GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
2/18更新オンライン限定商品
icon
iconHG ウェルテクス
icon
iconHG リックディアス
icon
iconHG J.R.ゲルググ 
icon
iconHG ゲルググJ 
icon
iconRG ソードインパルス
icon
iconHG ガンダムMk-III
icon
iconMG ガンダムMk-V
icon
iconHG TR-1次世代量産機
icon
iconHG ハイゼンスレイ
icon
iconHG Bst.拡張セット
G. F. F. METAL COMPOSITE情報
RX-78-02 ガンダム MS-06S シャア専用ザクII MS-06C ザクII C型
カスタマイズにM.S.G.シリーズ
リボルビングバスターキャノン サムライマスターソード マルチミサイル ユナイトソード プロペラントタンク
ベクタードスラスターA バーストレールガン セレクターライフル アサルトライフル2 ストロングライフル 
ガンプラのカスタマイズにM.S.G.シリーズ

リボルビングバスターキャノン

サムライマスターソード

マルチミサイル

ユナイトソード

プロペラントタンク

ベクタードスラスターA

バーストレールガン

セレクターライフル

アサルトライフル2

ストロングライフル 
ディスプレイにもこだわりを!!
A.ベース1 シナンジュVer. A.ベース1 U.ガンダムVer. A.ベース1 シャアVer. B.パーツ 1システムベース  B.パーツ S.ベース 

M.S.G プレイングベースA レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は、MOBILE SUIT ENSEMBLEシリーズの魅力をより引き出すためにピッタリなディスプレイスタンドとして、コトブキヤさんの”M.S.G プレイングベースA”をご紹介させていただきます。

KOTOBUKIYAさんで人気のMODELING SUPPORT GOODSことM.S.Gシリーズに、ダガーや手裏剣等の武装を投げた状態を再現出来るように設計されたアクションベースが2018年11月に発売されました。フレームアームズ・ガールズはもちろんの事、3mm軸のジョイントが付属するためMOBILE SUIT ENSEMBLEにも適用出来そうなので使い勝手をレビューさせていただきます。

 

 

パッケージ

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX09が発売され、インレから射出されたキハールIIを簡単、且つ、ダイナミックにディスプレイが出来ないものかとネットで探していたところ、またもやコトブキヤさんにてM.S.G(モデリングサポートグッズ)シリーズの”プレイングベースA”なる商品が発売されているのを発見しました。下の画像が”M.S.G プレイングベースA”のパッケージです。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAの画像

 

 

組立方法

私はアマゾンさんで1,600円弱で購入。内容物は下の画像の通りで、予想してたより大きくて、パーツ数も多かった印象です。因みにA~Eランナーあります。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAの画像

 

 

下の画像のようにスプリングを仕込んだラチェットも組み込まれて(ロックとアンロック機構あり)いて意外と言ったら失礼ですがしっかりした造りだなと感じました。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAの画像

 

 

組み立てには”ニッパー”が必要で、所要時間は30分。下の画像が”M.S.G プレイングベースA”の完成状態です。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAの画像

 

 

デイスプレイ

そして、早速、MOBILE SUIT ENSEMBLEとの EX09弾のキハールIIを6機取付けてみました。モビルスーツアンサンブルの3mm穴との連結性は全く問題無いようです。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAにMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のキハールIIを取付けた画像

 

 

弧上のクリップは任意の場所に移動可能です(カーテンレールのようなイメージ)。ちょうど6個付属していてキハールIIのためにあるような仕様に(笑)。編隊を組んでる感じが良いですね。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAにMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のキハールIIを取付けた画像

 

 

弧状のパーツは支柱を中心に上下左右に動かす事が出来ます。下の画像ように2編隊を重ねたようなフライトも演出可能です。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAにMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のキハールIIを取付けた画像

 

 

下の画像は弧を開いた状態です。かなり広範囲に展開出来るのでインレとのコラボが楽しみなところです。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAにMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のキハールIIを取付けた画像

 

 

再度、閉じた状態で。弧に相当するパーツはクリアパーツですが全く目立たないかと言われるとそうでもないので都合良い風に鑑賞する目も必要かと思います(笑)

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAにMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のキハールIIを取付けた画像

 

 

中央の支柱にMOBILE SUIT ENSEMBLE 04弾のウーンドウォートを配置してみての1枚。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAにMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のキハールIIを取付けた画像

 

 

少し上から見下ろすアングルで。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAにMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のキハールIIを取付けた画像

 

 

個人的にはかなりダイナミックで迫力ある演出が出来ているように思えます。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAにMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のキハールIIを取付けた画像

 

 

2本の支柱は伸縮可能で下の画像より更に長くする事も可能です。インレのサイズを考慮しても問題なさそうです。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAにMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のキハールIIを取付けた画像

 

 

少し離れて俯瞰から。ハイゼンスレイIIも良いですけどやっぱりウーンドウォートも良いですね(笑)。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAにMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のキハールIIを取付けた画像

 

 

片側の弧パーツにキハールIIを6機取り付ける事も出来ます。他にも各種ジョイントが6つづつ付いているのでMOBILE SUIT ENSEMBLEに限らず用途はいろいろとあるのかなと言った感じです。

KOTOBUKIYA(コトブキヤ)のM.S.G(モデリングサポートグッズ)のプレイングベースAにMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のキハールIIを取付けた画像

 

 

自分の中では少しネタバレ感もありますがMOBILE SUIT ENSEMBLE EX09弾のインレ(巡航形態)とキハールIIの並列飛行へ・・・巡航形態だとキハールIIは射出出来ないのかは不明ですがご参考に。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX09弾のインレ(巡航形態)とコトブキヤのM.S.GプレイングベースAを使ったキハールIIのフライト画像

 

 

キハールIIのフライトの演出もバッチリです。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX09弾のインレ(巡航形態)とコトブキヤのM.S.GプレイングベースAを使ったキハールIIのフライト画像

 

 

そして最後の1枚です。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX09弾のインレ(巡航形態)とコトブキヤのM.S.GプレイングベースAを使ったキハールIIのフライト画像

 

 

まとめ

以上がコトブキヤさんのM.S.G(モデリングサポートグッズ)シリーズより、”プレイングベースA”のレビューでした。

”プレイングベースA”もMOBILE SUIT ENSEMBLEとの相性は抜群で、取り分けキハールIIの演出には持って来いなのではないかと思いました。”ミニフライングベース”や”ニューフライングベース”との組み合わせで更に幅広い遊び方が出来ると思います。

組み立ては若干複雑であり、価格が1,500円前後と言う辺りがネガティブな印象でしたが、そこさえクリアしてしまえば付属の台座との差別化は大きく、数段高いレベルでMOBILE SUIT ENSEMBLEを楽しめる商品だったと思います。

本商品は、2018年11月の発売、参考価格2,000円の商品でした。2019年2月現在でも一般販売されておりますので、気になった方はチェックしてみて下さい。

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 4.5 ウーンドウォート(ティターンズカラー) レビュー
3月発売のMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 13弾のクオリティーの高さによる衝撃がまだ記憶に新しいところですが次弾は4.5弾として04弾のマーキングプラス版とカラーバリエーション版が登場です。ニューガンダム、ウーンドウォート(ティターンズカラー)、ケンプファー、ブースター・ベッドがラインナップされており前弾で購入出来なかったにはとても喜ばしい機会となりそうですね。個人的には今回はニューガンダムは見送ろうかなと考えておりますが大好きな『Advance of Z』からのエントリーのティターンズカラーのウーンドウォートは過去のフルドドII、EX弾のギャプラン・ブースターと絡めてウーンドウォート・ラーII、ウーンドウォート・ラーII(第二形態)、ウーンドウォート・ラーII(第二形態/巡航形態)のMS形態とMA形態等のバリエーションをレビューさせていただければと思っておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。因みにモビルスーツアンサンブル4.5弾のラインナップは①vガンダム(マーキングプラス)、②ケンプファー(マーキングプラス)、③ウーンドウォート(ティターンズカラー)、④ブースターベッド(マーキングプラス)、MS武器セットとなっています。
MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 04 ウーンドウォート・ラー(第二形態/巡航形態) レビュー
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第五弾となる04弾のラインナップは①vガンダム、②ウーンドウォート、③ケンプファー、④ブースターベッド、⑤MS武器セットとなっています。今回は、このうち、ウーンドウォートをベースに、08弾のフルドドII、EX03弾のギャプラン・ブースターから、ウーンドウォート・ラー、ウーンドウォート・ラー(第二形態)、ウーンドウォート・ラー(第二形態/巡航形態)までをレビューさせていただきます。
MOBILE SUIT ENSEMBLE EX04 ウーンドウォート&ダンディライアンII レビュー 2回目
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第五弾となる04弾の特別弾としてプレミアムバンダイからEX04弾のウーンドウォート&ダンディライアンIIが2017年12月に限定発売されました。内容が多いだけに3回に渡ってレビューをお送りする予定ですが、第2回目は、ウーンドウォート・ラーとウーンドウォート・ラーIIまでをレビューさせていただきます。
MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) EX09 TR-6 インレ レビュー3回目
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第二十一弾のEX09弾にはガンダム TR-6[インレ]が発売となりました。レビュー1回目では、『ADVANCE OF Z』における設定の考察とハイゼンスレイIIのバリエーションを、2回目ではダンディライアンII、ファイバーII、更にインレのMA/MS形態を、そして3回目となる今回はウーンドウォートやハイゼンスレイを使ったファイバーIIのアレンジバージョン等をご紹介して行きます。
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
オンライン限定最新情報! プレミアム バンダイ