GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
9/30 更新オンライン限定商品
icon
iconRG ソードインパルス
icon
iconHG ブースター拡張セット
icon
iconMG 強化型ZZ Ver.Ka
icon
iconMG ヘイズル・アウスラ
icon
iconHG ハイゼンスレイ・ラーII
icon
iconHG TR-1次世代量産機
icon
iconHG ブースター拡張セット
icon
iconMG プリムローズ
icon
iconRG HWS拡張用セット
icon
iconHG フルドド
11/30更新 ラインナップのHG
HG ローゼンズール HG ガンダムMk-II HG ドライセン HG メッサーラ HG Zガンダム
HG S. シナンジュ HG バウンドドック HG イフリート HG シナンジュ HG シルヴァバレト S.
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
10/28更新 S. W. Kit予約中!
icon icon01 icon icon02 icon icon03 icon icon04 icon icon05
icon icon06 icon icon07 icon icon08 icon icon09 icon icon10

HGUC ハイザック 制作記録1 (スリット幅調整)

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造をした画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回はHGUC ハイザックの制作記録の一部とした頭部ユニットのスリット幅調整をご紹介させていただきます。

 

 

使用したキット

今回はHGUC ハイザックを使用しました。古いキットですが格好良くて箱絵も魅力的です。

 

 

 

仮組み後

まずは仮組み後のハイザックの頭部ユニットからです。20年以上前に作った以来なので懐かしさが大きいですが、今見ると好みの形状にするには少し改造が必要そうで、画像中の矢印部分のスリット幅も狭くしてみたいと思います。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みした画像

 

 

スリット幅調整

最初はスリット幅を狭くするため、目安とするマスキングテープを下の画像のように巻いてみました。今回はタミヤさんの”マスキングテープ 3mm”を使用しています。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにマスキングテープを貼った画像

 

 

パーツの切断方法も色々ありそうですが今回はスジボリ堂さんの”BMCタガネ 0.20mm”を使いました。最近プレミアム化された価格で販売されているのを見るので少し残念ですよね(汗)。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしている画像

 

 

TVを見ながらゆっくりと彫り進めたところです。側面はだいたい良さそうです。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしている画像

 

 

背面はこのような感じで彫ってみました。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしている画像

 

 

彫り進めた事で下の画像のように二分割出来るようになりました。これを左右のパーツに施します。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしている画像

 

 

ここで上側のパーツ同士、下側のパーツ同士を接着しました。乾燥後にヤスリで軽く合わせ目も消しました。因みに接着剤はタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”を使いました。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしてパーツ分割して合わせ目消しをしている画像

 

 

ここでスリット幅を狭くするため矢印部分の突起をニッパーで少し切り落としておきました。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするためにスジ彫りしてパーツ分割して合わせ目消しをしている画像

 

 

パーツを分割してスリット幅を狭めた事により後頭部に隙間が発生するので今回はプラバンで埋める事に・・・プラバンはタミヤさんの”プラバン0.3mm厚”を使用しました。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造をしている画像

 

 

一旦、組み立ててイメージ確認です。個人的には目付きが悪くなり好みに近付けられたように思います。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造をしている画像

 

 

更に、左右のモビルパイプも取り付けて最終的なイメージの確認もしてみました。概ね上手く行っている気がします(笑)。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造をした画像

 

 

改めて後頭部を確認するとこのような感じになっております。まだある隙間は後でプラバンで埋める予定です。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造をした画像

 

 

別記事でのご紹介になりますが、今回はモノアイのLED化も計画しているので光漏れを防ぐ目的も兼ねて下の画像のようにマスキングしてGSIクレオスさんの”ガンダムマーカーエアブラシシステム”でグレーに塗装します。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造にて塗装準備をしている画像

 

 

ガンダムマーカーエアブラシシステムについては別記事でも詳細にレビューさせていただいておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

そして塗装後の画像です。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしたスリット幅を狭くするための改造にて塗装準した画像

 

 

モビルパイプのディテールアップは別記事で紹介させていただきますがザク系のモビルスーツに応用出来そうなスリット幅の調整はこれにて完了です。いろいろなやり方があると思いますのでお手持ちの道具や材料を見ていただき参考にしていただければ幸いです。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みしてスリット幅を狭くするための改造を終えた画像

 

 

まとめ

以上がHGUC ハイザックの制作記録1回目と言う事で頭部ユニットのモノアイを格納しているモニター・ユニットのスリット幅調整方法のご紹介でした。

既になんらかの改造をはじめている方には概ね手持ちの道具のみの使用で、実施出来そうなお手軽さがあるので一度検討していただければと思います。

まだ完成途中ですが表情の変更は全体的な見た目だけでなく、制作者の思い入れにも大きく影響を与える気もします。オリジナリティを追求されている方にも是非挑戦していただきたいと思いました。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

HGUC ハイザック 制作記録2 (モビルパイプ改修)
今回はHGUC ハイザックの制作記録の一部とした頭部ユニットのモビルパイプ(動力パイプ)の改修及びディテールアップをご紹介させていただきます。使う道具や材料も精密スプリングやアルミ線、手芸屋さんのビーズ等、安価なものが多いですがコストパフォーマンスに優れる加工なので是非お試しいただければと思います。
自作プロペラントタンクの制作記録
現在、HGUC ガブスレイを制作しているところですが、プラ材を使ったプロペラントタンクの自作を思い立ったので制作記録としてご紹介させていただきます。使用した材料や道具も掲載していますので参考にしていただけると幸いです。
HGUC ドム/リック・ドム用ジャイアント・バズーカの制作記録
今回はHGUC ドム/リック・ドム等に付属するジャイアント・バズーカの制作記録をご紹介します。制作の切っ掛けは別に投稿しているHG ジョニー・ライデン専用ゲルググに持たせてみたかったと言う事にあったのでドムに持たせるのはまだまだ先になりそうですが、スジ彫り、合わせ目消し、プラ工作、塗装、水転写デカールによるディテールアップやつや消しトップコートによる仕上げもご紹介しておりますのでお読みいただけると幸いです。
HGUC ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機) メガ・ガトリングガン制作記録
今回は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』よりHGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガに付属するメガ・ガトリングガンの制作記録をご紹介させていただきたいと思います。別に制作しているジョニー・ライデン専用ゲルググやゲルググ ウェルテクスに流用させたくて購入してみましたが、いつも通りのスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付等のディテールアップとつや消しのトップコートによる仕上げについても書かせていただいていますのでお付き合い下さい。
ガンプラ制作お勧めお役立ちツール卓上クリーナー
今回は模型ライフに革新的な変化をもたらすと言うと少しオーバーですがすが、久々にこんなに便利な物があったのかと唸ってしまった逸品、幸福屋さんから販売されている”乾電池式卓上クリーナー”をご紹介させていただきます。元々、娘が消しゴムのカスを吸いとるのに使っていたものですが、ガンプラ制作で出るゲートも掃除出来るのではないかと思って試したところ効果覿面!ものすごく便利でした。ものの10秒もあれば作業台がスッキリ片付くので肩身が狭い思いをされている方もこれがあれば堂々とガンプラ作れそうですね(笑)。お値段も2019年9月30日現在で送料込み1,680円と手を出しやすい価格帯であり、もちろんガンプラ以外にも使用できて 子供も楽しく使用出来るデザインと重量。カラーはホワイトとピンクがラインナップされており女性モデラーの方にも嬉しい仕様にもなっているかなと思います。ちょっと大袈裟ですが一家に一台あるととても便利かと思いますのでご興味のある方は是非、チェックしてみて下さい!
GUNDAM PRESS | Product reviews related to GUNDAM & Modeling works introduction
ガンダム関連商品(MOBILE SUIT ENSEMBLE、GUNDAM FIX FIGURATION、GUNDAM FIX FIGURATION ZEONOGRAPHY、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE、METAL BUILD)のレビューとガンプラ関係(HG、RG、MG、FG)をメインとした制作物の制作記録と作例のご紹介

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

10/4 GUNDAM FIX FIGURATION情報!!

RX-78-2 RX-78-3 G3 Z plus Blue
ゲルググ(ジョニー機) Ex-Sガンダム スーパーガンダム 量産型キュベレイ ディープストライカー
オンライン限定の最新情報もチェック! プレミアム バンダイ

システムウェポンキット予約状況!

icon
icon01
icon
icon02
icon
icon03
icon
icon04
icon
icon05
icon
icon06
icon
icon07
icon
icon08
icon
icon09
icon
icon10
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク