GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
1/7 更新オンライン限定商品
icon
iconHG ガンダム5号機
icon
iconMG ガンダムMk-V
icon
iconHG E. ガンダム
icon
iconHG ガンダム4号機
icon
iconRG HWS拡張用セット
icon
iconHG ブースター拡張セット
icon
iconHG ハイゼンスレイ・ラーII
icon
iconHG ブースター拡張セット
icon
iconHG TR-1次世代量産機
icon
iconRG ソードインパルス
ガンプラのディテールアップ&改造に人気の強力ツール

スジボリ堂 RP-CUTR

バイス

ミニルーター

スピンブレード

スプリングコンパス
精密ドリル
精密ピンセット
メタルパーツ
BMCダンモ0.2&0.4mm

ガンダムマーカーエアブラシ
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
1/20更新 S. W. Kit予約中!
icon icon01 icon icon02 icon icon03 icon icon04 icon icon05
icon icon06 icon icon07 icon icon08 icon icon09 icon icon10
スポンサーリンク

水転写デカールによるディテールアップ方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

今回はガンプラ制作における市販の水転写デカールを使ったディテールアップ方法をご紹介させていただきます。とっかかりは難しそうなイメージもあると思いますが、水転写デカールの仕組みと使い方さえ分かってしまえば後は慣れるだけだと思いますので参考にしていただけると幸いです。

※今回のレビューでは鋭利な道具を使用します。実践される場合は安全面に十分配慮した上で自己責任である事へのご了承をお願い致します。

 

 

水転写デカールの構造

まずは水転写デカールの構造から簡単なイメージを掴んで置くと理解の助けになるかと思いましたので下に簡単なイメージを用意してみました。

水転写デカールの構造イメージ画像

台紙の上にデカール(1つのデカール)が乗っていてその周囲を水溶性の糊が固まった状態で存在してそれを固定している状態と考えられます。ですので水転写デカールをガンプラに貼る場合は、①目的のデカールを台紙ごと切り出し、②水に付けて周りの糊を軽く溶かし、③糊が溶けて動くようになったデカールをピンセットを使ってガンプラに移して(転写)ディテールアップを行って行く事になります。

 

 

必要な道具

続いて水転写デカールの貼付けにはガンプラ以外に必要なものをご紹介して行きます。最初はほぼ必須と考えられる道具からリストアップしてみました。

・水転写デカール

・水を入れる容器

・ティッシュ

・デザインナイフ

・カッターマット

・精密ピンセット

・綿棒


RB01コーションデカール ホワイト

Mr.塗料皿10枚入り

No.20 デザインナイフ

カッターマット A4

No.47 精密ピンセット

 

また、必須ではありませんがあると好ましいものも以下にリストアップしてみました。

・ワニ口クリップ

・マークセッター

・マークソフター

・トップコート


塗装の持ち手(20本入)

Mr.マークセッター

Mr.マークソフター

水性プレミアムトップコート つや消し

 

 

水転写デカールの貼付け方法

それでは早速、水転写デカールの貼付け方法をご紹介して行きます。まずは底が浅めのお皿を用意して水を適当量入れます。因みに私はGSIクレオスさんの”Mr.塗料皿”を使わせていただいてます。

※デカールが浸かる程度の水があれば良いので水量はあまり重要ではありませんが水温はデカールを固定している糊の溶解速度に影響範囲するので意図がない限りはお湯は使わない方が管理しやすいと思います。

ガンプラ制作における水転写デカールの貼付けに使う水を入れる容器の画像

 

 

そしてこれから貼付けるデカールです。今回はハイキューパーツさんの”RB01 コーションデカール ホワイト”を使わせていただいて説明して行きます。デカールのデザインやカラーも豊富なのでお好みのものを見つけられると思います。サイズも1/144と1/100がラインナップされています。

ガンプラ制作における水転写デカールの貼付けに使うコーションデカールの画像

 

 

ここでデザインナイフを使って目的のデカールを台紙ごと切り出します。下の画像では2枚同時に切り出していますが最初は1枚ずつの方が失敗が少なくて良いかと思います。因みにデザインナイフはタミヤさんの”No.20 デザインナイフ”を使っています。

ガンプラ制作における水転写デカールの貼付けに使うコーションデカールをデザインナイフで切り出した画像

 

 

上で切り出したデカールを台紙ごと水に浸けます。糊が溶ける時間は水温に依存するので水道の温度や季節の影響を多少受け、少しだけ配慮してあげると良いかと思います。大抵は10~20秒くらいで上手く行くかと思います。

ガンプラ制作における水転写デカールの貼付けに使うコーションデカールをデザインナイフで切り出して水に浸けた画像

 

 

10数秒経ったらデカールを台紙ごと水から上げてティッシュペーパー等で水気を取ります。ここで糊を残し過ぎるとデカールを台紙から剥がす事が出来ず、糊を落とし過ぎるとデカールが台紙から剥がれて何処かへ行ってしまうというリスクが発生します(多分、この辺りが難しそうなイメージを作っているのかと)。また、この作業からはピンセットが必要ですが、先端が揃っていないピンセットだと作業が進み難く、時間のコントロールも難しくなるので精密ピンセットの使用をお勧めしたいところです。

ガンプラ制作における水転写デカールの貼付けに使うコーションデカールをデザインナイフで切り出して水に浸けた後にティッシュで水気を取っている画像

 

 

続いてGSIクレオスさんの”マークセッター”をデカールに塗りました。因みにこれは塗った方がデカールの接着がより強くする目的がメインなので必須ではないです。因みに私の場合は左手でマックセッターを持って、右手でデカールを掴んだピンセットを持って合わせる事で塗っています。本来はマークセッターをキットに塗布し、そこに剥がしたデカールを貼付けるような使い方が正しいのかと思いますが、ガンダムマーカーエアブラシシステムの塗膜がマークセッターの影響を受ける可能性もあるのでこのようにして影響を最小限にしています。

ガンプラ制作における水転写デカールの貼付けに使うコーションデカールにマークセッターを塗っている画像

 

 

マークセッターを塗布したデカールを目的の位置に貼付け、綿棒を使って余分な糊やマークセッターを吸い取らせます。面倒ですが綿棒は頻繁に替えた方がデカール剥がれを抑える事が出来ると思います。

ガンプラ制作における水転写デカールの貼付けに使うコーションデカールにマークセッターを塗ってキットに貼っている画像

 

 

今度は同じくハイキューパーツさんの”RB01 コーションデカール ライトグレー”に変更して同様の作業を実施します・・・

ガンプラ制作における水転写デカールの画像

 

 

こんな感じで貼付け先のカラーに応じてデカールの色も変えるとより効果的に情報量が上がると思います。

ガンプラ制作における水転写デカールの貼付けに使うコーションデカールにマークセッターを塗ってキットに貼付けた画像

 

 

寄り画像には耐えられないクオリティーですが水転写デカールを一通り貼り終えた状態画像です。

ガンプラ制作における水転写デカールの貼付けに使うコーションデカールにマークセッターを塗ってキットに貼付け終えた画像

 

また更新します。

 

 

まとめ

以上がガンプラ制作における水転写デカールの貼付け方法についてのご紹介でした。

『水転写デカールって一体?』という疑問を持ったままであると敷居が少し高く感じ、実際作業してみて上手く行かなくて嫌になってしまう事もあるかと思いますが、水転写デカールの構造をイメージしてもらえれば各作業の意味合いや時間の管理が理解しやすのかなと思います。

慣れてさえしまえばとても効果的に情報量を足す事が可能で、非常にコスパも高い手法だと思いますので本記事がお役に立てる事があれば嬉しく思います。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク
オンライン限定の最新情報もチェック! プレミアム バンダイ
スポンサーリンク
スポンサーリンク