GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
9/30 更新オンライン限定商品
icon
iconRG ソードインパルス
icon
iconHG ブースター拡張セット
icon
iconMG 強化型ZZ Ver.Ka
icon
iconMG ヘイズル・アウスラ
icon
iconHG ハイゼンスレイ・ラーII
icon
iconHG TR-1次世代量産機
icon
iconHG ブースター拡張セット
icon
iconMG プリムローズ
icon
iconRG HWS拡張用セット
icon
iconHG フルドド
ガンプラのディテールアップ&改造に人気の強力ツール

スジボリ堂 RP-CUTR

バイス

ミニルーター

スピンブレード

スプリングコンパス
精密ドリル
精密ピンセット
メタルパーツ
BMCダンモ0.2&0.4mm

ガンダムマーカーエアブラシ
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
人気のMETAL BUILDシリーズ
S. ガンダム カレトブレッフ デスティニー F. P. F. ガンダム ブルーフレーム
S. フリーダム レッドフレーム アストレア エール ストライク OOガンダム
10/28更新 S. W. Kit予約中!
icon icon01 icon icon02 icon icon03 icon icon04 icon icon05
icon icon06 icon icon07 icon icon08 icon icon09 icon icon10

ディテールアップ用のチップの作り方について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回はガンプラ制作のディテールアップで良く使われるレッドチップを初めとしたカラーチップの作り方をご紹介させていただきます。お手軽ながらガンプラに貼付けるだけで大きな変化を生み出してくれるコスパの高い手法なので是非トライしてみて下さい。

 

 

チップの切り出し

最初はカラーチップの元となるプラ棒の切り出しから行います。プラ板を薄く切ったものを代用しても構いませんが市販のプラ棒を使った方が精度高く簡単に用意出来ます。今回はエバーグリーンさんの”プラボウ 平棒0.38×0.5mm 10本”を使用して切り出しをして行きます。

 

 

カッティングマットの上でデザインナイフでプラボウを適当な長さに切り出して下の画像のような状態にします。

ガンプラの改造方法の1つであるチップによるディテールアップの仕方の画像

 

 

続いてマスキングテープをリング上に丸めます。

ガンプラの改造方法の1つであるチップによるディテールアップの仕方の画像

 

 

そして下の画像のようにマスキングテープの上に切り出したプラボウを並べます。この時精密ピンセットがあると作業が捗ります

ガンプラの改造方法の1つであるチップによるディテールアップの仕方の画像

 

 

下の画像のように塗装ブース内にセットします。なお、私はダンボールを使って塗装しています。

ガンプラの改造方法の1つであるチップによるディテールアップの仕方の画像

 

 

チップの塗装

続いては切り出したプラボウの塗装です。今回はガンダムマーカーエアブラシとガンダムマーカーを使って塗装して行きます。

 

 

このガンダムマーカーエアブラシですが初期費用が抑えられ、片付けもいらないのでこれから塗装をお考えの方には是非ともお勧めしたいです。そして下がガンダムマーカーのアイグリーンで塗装した画像です・・・平滑な塗装が出来ています。アイグリーンはセンサー部等に使うと効果的です。

ガンプラの改造方法の1つであるチップによるディテールアップの仕方の画像

 

 

ガンダムマーカーエアブラシのレビューはこちらからどうぞ。

ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

更にガンダムイエローです。

ガンプラの改造方法の1つであるチップによるディテールアップの仕方の画像

 

 

下はガンダムレッドです。ガンプラの作例で良く見られるレッドチップになります。

ガンプラの改造方法の1つであるチップによるディテールアップの仕方の画像

 

 

更に更に蛍光グリーンです。

ガンプラの改造方法の1つであるチップによるディテールアップの仕方の画像

 

 

そして最後はティターンズブルーです。

ガンプラの改造方法の1つであるチップによるディテールアップの仕方の画像

 

 

カラーチップの回収と保管

私は2~3時間程度乾燥させたら塗装したカラーチップを回収します(乾燥時間についてはもっと取った方が良いかも知れません)。この時も精密ピンセットがあると作業性が上がると思います。下はガンダムイエローのチップ、汎用性が高く主張し過ぎる事がなく様々な場所で使用出来ます。

ガンプラ制作の改造によるディテールアップのイエローチップの作成方法とその画像

 

 

下の画像はガンダムレッドによるレッドチップ。イエローチップとは異なりかなり目立つので各パーツのポイントになってくれますが使い過ぎるとクドくなってしまうので、接着する場所のバランスを考慮しながら使うと良いと思います。

ガンプラ制作の改造によるディテールアップのレッドチップの作成方法とその画像

 

 

こちらはアイグリーンによるグリーンチップです。センサー関係で役立ってくれる非常に使い勝手の良いカラーチップです。たくさん使ってもクドくはならないですが、やはりピンポイントで使った方が格好良い感じがします。

ガンプラ制作の改造によるディテールアップのアイグリーンチップの作成方法とその画像

 

 

続いて蛍光グリーンによるグリーンチップです。こちらのグリーンチップはかなり控えめな印象であまり目立たないのですがアイグリーンのグリーンチップと並べる事でセンサー関連部品の濃淡を表現する事が出来ます。

ガンプラ制作の改造によるディテールアップの蛍光グリーンチップの作成方法とその画像

 

 

そしてティターンズブルーによるブルーチップが下の画像です。室内灯の影響で綺麗に発色していないように見えますが、プリムローズの試作機カラーとの相性も良いのでAOZ関連機体にはお勧めです。

ガンプラ制作の改造によるディテールアップのティターンズブルーチップの作成方法とその画像

 

 

作ったカラーチップは100均等で購入出来る小箱に色事に分けて保管しておくとガンプラ制作の際にディテールアップがサクサク進んでストレスがなくて良いかと思います。因みに接着剤はタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”を使って接着します。同じくタミヤさんの”タミヤセメント(流し込みタイプ)”ですとガンダムマーカーの塗膜が負けてしまいますのでご注意下さい。

ガンプラ制作の改造によるディテールアップのカラーチップの作成方法と保管方法の画像

ガンプラ制作の改造によるディテールアップのカラーチップの作成方法と保管方法の画像

ガンプラ制作の改造によるディテールアップのカラーチップの作成方法と保管方法の画像

 

 

まとめ

以上がガンプラ制作におけるディテールアップ用のカラーチップの作り方のご紹介でした。

切って、塗って、接着すると言う非常に原始的な作業ですが制作者にもたらされる恩恵をとても大きく、一度始めると病み付きになる魅力的な手法だと思います。

一点だけ注意点ですが、接着剤にはタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”を使用し、接着する面同士はプラ材が露出している状態(塗料が付いている場合は削る)である事を確認して下さい。リモネンセメント(流し込みタイプ)の主成分はプラ材を溶かして接着する性質があるので塗膜があるとプラ材が溶けなくなるので上手く接着出来ません。

一回読んだだけですとひょっとしたら難しく感じてしまうかも知れませんが、最初は練習用で何度か試していただいて感覚を掴んでいただき実践に臨まれるのが良いかと思います。私もですがガンプラ初心者の方はほぼほぼこの手法にハマると思いますので是非ご検討下さい。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

HGUC ガンダムTR-6 [ウーンドウォート] レビュー
今回は『ADVANCE OF Z』よりプレミアムバンダイさんオンライン限定販売であったHGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート](テスト機カラー)のレビューを武装のバリエーションを交えてMS形態(モビルスーツ)とMA形態(モビルアーマー)も合わせてご紹介させていただきたいと思います。ティターンズのTRシリーズ最終形態として、また機種統合計画の汎用量産型の可変モビルスーツとして、搭載されている”プリムローズII及びドラムフレーム”を核として様々な仕様に換装される事が前提とされているTR-6のオーソドックスな形態と言えるRX-124ですが、スペックの高さとその洗練されたデザインも魅力的であり、制作出来た事も非常に感激であり、当該機のクオリティーの高さと魅力を少しでもお伝え出来れば嬉しいです。
FG Gパーツ[フルドド] バリエーション レビュー
今回は2006年2月号の電撃HOBBY MAGAGINE付録であったFG(Froku Grade) Gパーツのフルドドの作例とそのバリエーションをご紹介させていただきたいと思います。フルドドもプリムローズ同様に私をA.O.Zの虜にした機体の一つであり、ヘイズル改と組み合わせる事でヘイズル・ラーやヘイズル・ラー(第ニ形態)、さらにはヘイズル・ラー(第ニ形態/巡航形態)を再現出来るなど非常にプレイバリューが高いキットとなっています。また、単体での宇宙用の戦闘機となりうるところがプリムローズと異なり、フルドド2機を合体させる事でMA(モビルアーマー)クラスにすることが出来たり、プリムローズやギャプラン・ブースターと合体させる事も可能など際限のない拡張性を秘めているのも大きな魅力ですね。 巻末には制作記録も用意しており、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装例も紹介しておりますのでよろしければご覧下さい。
HGUC ガンダムTR-1 [ヘイズル改] バリエーション レビュー
今回は、『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』よりHGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]の作例紹介とレビューをさせていただきたいと思います。このキットは以前にも何度か作った事がありサクサク進めてしまった事と、プリムローズやフルドド及びビーム・ライフルの改造等を先行させていたため、慌てて造った事も重なりヘイズル改自体の制作記録はあまり残っておらず今回は勝手ながら割愛させていただきました(汗)。カラーバリエーション等でまた造る事もあるかと思いますが申し訳ありません・・・その変わりと言っては何なのですが、ヘイズル改を中心とした、プリムローズやフルドド、ギャプランブースーターを織り交ぜたちょっとしたバリエーションレビューも出来ればなと考えておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。
HGUC ガンダムTR-6 [ウーンドウォート] サイコブレード・カスタム レビュー
ついにプレミアムバンダイから予約販売されたHGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]・・・ずっと憧れて来たフルドドやプリムローズの発売、そしてそれらの合体に使うヘイズル改の制作もあったりとしばらく肝心のウーンドウォートは納戸に眠らせてていたままでしたが、ふと目にしたらそのままにも出来ず、取り合えず仮組みしてみましたがキットとしても非常に魅力的なクオリティーに仕上がっていました。今回はガンダムマーカーエアブラシシステムを使って仮組したウーンドウォートをブラックに塗装してグロリア機をイメージして制作。グロリア専用の指揮官機に特徴的なサイコブレードも、プラ板でスクラッチに挑戦してみたので拝読いただけると嬉しいです。
HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ(201912) レビュー
今回はプレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売されていたHGUC ジョニー・ライデン専用ゲルググのレビュー&作例紹介をさせていただきたいと思います。本来であればいつも通り積みプラとなる運命のキットでしたが”ゲルググウェルテクス(VERTEX)”なるモビルスーツの存在を知ってしまって居ても立ってもいられなくなって衝動的に制作してしまいました。MS-14B 高機動型ゲルググ(ジョニー・ライデン専用機)は『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』(コミック)からのエントリーで『機動戦士ガンダム』の終盤に登場したMS-14A 量産型ゲルググに増速用バックパックを追加装備させた”ゲルググの高機動型”となっています。制作工程は私の定番ではありますがちょっとした合わせ目消し→スジ彫り→モノアイのLED化→プラバンによるディテールアップ→ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装→墨入れ→水転写デカール貼付→ツヤ消しトップコートと行った感じで仕上げています。モノアイのLED化は初挑戦で少し手こずりましたが光るとやはり嬉しいものですね。今回はモノアイのLED化の制作記録までは残せてないのですが久々のゲルググの制作とあって画像多めでレビュー&作例紹介させていただきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。
GUNDAM PRESS | Product reviews related to GUNDAM & Modeling works introduction
ガンダム関連商品(MOBILE SUIT ENSEMBLE、GUNDAM FIX FIGURATION、GUNDAM FIX FIGURATION ZEONOGRAPHY、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE、METAL BUILD)のレビューとガンプラ関係(HG、RG、MG、FG)をメインとした制作物の制作記録と作例のご紹介

 

how to
スポンサーリンク

中古で探すならコチラから!
ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋
中古コミック販売 通販ショップの駿河屋
新品/中古映像ソフト販売 通販ショップの駿河屋
不要品の査定も頼めます!お売りください。駿河屋です。

icon
icon

中古で探すならコチラがお勧め!不要品の査定もOK!!

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋

中古コミック販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古PCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古映像ソフト販売 通販ショップの駿河屋

トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋

中古書籍販売 通販ショップの駿河屋

同人誌・同人ソフト販売 通販ショップの駿河屋

グッズ販売 通販ショップの駿河屋

シェアする
icon icon icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
GUNDAM PRESS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

10/4 GUNDAM FIX FIGURATION情報!!

RX-78-2 RX-78-3 G3 Z plus Blue
ゲルググ(ジョニー機) Ex-Sガンダム スーパーガンダム 量産型キュベレイ ディープストライカー
オンライン限定の最新情報もチェック! プレミアム バンダイ

システムウェポンキット予約状況!

icon
icon01
icon
icon02
icon
icon03
icon
icon04
icon
icon05
icon
icon06
icon
icon07
icon
icon08
icon
icon09
icon
icon10
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク