GUNDAM PRESSのロゴ  
GUNDAM PRESSのロゴ  
5/15更新オンライン限定商品
icon
iconHG キハールII 
icon
iconHG ハイゼンスレイ
icon
iconMG グレイ・ゼータ 
icon
iconHG ゼータガンダム 0088 
icon
iconHG リック・ディアス 
icon
iconRG シナンジュ S.C.ver.
icon
iconHG ジム・ナイトシーカー
icon
iconMG ギラ・ドーガ
icon
iconMG ジムII(エゥーゴver.)
icon
iconMG キャスバル専用ガンダム

ラインナップのHGUCシリーズ!

シナンジュ S.  グスタフ・カール  シルヴァ・バレト S.  R.ジャジャ シナンジュ 
N.ガンダム Zガンダム E.  ヘイズルII  フルドド プリムローズ

ラインナップのHGUCシリーズ!

シナンジュ S.  グスタフ・カール  シルヴァ・バレト S.  R.ジャジャ シナンジュ 
N.ガンダム Zガンダム E.  ヘイズルII  フルドド プリムローズ

圧倒的ディテールRGをチェック!

ニューガンダム サザビー バンシィ バンシィ(覚醒) S.ルージュ
ガンダムMk-II シナンジュ J. R. 専用ザクII U. L.専用ザクII パーフェクト S.

HGUC ガンダムTR-6 [ウーンドウォート] 頭部ユニット制作記録

HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットをディテールアップし、改造したアンテナにスミ入れしてエナメル溶剤で拭きとって整えた後に、カラーチップを貼付け、水転写デカールを貼付けた画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は『ADVANCE OF Z』よりHGUC ガンダムTR-6 [ウーンドウォート]の頭部ユニットとプラ材を使ったアンテナのディテールアップ等を制作記録としてご紹介させていただきます。私同様にガンプラ初心者の方には少し難しく感じるかも知れませんが画像を見て少しでも良いなと思っていただけた方には使った材料や道具もご案内していますのでチャレンジしていただければなと思っています。

※いつも書かせていただいておりますが、鋭利なツールや有害になり得る化学物質を使用するので安全面への十分な配慮と自己責任である事にご了承をお願い致します。

 

 

ディテールアップ前

まずはアンテナディテールアップする前のウーンドウォート頭部ユニットの画像からです。下の画像の矢印部分に安全フラッグが付いているのが確認出来ると思いますが、ここをニッパーでカットしてヤスリがけしてシャープにするだけでも見映えはかなり良くなるかと思います。

プレミアムバンダイ限定販売のhguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]のアンテナを自作アンテナに置き換える前の画像

 

 

プラ工作

いつもながらリビングで暖色系の証明のまままったりモードで作業しておりまして画像が暗くて恐縮です(汗)。まずはタミヤさんの”プラバン 0.3mm厚”をデザインナイフで切り出しました。因みに1マスが10mmです。

プレミアムバンダイ限定販売のhguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の自作アンテナを造るためにプラバンを切り出した画像

 

 

続いてカットする準備として切り出したプラバンが動いて切断面が汚くならないようにタミヤさんの”マスキングテープ”で固定しました。対象が大きなパーツの場合は省ける作業だと思います。

プレミアムバンダイ限定販売のhguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の自作アンテナを造るためにプラバンを切り出してズレないようにマスキングテープで固定した画像

 

 

ステンレス性の定規を当てて対角線上をデザインナイフで優しく何度か刃を入れてカットしました。この辺りは失敗してもやり直せるのでケガだけ注意して軽い気持ちで挑戦していただけると思います。因みにデザインナイフはタミヤさんの”No.20 デザインナイフ”を使わせていただいています。

プレミアムバンダイ限定販売のhguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の自作アンテナを造るためにプラバンを切り出してズレないようにマスキングテープで固定してアンテナ状に切り出した画像

 

 

一旦、ウーンドウォートの頭部ユニットと切り出したプラバンを並べて大きさの確認です。ウーンドウォートの頭部はかなり小さいので少し苦労しました(汗)。

プレミアムバンダイ限定販売のhguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の自作アンテナを造るためにプラバンを切り出してズレないようにマスキングテープで固定してアンテナ状に切り出し、頭部ユニットと並べて大きさを比較した画像

 

 

更に下の画像の矢印部分をデザインナイフで切り落としました。

プレミアムバンダイ限定販売のhguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の自作アンテナを造るためにプラバンを切り出してズレないようにマスキングテープで固定してアンテナ状に切り出し角を落とした画像

 

 

そしてデザインナイフで切れ込みを入れて分割して行きます。今回もモチーフはユニコーンガンダムです。

プレミアムバンダイ限定販売のhguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の自作アンテナを造るためにプラバンを切り出してズレないようにマスキングテープで固定してアンテナ状に切り出し、切れ込みを入れた画像

 

 

ここで更に一手間で、分割したパーツの頂点を少し切り落としておいてあげるとより精密感が上がる気がします。一方でカクカクしている方が好みという方はそのままでも良いかも知れません(笑)。

プレミアムバンダイ限定販売のhguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の自作アンテナを造るためにプラバンを切り出してズレないようにマスキングテープで固定してアンテナ状に切り出し角を落とした画像

 

 

ここで付属のアンテナの先端にある安全フラッグをニッパーでカットしました。今回はタミヤさんの”No.35 薄刃ニッパー”を使用してみました。切断面が粗れてしまった場合は#600くらいで整えてます。

プレミアムバンダイ限定販売のhguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]のアンテナのピンを切り落とした画像

 

 

上で切り出したプラバンをタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”で接着しました。

hguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットに切り出したプラバンを接着してディテールアップしている画像

 

 

更に切り出したプラバンを接着してディテールアップしてみました。後は塗装して確認したいと思います。

hguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットに切り出したプラバンを接着してディテールアップしている画像

 

 

マスキング

一通りプラバンによるディテールアップが終わったので塗装準備のマスキングへ。まずはアンテナを外して下の矢印部分を塗装して行きます。

hguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットをプラバンでディテールアップしてアンテナを外した画像

 

 

塗装したい部分のみを露出させて他はマスキングしました。因みに塗装の際に使うワニ口クリップはGSIさんの”ネコの手持ち手棒”を使っています。

hguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットに切り出したプラバンを接着してディテールアップして塗装のためにマスキングした画像

 

 

塗装

ここからはGSIクレオスさんの”ガンダムマーカーエアブラシシステム”を使って塗装です。まずは顔のパーツの一部分をグレーに塗りました。

hguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットに切り出したプラバンを接着してディテールアップして塗装のためにマスキングしてガンダムマーカーエアブラシシステムでグレーに塗装した画像

 

 

ガンダムマーカーエアブラシシステムのレビューも書いておりますのでよろしかったらこちらの記事もご覧下さい。

ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。また、購入を検討しているけどネット上では良い評価だけでなく悪い評価もあるので気になってしまい購入に踏み込めないという方も多いかと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただきます。

 

 

こちらはウーンドウォートのツインアイをGSIクレオスさんの”ガンダムマーカー アイグリーン”で塗装した画像です。こちらはマーカーで直接塗ってます。因みにメットを被ってしまうとほぼ見えないのでやらなくても良いかも知れません(笑)。

hguc ガンダムtr-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットのツインアイをガンダムマーカーのアイグリーンで塗装した画像

 

 

後頭部のセンサーもアイグリーンで塗装してます。因みにこちらはマスキングしてガンダムマーカーエアブラシシステムで塗っていますが面積が小さいので直接塗ってはみ出た部分を整えて良いかも知れません。

hgucガンダムtr-6[ウーンドウォート]頭部ユニットの後頭部のセンサーをガンダムマーカーエアブラシシステムでアイグリーンに塗装した画像

 

 

ここで頭部ユニットを少しずつ組んで行きます。

hguc ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットを組み立てた画像

 

 

頬のところに浅いモールドがあったのでスジボリ堂さんの”BMCタガネ 0.2mm”で少し彫り直しました。

hguc ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットを組み立ててスジ彫りした画像

 

 

そしてプラバンでディテールアップしておいたアンテナはガンダムマーカーエアブラシシステムで”イエロー”に塗装しました。

hguc ガンダムTR-6[ウーンドウォート]のアンテナを改造してガンダムマーカーエアブラシシステムで黄色に塗装した画像

 

 

墨入れ

ここでツインアイ周りにタミヤさんの”スミ入れ塗料(ブラック)”で墨入れしました。

hguc ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットを組み立てて墨入れした画像

 

 

スジ彫り工程で入れたマイナスモールドにはタミヤさんの”スミ入れ塗料(グレー)”を入れてみました。

hguc ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットを組み立てて、スジボリした後に墨入れした画像

 

 

ここでアンテナも付けて頭部を組んでみたところです・・・黄色が良い感じではないでしょうか(笑)。

 

 

アンテナにはタミヤさんの”スミ入れ塗料(ブラウン)”を使いました。

HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットをディテールアップして、改造したアンテナにスミ入れした画像

 

 

はみ出た塗料をタミヤさんの”エナメル溶剤”を含ませた綿棒で拭き取ってスミ入れは完了です。

HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットをディテールアップして、改造したアンテナにスミ入れしてエナメル溶剤で拭きとって整えた画像

 

 

カラーチップ貼付け

ここでカラーチップを貼付けて更にディテールアップしてみました。使ったのはアイグリーン、レッド、イエローの3色です。接着剤はガンダムマーカーを溶かしくいタミヤさんの”リモネンセメント(流し込みタイプ)”を使っています。

HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットをディテールアップし、改造したアンテナにスミ入れしてエナメル溶剤で拭きとって整えた後に、カラーチップを貼付けた画像

 

 

カラーチップの作り方はこちらの記事をご覧下さい。

ディテールアップ用のチップの作り方について
今回はガンプラ制作のディテールアップで良く使われるカラーチップ(レッドチップ等)の作り方をご紹介させていただきます。お手軽ながらガンプラに貼付けるだけでも大きな変化を生み出してくれるコスパの高い手法なので是非トライしてみていただきたい方法です。最近発売されたGSIクレオスさんのガンダムマーカーエアブラシシステムとの相性も良いので合わせて使うとかなり情報量アップ効果が期待出来ると思います。

 

 

水転写デカール貼付け

そろそろ終わりが見えて来ましたが今回もハイキューパーツさんの”コーションデカール ホワイト”で水転写デカールを貼付けて情報量を上げてみました。

HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットをディテールアップし、改造したアンテナにスミ入れしてエナメル溶剤で拭きとって整えた後に、カラーチップを貼付け、水転写デカールを貼付けた画像

 

 

続いてハイキューパーツさんの”コーションデカール ライトグレー”で水転写デカールを貼付けて情報量を上げてみました。

HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットをディテールアップし、改造したアンテナにスミ入れしてエナメル溶剤で拭きとって整えた後に、カラーチップを貼付け、水転写デカールを貼付けた画像

 

 

因みに水転写デカールの貼付によるディテールアップはこちらの記事をどうぞ。

水転写デカールによるディテールアップ方法
今回はガンプラ制作における市販の水転写デカールを使ったディテールアップ方法をご紹介させていただきます。とっかかりは難しそうなイメージもあると思いますが、水転写デカールの仕組みと使い方さえ分かってしまえば後は慣れるだけだと思いますので参考にしていただけると幸いです。

 

 

トップコート

そして最後はGSIクレオスさんの”水性 プレミアムトップコート つや消し”で仕上げました。プラスチック特有のテカりを抑えてくれ、塗膜やデカールを保護し(塗装ハゲや脱落を抑えてくれます)、ディテールアップ部分とキットの境目も落ち着かせてくれる効果もあるのでお勧めです。

※トップコートは仕上がりに差が出るので乾燥した天気良い日に行います。また健康に配慮して風通しの良い場所で行って下さい。

HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の頭部ユニットをディテールアップし、改造したアンテナにスミ入れしてエナメル溶剤で拭きとって整えた後に、カラーチップを貼付け、水転写デカールを貼付けたつや消しトップコートで仕上げた画像

 

 

まとめ

以上が『ADVANCE OF Z』よりHGUC ガンダムTR-6 [ウーンドウォート]の頭部ユニットのディテールアップについての制作記録でした。

今回はプラバンをメインとしたアンテナの情報量アップについて触れさせていただきましたが、一旦ハマると最も好きな作業になるような魅力を秘めている工程かと思いますので、安全面に気を配っていただき参考にしていただければ幸いです。

また自分のイメージと違った場合は再度やり直す事が可能で、納得行くまで自分の理想を追求出来る点も達成感を得られるポイントではないでしょうか(笑)。コストパフォーマンスも非常に高いのでお試しいただけると幸いです。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

HGUC ギャプランTR-5[フライルー] 制作記録1
今回は『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』に登場するTITANS TEST TEAM用MSであるHGUC ギャプラン[フライルー]の制作記録の1回目をご紹介。別に紹介させていただいているヘイズル改やウーンドウォートのレビューが完了していない後ろめたさもありますがモチベーション維持のためフライルーにも手を出しはじめたので少しずつですが本記事も更新して行きたい思っています。本記事にはフライルーの頭部にフォーカスし、隠れがちなモノアイを露出させるための改造やプラバンによるアンテナのディテールアップ等の具体的な手順をアップしてみました。必要な材料や工具についても取り扱っておりますのでご拝読いただけると幸いです。
FG ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]胸部ユニット制作記録
今回は『Advance of Z ~ティターンズの旗のもとに~』より雑誌付録であったFG 緊急脱出ポッド[プリムローズ]を使ったガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]胸部ユニットの制作記録をご紹介したいと思います。HGUC版のプリムローズが販売されるまでもったいなくて作れなかったキットですが吹っ切れると早いもので、肩部分のパーツ等左右対象にしようとするとFG 版は2キット必要になる事も判明しましたが容赦なく次の箱を開封するに至り、切っ掛けって大事だなと強く感じました。FGと言えどデザインと拡張性は非常に高く別に販売されているHGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]や[アドバンスド・ヘイズル]との組み合わせにより[ヘイズル・アウスラ]の再現も可能で魅力的なバリエーションを漏らす事なく楽しめる商品となっています。
HGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]用ビーム・ライフル制作記録
今回は『Advance of Z ~ティターンズの旗のもとに~』からキット化された1/144スケール HGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]のビーム・ライフルの改造とディテールアップをご紹介したいと思います。仮組みから合わせ目消し、プラバンによるアングル制作やメインバレルの大型化、ガンダムマーカーエアブラシによる塗装、カラーチップによるディテールアップ等、実際に使用した道具や材料も合わせて制作記録をご紹介しています。
HGUC ガンダム TR-1[ヘイズル改]用ビーム・ライフルの改造武装
HGUC ガンダムTR-1[ヘイズルヘイズル改]の初期武装であるビーム・ライフルをベースキットとしたメイン・バレルの大型化とロング・ブレードのスクラッチと懸架、エネルギー・パックの+3セットの増設、HGUC ヘイズルIIから流用したキハールIIのシールドのマウントによる大型のオリジナル武装の制作記録をご紹介。思い付きではじめた初期武装の大型改造でしたがクオリティーはさておきイメージ通りの迫力あるオリジナル武装が造れたと思います。使った部材も市販のプラバンやプラパイプ等一般的な物で、アイデアさえあれば少しの練習で自作の武器が造れると思うのでご興味のある方は是非、挑戦してみていただければと思います!部材の切り出し、穴あけ、接着、スクラッチ、ガンダムマーカーエアブラシによる塗装まで記録しておりますので是非参考にしていただきたいと思います。今回、制作した改造武装はA.O.Zに登場するTR系モビルスーツに良く似合いそうなので別機体を制作したらまたコラボさせてみたいと思います。
GUNDAM PRESS | Product reviews related to GUNDAM & Introductions of modeling products
ガンダム関連商品(MOBILE SUIT ENSEMBLE、GUNDAM FIX FIGURATION、GUNDAM FIX FIGURATION ZEONOGRAPHY、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE、METAL BUILD)のレビューとガンプラ関係(HG、RG、MG、FG)をメインとした制作物の制作記録と作例のご紹介

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

5/29更新 関連ニュース!!

NEXT PHASE WEEK | バンダイ ホビーサイト
「HGBD:R エルドラウィンダム」本日13時より予約開始!『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』から登場! | GUNDAM.INFO
新規造形パーツを交えて立体化!
「HG ガンダムジェミナス01用アサルトブースター&高機動型ユニット 拡張セット」本日13時より予約開始! | GUNDAM.INFO
「高機動型ユニット」はガンプラ初立体化!
「HG インフィニットジャスティスガンダム」&「HG ウィンダム」本日出荷! | GUNDAM.INFO
『SEED DESTINY』より登場!
「MG キュベレイ・アンベリール」本日13時より予約開始!ビルドダイバーズ公式外伝「GBWC」から登場! | GUNDAM.INFO
「MG ポリポッドボール」の再販も!
2020年5月発売の最新「ガンプラ」ラインナップ! | GUNDAM.INFO
「HGBD:R ユーラヴェンガンダム」「HG インフィニットジャスティスガンダム」「MG ガンダムキュリオス」など!
ガンダムフィギュア「モビルスーツ アンサンブル」にてリゼル開発中!原型も公開!
バンダイ ベンダー事業部が展開するガンダムガシャポンフィギュア「モビルスーツ アンサンブル」にてリゼルが開発中!原型も公開!!
MSとMAの可変ギミックを徹底再現!「HGUC バウンド・ドック」9月発売決定! | GUNDAM.INFO
特徴的なスカート構造も再現!
『A.O.Z Re-Boot』更新!ガンダムTR-6「ハイゼンスレイII」&トリスタン一派の目的とは?
『A.O.Z』イラスト連載更新!今回はガンダムTR-6[ハイゼンスレイII]の解説に加え、ティターンズ残党を率いるトリスタン船長とその一派を紹介します。