GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
5/2更新オンライン限定商品
icon
iconHG ウェルテクス
icon
iconHG バーザム R.B.版
icon
iconRG 量産型ズゴック 
icon
iconHG バーザム(鹵獲仕様) 
icon
iconRG シン·マツナガ ザクII 
icon
iconHG ガンダムMk-III
icon
iconMG ガンダムMk-V
icon
iconHG TR-1次世代量産機
icon
iconRG 黒い三連星ザクII
icon
iconHG Bst.拡張セット
ガンプラのディテールアップ&改造に人気の強力ツール

スジボリ堂 RP-CUTR

バイス

ミニルーター

スピンブレード

スプリングコンパス
精密ドリル
精密ピンセット
メタルパーツ
BMCダンモ0.2&0.4mm

ガンダムマーカーエアブラシ
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
カスタマイズにM.S.G.シリーズ
リボルビングバスターキャノン サムライマスターソード マルチミサイル ユナイトソード プロペラントタンク
ベクタードスラスターA バーストレールガン セレクターライフル アサルトライフル2 ストロングライフル 
ガンプラのディテールアップ&改造の入門からスクラッチまでの参考書に
SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャー制作記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回はHG 1/144スケール ジョニー・ライデン専用ゲルググに付属するロケット・ランチャーの制作記録をご紹介させていただきます。本武装はジョニー・ライデン専用ゲルググに特徴的な武装ですが他のキット、特にゲルググのバリエーションに流用しても良いアクセントになってくれそうです。

 

 

仮組み

まずはHG ジョニー・ライデン専用ゲルググに付属するロケット・ランチャーの仮組み後の画像からです。プレミアムバンダイさんのオンライン限定商品なので入手はやや困難ですが中古市場ではやや高額ですが目にする機会も多いです。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャーの仮組み後の画像

 

 

ロケット・ランチャーを一旦分解したのが下の画像です。砲身の先端はキャップ状になっていますがその他の部分はモナカ割りになっているので合わせ目が出そうです。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャーの仮組み後の画像

 

 

既存モールドの除去

下の画像はロケット・ランチャーのサイト・スコープのパーツですが矢印部分の既存モールドが少し好みでなかったのでここはニッパーで切り取る事に・・・

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーのサイト・スコープ部分の画像

 

 

下の画像が既存モールドを切除した状態です。刃を入れたところが荒れて白化しているのでヤスリがけする事に。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーのサイト・スコープ部分の画像

 

 

WAVEさんの”ヤスリスティック SOFT #600”で表面を整えました。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーのサイト・スコープ部分の画像

 

 

合わせ目消し

目立つ部分のみですが合わせ目消しを少々・・・下の画像で矢印部分のパーツとパーツの間をほんの少しだけ開けた状態でタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”を流し込んでギュッと押し付けます。接合部のキットが少し溶けてムニュっとした部分が出て来るのでこのまま乾燥させました。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャーの合わせ目消し作業の画像

 

 

上記で生じたムニュっとした部分をデザインナイフと#600のスティックヤスリを用いて平面になるように整えました。これで塗装すれば合わせ目が目立たなくなると思います。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャーの合わせ目消し作業の画像

 

 

スジ彫り

ここからはスジ彫りによるロケット・ランチャーのディテールアップをして行きました。まずはパネルラインを入れたいところにタミヤさんの”曲線用マスキングテープ”を貼ります(上段)。続いてスジボリ堂さんの”BMCタガネ 0.2mm”を使って力を抜いてマスキングテープなぞる様にしてスジ彫りをしてラインを追加しました(下段)。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャーのスジ彫り作業の画像

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャーのスジ彫り作業の画像

 

 

上の要領で各部にスジ彫りをして最後に#600のスティックヤスリでバリを落としました。この際にパーティングライン等気になる場合は一緒に消してしまいます。

 

 

プラ材によるディテールアップ

ここからはプラ材によるディテールアップを・・・まずはロケット・ランチャーの砲口を追加したいのでWAVEさんの”プラ=パイプ 肉薄 6.0mm”をデザインナイフで切り出しました。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケットランチャーにプラパイプでディテールアップしている画像

 

 

ここで京商さんの”プラボウ 0.38厚 0.5幅”をデザインナイフで切り出してタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”で下の画像のように接着しました。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケットランチャーにプラパイプとプラボウでディテールアップしている画像

 

 

更にプラボウを切って接着して下の画像の状態に・・・。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケットランチャーにプラボウでディテールアップしている画像

 

 

そしてここからはプラバンによるディテールアップをして行きます。最初に貼付け先の幅をドラパスさんの”小型スプリングコンパス”を使って計りとり、プラバンの一端に針を引っ掛けて数回スライドさせて傷を付けます(矢印部分)。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケットランチャーにプラバンでディテールアップしている画像

 

 

デザインナイフとステンレス定規で目的の幅のプラバンを切り出しました。因みに手で折り曲げてもパキッと折れます。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケットランチャーにプラバンでディテールアップしている画像

 

 

更に希望の高さを小型スプリングコンパスで計りとり、同じ様に傷を付けてデザインナイフ等で切り出します。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケットランチャーにプラバンでディテールアップしている画像

 

 

切り出したプラバンをリモネンセメント(流し込みタイプ)で下の矢印部分に接着しました。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケットランチャーにプラバンでディテールアップしている画像

 

 

ここでロケット・ランチャーのサイト・レンズ用にnakiraさんの”レザークラフト穴あけポンチ”を使って下の画像のパーツも切り出しておきました。

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケットランチャーにプラバンでディテールアップしている画像

 

 

塗装

上で造ったパーツをGSIクレオスさんの”ガンダムマーカーエアブラシシステム”で赤色に塗装。

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーの砲口部分のディテールアップパーツをガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装した画像

 

 

ガンダムマーカーエアブラシシステムのレビューも書いておりますのでご興味のある方はご覧下さい。

ガンプラ塗装用ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

続いてサイト・レンズをイメージして切り出したパーツをガンダムマーカーエアブラシシステムでアイグリーンに塗装しました。

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーのサイト・レンズのディテールアップパーツをガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装した画像

 

 

ロケット・ランチャー本体はガンダムマーカーエアブラシシステムを使って黒で塗装しました(上段)。またマスキングテープを剥がした状態下段で整形色を活かしてツートンに仕上げてます。

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーのサイト・レンズのディテールアップパーツをガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装した画像

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーのサイト・レンズのディテールアップパーツをガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装した画像

 

 

先程、ガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装したロケット・ランチャーの砲口部分を設置。今回は接着剤無しで固定出来ました。

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーのサイト・レンズのディテールアップパーツをガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装して組立てている画像

 

 

同じくアイグリーンに塗装しておいたサイト・レンズ及びセンサー・パーツを設置。この際にはデザインナイフで一度塗膜を削ってからタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”で接着しました。

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーのサイト・レンズのディテールアップパーツをガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装して組立てている画像

 

 

カラーチップによるディテールアップ

ここでプラボウを小さく切り出した物をガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装したカラーチップでディテールアップを・・・接着はタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”を使い、接着場所の塗膜をデザインナイフ等で削り落としてから接着しています。

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーのカラーチップによるディテールアップの画像

 

 

カラーチップの作り方もご紹介しておりますのでご興味がありましたらご覧下さい。

ガンプラディテールアップ用カラーチップの作り方について
今回はガンプラ制作のディテールアップで良く使われるカラーチップ(レッドチップ等)の作り方をご紹介させていただきます。お手軽ながらガンプラに貼付けるだけでも大きな変化を生み出してくれるコスパの高い手法なので是非トライしてみていただきたい方法です。最近発売されたGSIクレオスさんのガンダムマーカーエアブラシシステムとの相性も良いので合わせて使うとかなり情報量アップ効果が期待出来ると思います。

 

 

墨入れ

スジ彫りした場所やカラーチップを貼り付けた場所を中心にタミヤさんの”墨入れ用塗料”で墨入れしました。因みにブラック、グレイ、ブラウンの3色を使ってます。

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーに墨入れした画像

 

 

乾燥後にタミヤさんの”エナメル用塗料”を染み込ませた綿棒ではみ出た墨入れ用塗料を拭き取ります。ガンダムマーカーで塗装をしているとこの時点で何カ所か塗装が剥がれてしまう事がありますが同色のガンダムマーカーでリタッチすればリカバー出来ます

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーに墨入れした画像

 

 

水転写デカール

ここでハイキューパーツさんの”1/144 RB01 コーションデカール ホワイト”を各部に貼って情報量を増やしました。

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーに水転写デカールを貼付けた画像

 

 

トップコート(つや消し)

そして仕上げにGSIクレオスさんの”プレミアム トップコート つや消し”を吹いて仕上げました。トップコートを吹く事で見た目が良くなるだけでなく塗膜やデカールの保護も出来るのでお勧めです


 


違う角度からも・・・

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーにトップコート(つや消し)を吹いた画像

 

 

最後にロケット・ランチャーの全体像です。

hg ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーにトップコート(つや消し)を吹いた画像

 

 

まとめ

以上がHG 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググのロケット・ランチャーのディテールアップを交えた制作記録のご紹介でした。

個人的に定番の作業工程で合わせ目消し→スジ彫り→プラ材によるディテールアップ→塗装→カラーチップの貼付け→墨入れ→水転写デカールの貼付→トップコート(つや消し)で仕上げてみました。簡単なディテールアップですが興味を持っていただけたらお試しいただければと思います。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

icon

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
オンライン限定最新情報! プレミアム バンダイ
スポンサーリンク
icon iconB-style ラクス・クライン バニーVer. icon iconフィギュアーツZERO ベアトリクス  icon iconフィギュアーツZERO ゼタ 
icon iconG.E.M.シリーズ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 アヤナミレイ(仮称)  icon iconGashaPortraits シン・エヴァンゲリオン劇場版 Special SET02  icon iconROBOT魂 <SIDE EVA> エヴァンゲリオン新2号機α 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4/5更新 一押し予約商品

icon iconHG バーザム R.B.版 icon iconHG バーザム(鹵獲仕様)

4/5更新 品薄キットの中古品のご紹介

シルヴァバレト  HG ゾゴック HG シュナイド HG Rジャジャ
HG フライルー HG ゲルググ HG ドムトローペン HG ケンプファー
HG アイザック HG ディジェ HG アンクシャ HG キュベレイ
MG F.フリーダム MG ドム  MG ユニコーンガンダム  MG インフィニット J. 
MG ハイニューガンダム MG F.インパルス  ニューガンダム  MG シナンジュ