GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
12/6更新 オススメ改造パーツ
スラスターノーマル スラスターショート  HD プレート VCドーム マイナスモールド
ガンマズル FLリベット 精密スプリング マイナスパイル SPプレート
WAVE しいたけ量産ツール!
ディテールパンチ台形1 ディテールパンチ台形2  ディテールパンチ台形3 ディテールパンチ台形4
ガンプラのカスタマイズにM.S.G.シリーズ

リボルビングバスターキャノン

サムライマスターソード

マルチミサイル

ユナイトソード

プロペラントタンク

ベクタードスラスターA

バーストレールガン

セレクターライフル

アサルトライフル2

ストロングライフル 
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
 精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
カスタマイズにM.S.G.シリーズ
リボルビングバスターキャノン サムライマスターソード マルチミサイル ユナイトソード プロペラントタンク
ベクタードスラスターA バーストレールガン セレクターライフル アサルトライフル2 ストロングライフル 
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

HGUC ハイザック 制作記録1 (スリット幅調整)

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造をした画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回はHGUC ハイザックの制作記録の一部とした頭部ユニットのスリット幅調整をご紹介させていただきます。

 

 

使用したキット

今回はHGUC ハイザックを使用しました。古いキットですが格好良くて箱絵も魅力的です。

 

 

 

仮組み後

まずは仮組み後のハイザックの頭部ユニットからです。20年以上前に作った以来なので懐かしさが大きいですが、今見ると好みの形状にするには少し改造が必要そうで、画像中の矢印部分のスリット幅も狭くしてみたいと思います。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みした画像

 

 

スリット幅調整

最初はスリット幅を狭くするため、目安とするマスキングテープを下の画像のように巻いてみました。今回はタミヤさんの”マスキングテープ 3mm”を使用しています。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにマスキングテープを貼った画像

 

 

パーツの切断方法も色々ありそうですが今回はスジボリ堂さんの”BMCタガネ 0.20mm”を使いました。最近プレミアム化された価格で販売されているのを見るので少し残念ですよね(汗)。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしている画像

 

 

TVを見ながらゆっくりと彫り進めたところです。側面はだいたい良さそうです。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしている画像

 

 

背面はこのような感じで彫ってみました。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしている画像

 

 

彫り進めた事で下の画像のように二分割出来るようになりました。これを左右のパーツに施します。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしている画像

 

 

ここで上側のパーツ同士、下側のパーツ同士を接着しました。乾燥後にヤスリで軽く合わせ目も消しました。因みに接着剤はタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”を使いました。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしてパーツ分割して合わせ目消しをしている画像

 

 

ここでスリット幅を狭くするため矢印部分の突起をニッパーで少し切り落としておきました。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしてパーツ分割して合わせ目消しをしている画像



パーツを分割してスリット幅を狭めた事により後頭部に隙間が発生するので今回はプラバンで埋める事に・・・プラバンはタミヤさんの”プラバン0.3mm厚”を使用しました。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造をしている画像

 

 

一旦、組み立ててイメージ確認です。個人的には目付きが悪くなり好みに近付けられたように思います。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造をしている画像

 

 

更に、左右のモビルパイプも取り付けて最終的なイメージの確認もしてみました。概ね上手く行っている気がします(笑)。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造をした画像

 

 

改めて後頭部を確認するとこのような感じになっております。まだある隙間は後でプラバンで埋める予定です。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造をした画像

 

 

別記事でのご紹介になりますが、今回はモノアイのLED化も計画しているので光漏れを防ぐ目的も兼ねて下の画像のようにマスキングしてGSIクレオスさんの”ガンダムマーカーエアブラシシステム”でグレーに塗装します。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造にて塗装準備をしている画像

 

 

ガンダムマーカーエアブラシシステムについては別記事でも詳細にレビューさせていただいておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

ガンプラ塗装用ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

そして塗装後の画像です。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造にて塗装準した画像

 

 

モビルパイプのディテールアップは別記事で紹介させていただきますがザク系のモビルスーツに応用出来そうなスリット幅の調整はこれにて完了です。いろいろなやり方があると思いますのでお手持ちの道具や材料を見ていただき参考にしていただければ幸いです。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしてスリット幅を狭くするための改造を終えた画像

 

 

完成品のご紹介

制作したHGUC ハイザックの作例紹介及びレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

HGUC ハイザック ガンプラ作例紹介&レビュー
今回は『機動戦士ガンダムZガンダム』よりHGUC ハイザックの作例紹介及びレビューをさせていただきます。幼少期の再放送でものすごく惹かれていたモビルスーツとして憧れていたハイザックを中年になっても思い出しますが、歳だけ重ねた自分好みに改造やディテールアップを施してみました。プラバンによる加工やモノアイのLED化など少しやり過ぎてしまったかなと思った時もあり、お蔵入りも覚悟していたのですが何とか着地出来た気もしておりますのでお付き合いいただけますと幸いです(笑)。

 

 

まとめ

以上がHGUC ハイザックの制作記録1回目と言う事で頭部ユニットのモノアイを格納しているモニター・ユニットのスリット幅調整方法のご紹介でした。

既になんらかの改造をはじめている方には概ね手持ちの道具のみの使用で、実施出来そうなお手軽さがあるので一度検討していただければと思います。

まだ完成途中ですが表情の変更は全体的な見た目だけでなく、制作者の思い入れにも大きく影響を与える気もします。オリジナリティを追求されている方にも是非挑戦していただきたいと思いました。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。