GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
9/16 更新オンライン限定商品
icon
iconRG ソードインパルス
icon
iconHG トーリスリッター
icon
iconMG 強化型ZZ Ver.Ka
icon
iconMG ヘイズル・アウスラ
icon
iconHG ハイゼンスレイ・ラーII
icon
iconHG P. R. 空間戦仕様
icon
iconRG S. フリーダム T. F.
icon
iconMG プリムローズ
icon
iconRG HWS拡張用セット
icon
iconHG フルドド

ラインナップのHGUCシリーズ!

シナンジュ S.  グスタフ・カール  シルヴァ・バレト S.  R.ジャジャ シナンジュ 
N.ガンダム Zガンダム E.  ヘイズルII  フルドド プリムローズ

ガンプラ制作お役立ちツール セラフィニッシャー レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は先日購入したばかりのスジボリ堂さんの”セラフィニッシャー”についてレビューさせていただきたいと思います。セラフィニッシャーはデザインナイフの先端にセラミック刃が取り付けられた【削る】に特化したツールでパーティングラインやバリ取り、合わせ目消しにも使えてヤスリがけに掛かるストレスをかなり軽減してくれるガンプラ制作のお勧めお役立ちツールです。本記事でも実例を交えながら効果をレビューして行きたいと思います。私も購入したばかりなのでその真価を発揮出来ているのか心配なところですが参考にしていただけると幸いです。

 

 

使用例

合わせ目消し①

まずは個人的に期待していた合わせ目消しの省エネ化についてです。HGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]の腕部分の合わせ目消しを題材にご紹介して行きます。と言うことでタミヤさんの”タミヤセメント(流し込みタイプ)”を使ってパーツを接着したのが下の画像です。ムニュっとしたプラスティックの溶けた跡が確認出来ると思います。

ガンプラの合わせ目消しにおけるセラフィニッシャーの使い勝手を検証するためにパーツを接着した後の画像

 

 

ここでセラフィニッシャーの登場です。これまでデザインナイフで行っていたプラ剤が溶け出してムニュっとなっていた部分の切削をセラフィニッシャーにて行ってみたのが下の画像です。初めて使った印象としては削れる量は多いのですがデザインナイフとは異なりソフトな切削が可能で処理後の表面がきれいだなと感じました。

ガンプラの合わせ目消しにおいて接着後にセラフィニッシャーで溶けでた部分を削った画像

 

 

そして#600のスティックヤスリで少し表面を整えたのが下の画像です。今回は塗装はせずにトップコート(つや消し)のみ吹く予定ですがセラフィニッシャーで丁寧に削ればヤスリがけも省いてしまって良いような気もしています(※素人の個人的な感想です)。

ガンプラの合わせ目消しにおいてセラフィニッシャーで溶けでた部分を削って#600でヤスリがけした画像

 

 

合わせ目消し②

続いて同じくHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]のショルダーパーツの例です。まずは接着後の画像から・・・

ガンプラの合わせ目消しにおけるセラフィニッシャーの使い勝手を検証するためにショルダーパーツを接着した後の画像

 

 

ここで”セラフィニッシャー”で切削。力は入れずに刃を20回くらいスッスッとスライドさせるだけで下の画像ようにたっぷりと削りカスが出て来ます。時間にして20~30秒程というのがとても嬉しいところです。

ガンプラの合わせ目消しにおけるセラフィニッシャーの使い勝手を検証するためにショルダーパーツを接着してからセラフィニッシャーで合わせ目消しした後の画像

 

 

こちらが削りカスを掃ったところの画像です。今回はヤスリがけもしてない状態です。合わせ目消し自体は塗装してはじめて完全に消せるものですが、塗装なしでも目立たなくさせる事は可能で、更にヤスリがけやトップコートを吹く事でさらに目立たなくさせる事が出来そうです。

ガンプラの合わせ目消しにおけるセラフィニッシャーの使い勝手を検証するためにショルダーパーツを接着してからセラフィニッシャーで合わせ目消しした後の画像

 

 

パーティングライン消し①

ここではHGUC ギャプランTR-5[フライルー]のフルドドIIを使ったパーティングライン消しの例をご紹介します。下の画像で左側が未処理、右側がセラフィニッシャーによるパーティングライン処理をした画像です。まだヤスリがけもしていない状態ですがとてもきれいに削れています。

セラフィニッシャーでパーティングライン処理をしている前後の画像

 

また更新します。

 

 

まとめ

以上がガンプラ制作の際にお勧めのお役立ちツールとしてセラフィニッシャーのご紹介でした。

個人的にはパーティングラインや合わせ目というものは絶対NGという人間ではないのですが、ここは見えにくくしたいなと思うような場所も少しずつ出て来たようにも思えたので購入してみた次第です。

セラフィニッシャーを実際に使ってみた使用感としては良く削れるのですが感触がソフトなのでデザインナイフで処理して失敗したような深い傷の発生が劇的に減ったと感じました。また、セラフィニッシャーによる切削を丁寧に行う事でヤスリがけをも省いてしまって良いのではないかと思えてしまう程の仕上がりだったと思います。結果、失敗のリカバリーが減ってヤスリがけに掛かる労力も削減されたので作業効率はかなり上がったと思います。

セラミック刃も直刃と丸刃が一対となっているのでパーツの形状による使い分けも出来ます。また、セラミック刃のみの販売もされているので切れ味の減衰や破損があった場合にはランニングコストも抑えられる嬉しい仕様となっております。

私のようにガンプラ制作を初めたばかりだけれど少しステップアップしたいと思っている方には強くお勧め出来るツールだと思いますので是非一度チェックしてみて下さい。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

ガンプラ制作お勧めお役立ちツール卓上クリーナー
今回は模型ライフに革新的な変化をもたらすと言うと少しオーバーですがすが、久々にこんなに便利な物があったのかと唸ってしまった逸品、幸福屋さんから販売されている”乾電池式卓上クリーナー”をご紹介させていただきます。元々、娘が消しゴムのカスを吸いとるのに使っていたものですが、ガンプラ制作で出るゲートも掃除出来るのではないかと思って試したところ効果覿面!ものすごく便利でした。ものの10秒もあれば作業台がスッキリ片付くので肩身が狭い思いをされている方もこれがあれば堂々とガンプラ作れそうですね(笑)。お値段も2019年9月30日現在で送料込み1,680円と手を出しやすい価格帯であり、もちろんガンプラ以外にも使用できて 子供も楽しく使用出来るデザインと重量。カラーはホワイトとピンクがラインナップされており女性モデラーの方にも嬉しい仕様にもなっているかなと思います。ちょっと大袈裟ですが一家に一台あるととても便利かと思いますのでご興味のある方は是非、チェックしてみて下さい!
ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。
HGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]用ビーム・ライフル制作記録
今回は『Advance of Z ~ティターンズの旗のもとに~』からキット化された1/144スケール HGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]のビーム・ライフルの改造とディテールアップをご紹介したいと思います。仮組みから合わせ目消し、プラバンによるアングル制作やメインバレルの大型化、ガンダムマーカーエアブラシによる塗装、カラーチップによるディテールアップ等、実際に使用した道具や材料も合わせて制作記録をご紹介しています。
HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ(201912) レビュー
今回はプレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売されていたHGUC ジョニー・ライデン専用ゲルググのレビュー&作例紹介をさせていただきたいと思います。本来であればいつも通り積みプラとなる運命のキットでしたが”ゲルググウェルテクス(VERTEX)”なるモビルスーツの存在を知ってしまって居ても立ってもいられなくなって衝動的に制作してしまいました。MS-14B 高機動型ゲルググ(ジョニー・ライデン専用機)は『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』(コミック)からのエントリーで『機動戦士ガンダム』の終盤に登場したMS-14A 量産型ゲルググに増速用バックパックを追加装備させた”ゲルググの高機動型”となっています。制作工程は私の定番ではありますがちょっとした合わせ目消し→スジ彫り→モノアイのLED化→プラバンによるディテールアップ→ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装→墨入れ→水転写デカール貼付→ツヤ消しトップコートと行った感じで仕上げています。モノアイのLED化は初挑戦で少し手こずりましたが光るとやはり嬉しいものですね。今回はモノアイのLED化の制作記録までは残せてないのですが久々のゲルググの制作とあって画像多めでレビュー&作例紹介させていただきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。
GUNDAM PRESS | Product reviews related to GUNDAM & Modeling works introduction
ガンダム関連商品(MOBILE SUIT ENSEMBLE、GUNDAM FIX FIGURATION、GUNDAM FIX FIGURATION ZEONOGRAPHY、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE、METAL BUILD)のレビューとガンプラ関係(HG、RG、MG、FG)をメインとした制作物の制作記録と作例のご紹介

 

tool know-how
スポンサーリンク

中古で探すならコチラから!
ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋
中古コミック販売 通販ショップの駿河屋
新品/中古映像ソフト販売 通販ショップの駿河屋
不要品の査定も頼めます!お売りください。駿河屋です。

icon
icon
icon
icon

中古で探すならコチラがお勧め!不要品の査定もOK!!

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋

中古コミック販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古PCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古映像ソフト販売 通販ショップの駿河屋

トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋

中古書籍販売 通販ショップの駿河屋

同人誌・同人ソフト販売 通販ショップの駿河屋

グッズ販売 通販ショップの駿河屋

シェアする
icon icon icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
GUNDAM PRESS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

8/29 GUNDAM FIX FIGURATION情報!!

RX-0 バンシィ ユニコーン(覚醒) バンシィ・ノルン サイコガンダム H. N. ver. ガンダム THE ORIGINE
ゲルググ(ジョニー機) Ex-Sガンダム スーパーガンダム 量産型キュベレイ ディープストライカー
オンライン限定の最新情報もチェック! プレミアム バンダイ

品薄人気アイテムを中古でチェック!

005 システムウェポン 006 システムウェポン 007 システムウェポン 008 システムウェポン 009 システムウェポン
003 システムウェポンキット 004 システムウェポンキット 006 システムウェポンキット 007 システムウェポンキット 008 システムウェポンキット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク