GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
9/16 更新オンライン限定商品
icon
iconRG ソードインパルス
icon
iconHG トーリスリッター
icon
iconMG 強化型ZZ Ver.Ka
icon
iconMG ヘイズル・アウスラ
icon
iconHG ハイゼンスレイ・ラーII
icon
iconHG P. R. 空間戦仕様
icon
iconRG S. フリーダム T. F.
icon
iconMG プリムローズ
icon
iconRG HWS拡張用セット
icon
iconHG フルドド

ラインナップのHGUCシリーズ!

シナンジュ S.  グスタフ・カール  シルヴァ・バレト S.  R.ジャジャ シナンジュ 
N.ガンダム Zガンダム E.  ヘイズルII  フルドド プリムローズ
カスタマイズにM.S.G.シリーズ
リボルビングバスターキャノン サムライマスターソード マルチミサイル ユナイトソード プロペラントタンク
ベクタードスラスターA バーストレールガン セレクターライフル アサルトライフル2 ストロングライフル 
ガンプラのディテールアップ&改造に人気の強力ツール

スジボリ堂 RP-CUTR

バイス

ミニルーター

スピンブレード

スプリングコンパス
精密ドリル
精密ピンセット
メタルパーツ
BMCダンモ0.2&0.4mm

ガンダムマーカーエアブラシ
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
ガンプラのディテールアップ&改造の入門からスクラッチまでの参考書に
SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
デカール再販情報!
icon icon

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフル制作記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回はHG 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググに付属するビーム・ライフルのディテールアップを中心とした制作記録をご紹介させていただきます。HGUCのシャア専用ゲルググや量産型ゲルググに付属するビーム・ライフルも同じパーツだと思うので汎用性も高そうです。

 

 

仮組み

まずは仮組み後のHG 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルの画像・・・個人的には見馴れた気でいましたが意外と細くて繊細な印象でした。アブソーバーの付け根部分に何か足せないかなぁと考えています。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルの仮組み後の画像

 

 

因みに一旦ばらしてみると下の画像のように4つのパーツに分けられます。今回はガンダムマーカーエアブラシを使って黒色にしたいと考えていますが成型色も活かして省エネで情報量も少し稼ぎたいところです。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルを分解した状態の画像

 

 

プラ材によるディテールアップ

制作工程の順番は自分の中ではまだ確立されてないのですが最初はプラ材を使って凹凸で情報量を追加して行きたいと思います。プラ材にはいつもお世話になっているKYOSHOさんの”プラボウ 平棒 0.38 0.5幅”を使って行きます。極小で精度の高い素材なので1/144スケールにもお勧めです。

 

 

まずは下の画像の矢印部分の幅をディバイダー等で計ります。ディバイダーは両針コンパスで長さを計測するだけでなくスジ彫りにも使えるのでガンプラのディテールアップをしたい場合にはかなり便利なツールです。因みに私はドラパスさんの” 製図用品コンパス独式コンパス小型スプリングコンパス両針”を使わせていただいています。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップしている画像

 

 

そして下の画像が希望の長さに切り出したプラボウ・・・

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップするためにディバイダーで長さを計測してプラボウを切り出した画像

 

 

先程切り出したプラボウを下の矢印位置に並べて接着しました。接着剤はタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”を使ってます。この画像では確認出来ませんが反対側も同じようにプラボウを接着しています。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップするためにディバイダーで長さを計測してプラボウを切り出して接着している画像

 

 

更に下の画像の矢印のように切り出したプラボウを接着して行きます。下段の画像ではかなりプラボウを貼付けましたが後続の工程で黒に塗装してしまうのでこの段階ではクドいくらいが良いかも知れません。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップするためにディバイダーで長さを計測してプラボウを切り出して接着している画像

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップするためにディバイダーで長さを計測してプラボウを切り出して接着している画像

 

 

プラボウは一通り貼り終えたのでここからはプラバンを貼付けて行きます。切り出しはプラボウと同じくディバイダーを使って長さを計ってデザインナイフで行いました。プラバンはいろいろな種類がありますが使い慣れたタミヤさんの”プラバン”を使いました。下の画像ではピンクの矢印が0.3mm厚のプラバン、赤矢印が0.5mm厚のプラバンを使いました。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップするためにディバイダーで長さを計測してプラバンを切り出して接着している画像

 

 

下の画像の矢印部分のように接着後にはみ出た部分をニッパー等で切り取ります。今回はタミヤさんの”精密ニッパー”を使用。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップするためにディバイダーで長さを計測してプラバンを切り出して接着している画像

 

 

更に新設したビーム・ライフルの付け根部分のボックスに下の画像のようにプラバンで蓋をしました。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップするためにディバイダーで長さを計測してプラバンを切り出して接着している画像

 

 

更にプラボウを切り出して新設したボックスに貼付けました。この際、合わせ目が隠れるようにしています(笑)。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップするためにディバイダーで長さを計測してプラボウを切り出して接着している画像

 

 

最後に全体的なバランスをみてプラボウとプラバンを貼付けて一旦、プラ材によるディテールアップは完了です。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップするためにディバイダーで長さを計測してプラバンとプラボウを切り出して接着している画像

 

 

ここでゲルググ用ビーム・ライフルのサイト・レンズを簡単に塗り分けるために0.3mm厚のプラバンをポンチでくり抜いておきます。ポンチはnakiraさんの”レザークラフト用穴あけポンチ”を使いました。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップするためポンチでサイト・スコープ用レンズを切り出した画像

 

 

上で用意したサイト・レンズ用のパーツをマスキングテープを輪状態にしたものに貼付けて塗装に備えます。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをプラ材でディテールアップするためポンチでサイト・スコープ用レンズを切り出した画像

 

 

マスキング

ここで塗装前のマスキングへ。冒頭で申し上げた通り黒に塗装して行きますが成型色も残しておくと単色とならないので情報量が上がるのでいくつかの場所はマスキングテープで保護しておいています。下の画像がマスキングを終えたところですがグリップ部分は擦れて塗装ハゲしやすいのでよっぽどの理由がない限り成型色を残すようにしています。マスキングテープはタミヤさんの”マスキングテープ 40mm”等を良く使っています。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシで塗装するためにマスキングした画像

 

 

塗装

上で造って来たゲルググ用ビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシシステムにて黒に塗装したのが下の画像です。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシで塗装した画像

 

 

ガンダムマーカーエアブラシのレビューも書いておりますので良かったらご覧下さい。

ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

そして下の画像がサイト・レンズのパーツを同じくガンダムマーカーエアブラシにてアイグリーンに塗装した画像です。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルのサイト・レンズのパーツをガンダムマーカーエアブラシで塗装した画像

 

 

続いて乾燥後にマスキングテープを剥がしたところです。画像だと見えにくいですが一応ツートンになっています。またグリップは成型色のままなので実際に持たせてみても塗装ハゲを回避出来ます。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシで塗装後にマスキングテープを剥がした画像

 

 

先程ガンダムマーカーエアブラシにてアイグリーンに塗装しておいたサイト・レンズ用パーツをビーム・ライフルに接着・・・接着先はガンダムマーカーで塗装してしまっているので貼付け先だけデザインナイフ等で塗膜を剥がしてリモネンセメント(流し込みタイプ)で接着しました。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシで塗装してサイトレンズを接着した画像

 

 

カラーチップによるディテールアップ

ここからはビーム・ライフル本体にカラーチップを接着して行きます。ディテールアップ用のカラーチップの作り方はこちらからどうぞ。

ディテールアップ用のチップの作り方について
今回はガンプラ制作のディテールアップで良く使われるカラーチップ(レッドチップ等)の作り方をご紹介させていただきます。お手軽ながらガンプラに貼付けるだけでも大きな変化を生み出してくれるコスパの高い手法なので是非トライしてみていただきたい方法です。最近発売されたGSIクレオスさんのガンダムマーカーエアブラシシステムとの相性も良いので合わせて使うとかなり情報量アップ効果が期待出来ると思います。

 

 

上で紹介させいただいた要領でまず塗膜を剥がして(上段)からリモネンセメント(流し込みタイプ)で接着しています(下段)。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシで塗装した状態にレッドチップを貼付けた画像

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシで塗装した状態にレッドチップを貼付けた画像

 

 

というわけでビーム・ライフルにレッドチップを貼付け終えた状態が下の画像です。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシで塗装した状態にレッドチップを貼付けた画像

 

 

更にグリーンチップ・・・

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシで塗装した状態にグリーンチップを貼付けた画像

 

 

最後にイエローチップを貼付けてカラーチップの貼付けは完了です。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシで塗装した状態にイエローチップを貼付けた画像

 

 

墨入れ

ここからは墨入れへ・・・今回はタミヤさんの”墨入れ用塗料 グレイ”を使いました。今回はスジ彫り等への本来の墨入れというよりは後付けしたプラ材と元キットの境目を良い感じでごまかす事が主目的だったりしますので全体的ドバっと塗っています。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシで塗装した状態にカラーチップを貼付けて墨入れした画像

 

 

少し時間を置いてから(私の場合は2時間くらい)タミヤさんの”エナメル塗料”を綿棒に含ませて軽く転がしながら余計な部分を拭き取ります。ガンダムマーカーエアブラシは簡単でとても便利なのですが塗膜は強くないのでなるべく力をかけない方が良いと思います。もし塗料が剥がれてしまって気になった場合はガンダムマーカーでリタッチします(私は見なかった事にするケースが多いです)。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをガンダムマーカーエアブラシで塗装した状態にカラーチップを貼付けて墨入れした画像

 

 

水転写デカール

続いて水転写デカールを貼って行きます。今回は私がいつもお世話になっているハイキューパーツさんの”コーションデカール 1/144 RB01 コーションデカール”を使用させていただきました。癖がなくシンプルなディテールアップに最適です。下の画像が水転写デカールを貼付け終えた画像です。かなり重厚感がました感じになりました。


 

 

トップコート(つや消し)

最後にトップコート(つや消し)で仕上げました。今回はGSIクレオスさんの”プレミアムトップコート(水性) つや消し”を使用しています。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをディテールアップしてつや消しトップコートで仕上げた画像

 

 

反対側からの画像。トップコートは全体的な質感統一をメインに、ガンダムマーカー塗膜の弱さや水転写デカールの脱落をカバーするために吹いています成型色(塗装なし)に使ってもプラモデルっぽさが無くなって一気にリアリティが増すのでお勧めです。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをディテールアップしてつや消しトップコートで仕上げた画像

 

 

それでは最後の1枚です。

hg 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフルをディテールアップしてつや消しトップコートで仕上げた画像

 

 

まとめ

以上がHG 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググの標準武装であるゲルググ用ビーム・ライフルのディテールアップを含めた制作記録でした。

思いつきのまま作業している事が多いのでこのような形で時系列に工程をまとめる事には違和感を感じつつも、体系的な作業手順を作るためには自分にとっても有意義な記事になったのではないかなと思いました。

今回のゲルググ用ビーム・ライフル制作に用いたプラバンやプラボウによる凹凸の追加、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、カラーチップや水転写デカールの貼付け等、道具やアイテムを揃えてしまえば思った程難しいものではなく簡単にトライ出来る内容だと思いますのでご興味を持たれた方は是非一歩踏み出していただければと思います。またトップコート(水性)は塗装品のみに限らず、質感アップや作品の劣化に対する耐久性を付与する事が可能ですのでお勧めです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

icon

 

 

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ(201912) レビュー
今回はプレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売されていたHGUC ジョニー・ライデン専用ゲルググのレビュー&作例紹介をさせていただきたいと思います。本来であればいつも通り積みプラとなる運命のキットでしたが”ゲルググウェルテクス(VERTEX)”なるモビルスーツの存在を知ってしまって居ても立ってもいられなくなって衝動的に制作してしまいました。MS-14B 高機動型ゲルググ(ジョニー・ライデン専用機)は『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』(コミック)からのエントリーで『機動戦士ガンダム』の終盤に登場したMS-14A 量産型ゲルググに増速用バックパックを追加装備させた”ゲルググの高機動型”となっています。制作工程は私の定番ではありますがちょっとした合わせ目消し→スジ彫り→モノアイのLED化→プラバンによるディテールアップ→ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装→墨入れ→水転写デカール貼付→ツヤ消しトップコートと行った感じで仕上げています。モノアイのLED化は初挑戦で少し手こずりましたが光るとやはり嬉しいものですね。今回はモノアイのLED化の制作記録までは残せてないのですが久々のゲルググの制作とあって画像多めでレビュー&作例紹介させていただきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。
HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャー制作記録
HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャーの制作記録をご紹介。構造的に大きな合わせ目が出るためリモネンセメント(流し込みタイプ)を使った合わせ目消し、趣向の異なる既存モールドの除去、マスキングテープをガイドとしたBMCタガネによるスジ彫り、プラバン、プラボウ及びプラパイプによるディテールアップ方法も公開しています。更にはガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装を行い、水転写デカールの貼付によって当該武装のディテールアップを施し、つや消しのトップコートで仕上げてみました。ジョニー・ライデンに象徴されるHG 1/144スケールの武装の魅力を更に引き出せるように制作しました。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。
GUNDAM PRESS | Product reviews related to GUNDAM & Modeling works introduction
ガンダム関連商品(MOBILE SUIT ENSEMBLE、GUNDAM FIX FIGURATION、GUNDAM FIX FIGURATION ZEONOGRAPHY、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE、METAL BUILD)のレビューとガンプラ関係(HG、RG、MG、FG)をメインとした制作物の制作記録と作例のご紹介

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

8/29 GUNDAM FIX FIGURATION情報!!

RX-0 バンシィ ユニコーン(覚醒) バンシィ・ノルン サイコガンダム H. N. ver. ガンダム THE ORIGINE
ゲルググ(ジョニー機) Ex-Sガンダム スーパーガンダム 量産型キュベレイ ディープストライカー
オンライン限定の最新情報もチェック! プレミアム バンダイ

品薄人気アイテムを中古でチェック!

005 システムウェポン 006 システムウェポン 007 システムウェポン 008 システムウェポン 009 システムウェポン
003 システムウェポンキット 004 システムウェポンキット 006 システムウェポンキット 007 システムウェポンキット 008 システムウェポンキット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク