GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
1/7 更新オンライン限定商品
icon
iconHG ガンダム5号機
icon
iconMG ガンダムMk-V
icon
iconHG E. ガンダム
icon
iconHG ガンダム4号機
icon
iconRG HWS拡張用セット
icon
iconHG ブースター拡張セット
icon
iconHG ハイゼンスレイ・ラーII
icon
iconHG ブースター拡張セット
icon
iconHG TR-1次世代量産機
icon
iconRG ソードインパルス
ガンプラのディテールアップ&改造に人気の強力ツール

スジボリ堂 RP-CUTR

バイス

ミニルーター

スピンブレード

スプリングコンパス
精密ドリル
精密ピンセット
メタルパーツ
BMCダンモ0.2&0.4mm

ガンダムマーカーエアブラシ
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
10/28更新 S. W. Kit予約中!
icon icon01 icon icon02 icon icon03 icon icon04 icon icon05
icon icon06 icon icon07 icon icon08 icon icon09 icon icon10
スポンサーリンク

おゆプラとUVクラフトレジン液によるパーツの複製

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回はガンプラ等の模型制作やMOBILE SUIT ENSEMBLE等のフィギュアで、パーツを破損してしまった、紛失してしまった、若しくは、同じパーツをもう一つ欲しい時に役立つ【パーツの複製】についてご紹介させていただきます。

一見、難しそうなイメージですが、思い立って初めて挑戦した私でもクオリティーはさておき【パーツの複製】は達成出来たので是非、チャレンジしてみて下さい。

 

 

複製の原型の用意

まずは、今回複製を思い立った経緯でもあるMOBILE SUIT ENSEMBLE 04弾のケンプファーのチェイン・マインの持ち手です。下の画像の矢印部位を破損してしまいました。ここはタミヤさんの”タミヤ瞬間接着剤”で接着して原型としています。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

因みに、MOBILE SUIT ENSEMBLE 04弾のレビューはこちらからどうぞ。

MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 04 ケンプファー レビュー
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第五弾となる04弾のラインナップは①vガンダム、②ウーンドウォート、③ケンプファー、④ブースターベッド、⑤MS武器セットとなっています。今回は、このうち、ケンプファーをレビューさせていただきます。

 

 

複製に使う物

【パーツの複製】に使う主な商品は2つで、1つ目は下の画像の”おゆプラ”です。なんとダイソーさんで100円で入手出来てしまいます。こちらは熱湯に浸けると柔らかくなり、冷えると固くなる性質があり、この特徴を生かして複製パーツの型を取るのに使います。なお、”おゆまる”でも出来ますのでダイソーさんが近所にない場合はチェックしてみて下さい(個人的にはおゆまるの方が有名かと)。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

複製方法

本レビューでは”おゆプラ”で進めて行きますね。まずは適当な容器に”おゆプラを入れて熱湯を注ぎます(熱傷に気を付けて下さい)。2、3分もすれば柔らかくなって来ると思いますので箸等を用いて熱湯から引き上げてキッチンペーパー等で水気を除きます。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

続いて、下の画像のような適当な大きさの容器に、適当な大きさにカットした”おゆプラ”を敷き詰めてから複製したいパーツをギュッと押し付けます

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

更に、押し付けたパーツの上から、”おゆプラ”を押し付けます。これで複製したいパーツを上下から挟み込み、型を造れる事となります。続いて室温で放冷させて型を固くしますが私はせっかちなので冷蔵庫で30分冷やしてみました。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

こちらが冷やされて固さを取り戻した(硬化した)”おゆプラ”です。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

上の型を取り外してみました。下の画像の左側がそれに当たりますがきれいに型取り出来てそうです。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

型取りしたパーツも外します。ここで2つ目の商品の”UVクラフトレジン液(ハード)”を用意します。こちらもダイソーさんで購入可能です。因みにダイソーさんが近くにないという方は”UVレジン(ハード)”でチェックしてみて下さい。

※レジンは換気を良くして、手袋をして扱いましょう。

続いて”UVクラフトレジン(ハード)”を気泡がなるべく入らないように上下の型に流し込みます(下画像)。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

上下の型を合わせて、下の画像のように太陽光に30分間当てて硬化させます。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

30分後に上下の型を外して取り出した物が右下の画像で、左下の画像が原型パーツです。この段階ではかなり複製パーツにはバリがありますね。・・というか半分はバリです(笑)。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

こちらが複製したパーツの拡大画像です。気泡が入ってしまってますが初回としては中々の出来ではないでしょうか。簡単な操作であることがお分かりいただけると思います。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

バリはけっこう簡単に取り除く事ができ、手で引きちぎるだけでもそれなりにきれいに取れました。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

原型パーツと複製パーツ(バリ取り未完)の比較です。後はニッパーやデザインナイフで整えて完成です。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

練習がてらもう一つパーツの複製をやってみました。右側から原型、複製パーツ、複製パーツを”ガンダム マーカーのグレー”で塗装したものです。気泡も塗装してしまえばわかりませんね。とりあえず初回としては上出来ではないでしょうか(笑)。

おゆまるやおゆぷらとUVクラフトレジン液によるパーツの複製方法に関する画像

 

 

まとめ

以上がガンプラやMOBILE SUIT ENSEMBLEシリーズの【パーツの複製】方法についてのご紹介でした。ダイソーさんが近くにあればすぐにでも試せる手法なのでパーツが破損した時や無くなった時は試してみて下さい。

因みに、”おゆプラ”も”おゆまる”も熱湯に漬ければ何度でも使用出来るのでエコでもあり、失敗を恐れず挑戦出来ますね。更に、1度、型を作ってしまえばこの型も何度でも使用する事が出来ますので量産する事も可能です。

私の複製した物のクオリティーについては言うまでもないですが、修練して応用すれば強力な手法となってくれそうですね。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

水転写デカールによるディテールアップ方法
今回はガンプラ制作における市販の水転写デカールを使ったディテールアップ方法をご紹介させていただきます。とっかかりは難しそうなイメージもあると思いますが、水転写デカールの仕組みと使い方さえ分かってしまえば後は慣れるだけだと思いますので参考にしていただけると幸いです。
ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。
自作プロペラントタンクの制作記録
現在、HGUC ガブスレイを制作しているところですが、プラ材を使ったプロペラントタンクの自作を思い立ったので制作記録としてご紹介させていただきます。使用した材料や道具も掲載していますので参考にしていただけると幸いです。
HGUC ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機) メガ・ガトリングガン制作記録
今回は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』よりHGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガに付属するメガ・ガトリングガンの制作記録をご紹介させていただきたいと思います。別に制作しているジョニー・ライデン専用ゲルググやゲルググ ウェルテクスに流用させたくて購入してみましたが、いつも通りのスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付等のディテールアップとつや消しのトップコートによる仕上げについても書かせていただいていますのでお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク
オンライン限定の最新情報もチェック! プレミアム バンダイ
スポンサーリンク
スポンサーリンク