギガンティック形態の画像

 

 

ギガンティックアーム及びギガンティックレッグも間接での回転や屈曲も可能なのでポージングの幅はかなり広いです。ただし、パーツはポロりしやすいので少し忍耐が必要だと思います(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりギガンティック形態の画像

 

 

最後は下から見上げたアングルにて···ダンディライアンやインレで大型機には慣れていた気になっていましたがギガンティック形態の迫力も凄かったです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりギガンティック形態の画像


 

 

ガンダムTR-6[アドバンスド·キハールII]

MS(モビルスーツ)形態

最初はキハールIIのMS形態からご紹介して行きます。腕部強化型ユニットはかわいらしいサイズですが、頭部、肩部及び胴体の強化ユニットの再現度はかなり高いです。今回のディスプレイはコトブキヤさんのミニフライングベースを使わせていただいてます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりキハールiiの画像

 

 

キハールIIにコンポジットシールドブースターを装備させた状態へ···とても好みの仕上りで編隊を組ませてみたい事もあり通常弾での販売を期待してしまいます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりキハールiiの画像

 

 

コトブキヤさんのミニフライングベースはMOBILE SUIT ENSEMBLE シリーズと相性が良いので別にレビューしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

ヘキサギア ミニフライングベース レビュー
六角型のジョイントシステムを軸に開発されたコトブキヤさんの新しいオリジナルメカシリーズの「ヘキサギア」。その中で2017年8月に発売されたミニフライングベースは3mm軸のジョイントが付属するため、MOBILE SUIT ENSEMBLEを様々なポージングで格好良くディスプレイする事が可能です。モビルスーツアンサンブルシリーズのワンランク上のパフォーマンスを引き出したい方にお勧めですのでレビューさせていただきます。

 

 

ここからはキハールIIの頭部にハイメガキャノン、肩部にウェポンコンテナを装備させたアドバンスド·キハールIIへ。顔が隠れてしまうのでモビルスーツっぽさがなくなり一気に機械的な印象に変わりました。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりアドバンスドキハールiiの画像

 

 

コンポジットシールドブースターを装備させたアドバンスド·キハールIIへ···正直、キハールIIの方が好みなのですがこちらも格好良く見えて来るので不思議です(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりアドバンスドキハールiiの画像

 

 

そしてアドバンスド·キハールII最後の1枚です。ウェポンコンテナや頭部強化ユニット等が干渉するので可動域は広くはないですが完成度高い形態だと思いますのでお勧め出来ると思います。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりアドバンスドキハールiiの画像


 

 

MA(モビルアーマー)形態

まずはウェポンコンテナなしのキハールIIに近いMA形態からご紹介して行きます。こちらの方がコンパクトでかわらいしいので好みだったりします。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりガンダムtr-6[アドバンス·キハールII]のma(モビルアーマー)形態の画像

 

 

左側から···T3部隊のマーキングは全てのシールドに入っている訳ではないのですが嬉しいところでした。組み立てていて感じた事ですがこれだけ複雑な機構を当該シリーズに落とし込めている点が驚きで開発した方々には本当に頭が下がりました。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりガンダムtr-6[アドバンス·キハールII]のma(モビルアーマー)形態の画像

 

 

下面の画像です。アンテナも黄色になっていて塗り訳も素晴らしいですね。突き出ている太い軸はクインリィ再現時に使用するものだと思います。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりガンダムtr-6[キハールII]のma(モビルアーマー)形態の画像

 

 

こちらは2機並べてのタンデムフライトです。こうなって来るとあと4機欲しい気もして来てしまいます(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりガンダムtr-6[アドバンス·キハールII]のma(モビルアーマー)形態の画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX09弾ガンダムTR-6[インレ]のレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX09 TR-6 インレ レビュー2回目
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第二十一弾のEX09弾には待望のガンダム TR-6[インレ]が発売となりました。レビュー1回目では、『ADVANCE OF Z』における設定の考察とハイゼンスレイIIのバリエーションを紹介しましたが、今回はダンディライアンII、ファイバーII、更にインレのMA/MS形態をご紹介させていただきたいと思います。モビルスーツアンサンブルならではのプレイバリューも高く、画像多めで盛り沢山の内容となっておりますので是非ご覧下さい。

 

 

ここからはウェポンコンテナを装備させた一般的なアドバンスド·キハールIIをご紹介して行きます。平べったいですがかなり大きいというのが印象です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりガンダムtr-6[アドバンスド·キハールII]のma(モビルアーマー)形態の画像

 

 

少し右側からの1枚です。ブースターポッド周りの曲線とウェポンコンテナの直線のラインの共存が絶妙に見えます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりガンダムtr-6[アドバンスド·キハールII]のma(モビルアーマー)形態の画像

 

 

下から撮影した画像も掲載させていただきます。アドバンスド·キハールIIではミニフライングベースの軸受けが無かったのでMOBILE SUIT ENSEMBLE 過去弾のジョイントを流用してみました。

 

 

最後にタンデムフライトも撮影してみました。大きいので2機並ぶとかなりの迫力です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]の組み合わせよりガンダムtr-6[アドバンスド·キハールII]のma(モビルアーマー)形態の画像


 

 

ガンダムTR-6[クインリィ]

もう指が痛いのですが完成度が凄かったので頑張ってアップさせていただきます···と言う事で遂にガンダムTR-6[クインリィ]です。テンション上がりますね(笑)

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]形態の画像

 

 

クインリィはガンダムTR-6[ウーンドウォート·ラーII]に上でご紹介したガンダムTR-6[アドバンスド·キハールII]2機を接続した形態となります。頭部とアドバンスド·キハールII由来のハイメガ粒子砲3門、胸部の強化型ウィンチキャノン、後部に展開するウィンチキャノン2基、ウェポンコンテナも5基となるので火力も破格です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]形態の画像

 

 

クインリィの後方からの1枚です。重力下での飛行を可能にするダイダロスユニットが特徴的です。今回はコトブキヤさんのニューフライングベースでディスプレイしていますが専用台座で安定して飾る事も出来ます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]形態の画像

 

 

ウーンドウォート·ラーIIのアップ画像です。ブレードアンテナを装着したコアユニットが凄く魅力的ですっかり虜になってしまいました(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]形態の画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 4.5弾 ウーンドウォート(ティターンズカラー)のレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 4.5 ウーンドウォート(ティターンズカラー) レビュー
3月発売のMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 13弾のクオリティーの高さによる衝撃がまだ記憶に新しいところですが次弾は4.5弾として04弾のマーキングプラス版とカラーバリエーション版が登場です。ニューガンダム、ウーンドウォート(ティターンズカラー)、ケンプファー、ブースター・ベッドがラインナップされており前弾で購入出来なかったにはとても喜ばしい機会となりそうですね。個人的には今回はニューガンダムは見送ろうかなと考えておりますが大好きな『Advance of Z』からのエントリーのティターンズカラーのウーンドウォートは過去のフルドドII、EX弾のギャプラン・ブースターと絡めてウーンドウォート・ラーII、ウーンドウォート・ラーII(第二形態)、ウーンドウォート・ラーII(第二形態/巡航形態)のMS形態とMA形態等のバリエーションをレビューさせていただければと思っておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。因みにモビルスーツアンサンブル4.5弾のラインナップは①vガンダム(マーキングプラス)、②ケンプファー(マーキングプラス)、③ウーンドウォート(ティターンズカラー)、④ブースターベッド(マーキングプラス)、MS武器セットとなっています。

 

 

下から見上げるアングルのワンショットです。フルドドIIの先端をはじめ、強化型ウィンチキャノンやウェポンコンテナの白面が前方に収束するように配置されているのも美しく感じます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]形態の画像

 

 

右側から···ブレードアンテナの存在でウーンドウォート·ラーIIのツインアインは少し見えにくくなってしまうのですがこうして偶然でも捉えられるとイケメンである事を再認識させられます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]形態の画像

 

 

全体的に眺めてみても素晴らしいデザインですね。機体下部にあるダイダロスユニットもクインリィらしさを象徴してくれている気がします。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]形態の画像

 

 

そしてクインリィ形態のラストです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]形態の画像


 

 

ガンダムTR-6[クインリィ] フルアーマー形態

いよいよ本商品の最終形態となるガンダムTR-6[クインリィ] フルアーマー形態のご紹介です。この巨大さから下から見上げるアングルとの相性が良さそうです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]フルアーマー形態の画像

 

 

機体の構成は基本的にガンダムTR-6[クインリィ]にギガンティック·ユニット(アーム&レッグ)を装備させた形態の事を指します。ティターンズカラーは禍々しさもあってか更に迫力ある気がします。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]フルアーマー形態の画像

 

 

2時間くらい試行錯誤してみましたが掲載出来そうな画像は下の2枚···私のいたらなさが主要因ですが難しいですね撮影って(汗)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]フルアーマー形態の画像

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]フルアーマー形態の画像

 

 

上の画像の切り抜きが良い感じだったのでこちらをラストショットとさせていただきます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex35弾ガンダムtr-6[クインリィ]フルアーマー形態の画像

 

 

関連ガンプラのご紹介

今回はHGUCのガンダムTR-6[キハールII]とHGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート](サイコブレードカスタム)をご紹介させていただきました。どちらも限定品でかなりプレミアム化されているのでご注意下さい。

 

 

 

中古品販売情報

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX35弾のガンダムTR-6[クインリィ]フルアーマー形態の中古品の販売情報も掲載したのでご興味のある方はチェックしてみて下さい。

 


トレーディングフィギュア機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE EX35 ガンダムTR-6[クインリィ]フルアーマー形態 プレミアムバンダイ限定

 

 

まとめ

以上がMOBILE SUIT ENSEMBLE EX35弾のガンダムTR-6 [クインリィ] フルアーマー形態のレビューでした。

大人気のA.O.Zからの参戦で、個人的にも非常に楽しみにしていたところですが、ガンダムTR-6のフライルーII·ラー、ギガンティック·アーム、アドバンスド·キハールII、クインリィ、そしてクインリィ(フルアーマー形態)まで再現可能で、かなりプレイバリューの高い商品であったと思います。

規格外の大きさから中々、キット化は難しそうな面はあるものの、こうしてMOBILE SUIT ENSEMBLE でシリーズ化してもらえると実物を手にしながら各種仕様を再現出来るので、難解な世界の理解を深めるのにも一役買ってくれたのではないかと思います。

本商品は、2021年11月29日予約開始、2022年3月25日発送のオンライン限定販売品でした。2022年3月現在では正規ルートでの購入は難しそうですがネット市場ではいくらか取り扱いがあるようですのでご興味のある方はチェックしてみていただければと思います。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。