GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
4/1更新オンライン限定商品
icon
iconHG ウェルテクス
icon
iconHG バーザム R.B.版
icon
iconHG J.R.ゲルググ 
icon
iconHG バーザム(鹵獲仕様) 
icon
iconRG ソードインパルス
icon
iconHG ガンダムMk-III
icon
iconMG ガンダムMk-V
icon
iconHG TR-1次世代量産機
icon
iconHG ハイゼンスレイ
icon
iconHG Bst.拡張セット
ガンプラのディテールアップ&改造に人気の強力ツール

スジボリ堂 RP-CUTR

バイス

ミニルーター

スピンブレード

スプリングコンパス
精密ドリル
精密ピンセット
メタルパーツ
BMCダンモ0.2&0.4mm

ガンダムマーカーエアブラシ
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
カスタマイズにM.S.G.シリーズ
リボルビングバスターキャノン サムライマスターソード マルチミサイル ユナイトソード プロペラントタンク
ベクタードスラスターA バーストレールガン セレクターライフル アサルトライフル2 ストロングライフル 
ガンプラのディテールアップ&改造の入門からスクラッチまでの参考書に
SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書

HGUC ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機) メガ・ガトリングガン制作記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

今回は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』よりHGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガに付属するメガ・ガトリングガンの制作記録をご紹介させていただきたいと思います。別に制作しているジョニー・ライデン専用ゲルググやゲルググ ウェルテクスに流用させたくて購入してみましたが、いつも通りのディテールアップと改造についても書かせていただいていますのでご覧いただけると幸いです。

※鋭利な道具や健康に害を及ぼし得る化学物質等を使用しております。実践される場合は安全に十分ご配慮いただき、自己責任である事をご承知下さい。

 

 

ダボ処理と仮組み

まずは赤矢印のダボ(ピン)と緑矢印のダボ穴を処理して組立/分解しやすくしてディテールアップの準備をしました。ニッパーを使って赤矢印部分は斜めにカットして短くし、緑矢印部分にはV字の切れ込みを入れてダボ処理しました

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンの仮組み前のダボ処理をした画像

 

 

下のパーツでも同様にダボ処理して仮組み準備完了です。

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンの仮組み前のダボ処理をした画像

 

 

そして仮組みしたのが下の画像です。個人的にはあまり馴染みのない形状だったので新鮮ではありましたが、少しディテールは足りない印象だったので頑張って造って行きたいと思います(笑)。

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンのダボ処理後に仮組みした画像

 

 

合わせ目消し

ここでタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”を使ってメガ・ガトリングガンのメインパーツを接着しました。画像が暗いので確認しにくいですが赤矢印部分に溶けで出たプラスティックがあります。私の場合はヤスリがけは後で行います。

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンのダボ処理後に仮組みして合わせ目消ししている画像

 

 

パーツカット

ここでスコープらしきものとジェネレーターらしきものを繋いでいるパーツが少し気になったのでニッパーで切除しました。

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンのパーツを切除した画像

 

 

スジ彫り

ここからはスジ彫りへ・・・まずはタミヤさんの”デザインナイフ”を使って下の画像の赤矢印部分に軽く溝を作りました。

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンのパーツにスジ彫りしている画像

 

 

上で入れた切り込みに合わせてスジボリ堂さんの”BMC タガネ 0.20mm”で更に彫り下げました。デザインナイフ直線性利用してまっすぐなラインが入れやすくなります。

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンのパーツにBMCタガネでスジ彫りしている画像

 

 

反対側も同様にスジ彫りしました。やっぱり2回目の方が上手く行くようです(笑)。

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンのパーツにBMCタガネでスジ彫りしている画像

 

 

続いてはドラパスさんの”スプリングコンパス 両針”を使って長い方の針を端に引っ掛けてスライドさせる事により下の画像の矢印部分にスジ彫りしました。引き続きBMCタガネで彫り下げています。

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンのパーツにディバイダー(スプリングコンパス)でスジ彫りしている画像

 

 

続いて下の凹部分にもBMCタガネでスジ彫りし・・・

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンのパーツにBMCタガネでスジ彫りしている画像

 

 

下のパーツについてもスプリングコンパスでガイドを彫り、BMCタガネで更に彫り下げました。

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンのパーツにスプリングコンパスとBMCタガネでスジ彫りしている画像

 

 

最後にスジ彫りで出来たバリ取りのため#600でヤスリがけしました。私の場合は#600で終えてしまいますが気になる方は#800、若しくは#1000までかけるともっときれいに仕上げられると思います。

hguc ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)付属のメガ・ガトリングガンのパーツにBMCタガネでスジ彫りしてヤスリがけしてバリ取りした画像

 

 

プラ材による改造

ここからはプラ材を使って少しだけ改造して行きます。当初はディテールアップだけのつもりだったのですが急遽方針を変えています(笑)。まずはウェーブさんの”プラ=パイプ 肉薄 4.0mm”をデザインナイフでカットしました。切断面は適宜#600のヤスリがけをしています。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラパイプで改造している画像

 

 

上で切り出したのが下の画像の赤矢印で、他は”プラ=パイプ 肉薄 5.0mm”を切り出したものです。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラパイプで改造している画像

 

 

上でも紹介しているスプリングコンパス 両針を使うとプラ=パイプで跡を付けてからデザインナイフでカットすると等間隔に揃えやすいと思います。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラパイプで改造している画像

 

 

切り出したプラ=パイプをリモネンセメント(流し込みタイプ)で接着してスコープの骨格完成です。位置をずらす等の繊細な作業は、私もお世話になっているのですがタミヤさんの”精密ピンセット”等があると作業が捗りますのでお勧めです。水転写デカール

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラパイプで改造している画像

 

 

今度はちょっと倍率の高そうなスコープを造って行きます。先ほどと同様にプラ=パイプ 肉薄 4.0mm(赤矢印)、5.0mm、6.0mm(緑)を切り出し・・・

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラパイプで改造している画像

 

 

1つ目と同様にリモネンセメント(流し込みタイプ)で接着して骨格の完成です。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラパイプで改造している画像

 

 

続いて”プラ=パイプ 肉薄 3.0mm”を同じ長さで2本切り出してリモネンセメント(流し込みタイプ)にて接着しました。こちらはグレネード・ランチャーにする予定です(笑)。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラパイプで改造している画像

 

 

続いてはロング・レンジ・ビーム・ライフルをイメージして上でご紹介して来た方法で新たなユニットを制作し”ピンバイス”で1mmの穴を開口しました。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラパイプで改造している画像

 

 

受け側のガトリングガンにもピンバイスで1mmの穴を開口しました。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラパイプで改造している画像

 

 

双方の穴を2mmの穴に拡げました。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラパイプで改造している画像

 

 

開口部にタミヤさんの”プラ材 丸棒 2mm”を差し込み双方を固定しビーム・ライフル部分の完成です。ついでにグレネード・ランチャーも接着しています。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラパイプで改造している画像

 

ここからはウェーブさんの”丸棒 3.0mm”にピンバイスで1mmの穴を開けてタミヤさんの”丸棒 1.0mm”を刺して・・・

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造している画像

 

 

ビーム・ガトリングガン側にもピンバイスで1mmの穴を開けて下の様に少し角度をつけて取付けてみました。用途と機能は不明ですが見た目は上手く行った気がしています(笑)。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造している画像

 

 

ウェーブさんの”プラ=パイプ 肉薄 3.0mm”を4つ切り出し・・・

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造している画像

 

 

上で切り出したパーツをガトリングガンの砲口に接着してインチアップしてみました。因みにプラ=パイプの内径とガトリングガンの外径が合わなかったのでプラ=パイプの中をデザインナイフで少し削ってます。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造している画像

 

 

マスキング

続いて塗装するためのマスキングへ。全体的にブラックに塗装する予定ですが、擦れて塗膜が剥がれやすそうな所やあえて成形色を残す事で情報量が増えたりもするのでこのあたりを考慮しつつ下の画像のようにマスキングしました。因みにタミヤさんの”マスキングテープ”を使わせていただきました。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造し、塗装のためマスキングテープを巻いた状態の画像

 

 

塗装

ここで全体をGSIクレオスさんの”ガンダムマーカーエアブラシシステム”でブラックに塗装しました。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造し、塗装のためマスキングテープを巻き、ガンダムマーカーエアブラシシステムで黒に塗装した状態の画像

 

 

ガンダムマーカーエアブラシシステムのレビューは別記事で書いておりますのでご興味のある方はこちらも合わせてご覧下さい。

ガンプラ塗装用ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

一方こちらは付帯パーツで上からガトリングガンの銃口(ブラック)、グレネード弾(イエロー)、スコープレンズ(アイグリーン)を塗装しました。両端以外は見えなくなるので適当に塗ってあります。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造し、塗装のためマスキングテープを巻き、ガンダムマーカーエアブラシシステムで黄色とアイグリーンに塗装した状態の画像

 

 

墨入れ

ここからはタミヤさんの”スミ入れ塗料(グレー)”を使って墨入れへ・・・画像だとほとんどわかりませんね(汗)。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造して塗装後に墨入れした画像

 

 

チップ・付帯パーツの接着

ここで別に用意しておいたカラーチップと付帯パーツをリモネンセメント(流し込みタイプ)で接着しました。チップを貼付ける場合は貼付け先(ガトリングガン)の塗膜はBMCタガネ等で剥がしておきます

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造して塗装後に墨入れ、更にカラーチップを貼付けた画像

 

 

カラーチップの作り方はこちらのレビューからどうぞ。

ガンプラディテールアップ用カラーチップの作り方について
今回はガンプラ制作のディテールアップで良く使われるカラーチップ(レッドチップ等)の作り方をご紹介させていただきます。お手軽ながらガンプラに貼付けるだけでも大きな変化を生み出してくれるコスパの高い手法なので是非トライしてみていただきたい方法です。最近発売されたGSIクレオスさんのガンダムマーカーエアブラシシステムとの相性も良いので合わせて使うとかなり情報量アップ効果が期待出来ると思います。

 

 

水転写デカールの貼付け

ここからは水転写デカールを貼付けて一気に情報量アップへ。今回もハイキューパーツさんの”RB01 1/144 コーションデカール”を使わせていただきました。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造して塗装後に墨入れ、更にカラーチップを貼付けた後に水転写デカールを貼付けた画像

 

 

トップコート

最後はGSIクレオスさんの”つや消しプレミアムトップコート”でデカールや塗膜を保護して完成です。

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造して塗装後に墨入れ、更にカラーチップを貼付けた後に水転写デカールを貼付けてトップコートで仕上げた画像

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造して塗装後に墨入れ、更にカラーチップを貼付けた後に水転写デカールを貼付けてトップコートで仕上げた画像

HGUC クェス・エア専用ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをプラ材で改造して塗装後に墨入れ、更にカラーチップを貼付けた後に水転写デカールを貼付けてトップコートで仕上げた画像

 

 

まとめ

以上がHGUC ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)に付属するメガ・ガトリングガンの制作記録でした。

宇宙世紀が進行するに連れて武装のスペックはもちろんですがネーミングも凄い事になって来ていますね。

メガ・ガトリングガンを仮組みした印象では斬新なデザインであったものの情報量の不足を感じた印象でしたがスジ彫り、プラ加工、塗装、墨入れ、水転写デカールを貼ってディテールアップしてあげるとかなりユニークで際立ったアクセントになってくれた武装だったと思います。メガ・ガトリングガンのためだけに2,000円前後の当該キットを購入するのも気が退けるかと思いますが、ヤクト・ドーガもお好きな方には是非ともお勧めしたいと思います。まだまだ時間は掛かりそうですがゲルググ ウェルテクスに持たせた画像もご報告出来るように頑張ります。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ ガンプラ作例紹介&レビュー
今回はプレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売されていたHGUC ジョニー・ライデン専用ゲルググのレビュー&作例紹介をさせていただきたいと思います。本来であればいつも通り積みプラとなる運命のキットでしたが”ゲルググウェルテクス(VERTEX)”なるモビルスーツの存在を知ってしまって居ても立ってもいられなくなって衝動的に制作してしまいました。MS-14B 高機動型ゲルググ(ジョニー・ライデン専用機)は『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』(コミック)からのエントリーで『機動戦士ガンダム』の終盤に登場したMS-14A 量産型ゲルググに増速用バックパックを追加装備させた”ゲルググの高機動型”となっています。制作工程は私の定番ではありますがちょっとした合わせ目消し→スジ彫り→モノアイのLED化→プラバンによるディテールアップ→ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装→墨入れ→水転写デカール貼付→ツヤ消しトップコートと行った感じで仕上げています。モノアイのLED化は初挑戦で少し手こずりましたが光るとやはり嬉しいものですね。今回はモノアイのLED化の制作記録までは残せてないのですが久々のゲルググの制作とあって画像多めでレビュー&作例紹介させていただきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。
HGUC ガブスレイ ガンプラ作例紹介&レビュー
今回は『機動戦士Zガンダム』に登場するジェリド・メサやマウアー・ファラオが搭乗したティターンズのモビルスーツであるガブスレイを作例紹介を兼ねてレビューさせていただきます。制作工程はアンテナ自作、モノアイのled化、プラ材による加工、脚の延長、ガンダムマーカーエアブラシによる塗装、スジ彫り、墨入れ、水転写デカールの貼付け等を行っており、最後につや消しトップコートで仕上げています。ガンプラに惹かれ始めた時には何とも思えなかった機体ですが、制作を何年か続ける事でその魅力に気付き今ではすっかり虜となってしまったガブスレイ・・・可変MSと言うことでMA(モビルアーマー)形態、そして憧れの中間形態も再現してみました。初見はアニメの『機動戦士Zガンダム』の再放送だったと思いますが、幼かった私にはエゥーゴ、ティターンズ、アクシズの抗争関係は複雑過ぎた事もあり、ガブスレイはただただZガンダムの格好良さに埋もれていたモビルスーツでした。このブログを続けている上で少しずつその魅力に気付き、今回はモノアイのLED化に始まり、脚部の延長やヒール化など、かなり気合いを入れて制作してみた作品なので少しでも気に入っていただけると嬉しいです。商品の方はHGUCながら内部フレームが採用され、素組みでもMS形態、中間形態、MA形態と3パターンを再現できかなりコストパフォーマンスが高いと言えそうです。ただガブスレイの奇抜とも言えるスタイルもあり、個人的には現代的なスタイルにするためには少し手を加える必要があり、可変MSという特徴が改造のハードルを高いものにしている印象を受けました。可能であれば変形機構は捨てていずれかに固定してしまった方がストレスなく効率的な作業が出来るのではないかと思っておりますのでご参考にしていただけると幸いです。
HGUC ガンダムTR-1 [ヘイズル改] ガンプラ作例紹介&バリエーション レビュー
今回は、『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』よりHGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]のガンプラ作例紹介とバリエーションレビューをさせていただきたいと思います。このキットは以前にも何度か作った事がありサクサク進めてしまった事と、プリムローズやフルドド及びビーム・ライフルの改造等を先行させていたため、慌てて造った事も重なりヘイズル改自体の制作記録はあまり残っておらず今回は勝手ながら割愛させていただきました(汗)。カラーバリエーション等でまた造る事もあるかと思いますが申し訳ありません・・・その変わりと言っては何なのですが、ヘイズル改を中心とした、プリムローズやフルドド、ギャプランブースーターを織り交ぜたちょっとしたバリエーションレビューも出来ればなと考えておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。
HGUC ガンダムTR-6 [ウーンドウォート] ガンプラ作例紹介&レビュー
今回は『ADVANCE OF Z』よりプレミアムバンダイさんオンライン限定販売であったHGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート](テスト機カラー)のレビューを武装のバリエーションを交えてMS形態(モビルスーツ)とMA形態(モビルアーマー)も合わせてご紹介させていただきたいと思います。ティターンズのTRシリーズ最終形態として、また機種統合計画の汎用量産型の可変モビルスーツとして、搭載されている”プリムローズII及びドラムフレーム”を核として様々な仕様に換装される事が前提とされているTR-6のオーソドックスな形態と言えるRX-124ですが、スペックの高さとその洗練されたデザインも魅力的であり、制作出来た事も非常に感激であり、当該機のクオリティーの高さと魅力を少しでもお伝え出来れば嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
オンライン限定最新情報! プレミアム バンダイ
スポンサーリンク
icon iconB-style ラクス・クライン バニーVer. icon iconフィギュアーツZERO ベアトリクス  icon iconフィギュアーツZERO ゼタ 
icon iconG.E.M.シリーズ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 アヤナミレイ(仮称)  icon iconGashaPortraits シン・エヴァンゲリオン劇場版 Special SET02  icon iconROBOT魂 <SIDE EVA> エヴァンゲリオン新2号機α 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4/5更新 一押し予約商品

icon iconHG バーザム R.B.版 icon iconHG バーザム(鹵獲仕様)

4/5更新 品薄キットの中古品のご紹介

シルヴァバレト  HG ゾゴック HG シュナイド HG Rジャジャ
HG フライルー HG ゲルググ HG ドムトローペン HG ケンプファー
HG アイザック HG ディジェ HG アンクシャ HG キュベレイ
MG F.フリーダム MG ドム  MG ユニコーンガンダム  MG インフィニット J. 
MG ハイニューガンダム MG F.インパルス  ニューガンダム  MG シナンジュ