GUNDAM PRESSのロゴ  
GUNDAM PRESSのロゴ  
3/29更新オンライン限定商品
icon
iconHG キハールII 
icon
iconHG ハイゼンスレイ
icon
iconMG グレイ・ゼータ 
HG ゼータプラス(テスト機) icon
iconMG F90II Iタイプ
icon
iconRG シナンジュ S.C.ver.
icon
iconHG ガンダム4号機
icon
iconMG ギラ・ドーガ
icon
iconHG R・ジャジャ T.A.ver
icon
iconMG F90 ミッション P. E&Sタイプ

ラインナップのHGUCシリーズ!

シナンジュ S.  グスタフ・カール  シルヴァ・バレト S.  R.ジャジャ シナンジュ 
N.ガンダム Zガンダム E.  ヘイズルII  フルドド プリムローズ

ラインナップのHGUCシリーズ!

シナンジュ S.  グスタフ・カール  シルヴァ・バレト S.  R.ジャジャ シナンジュ 
N.ガンダム Zガンダム E.  ヘイズルII  フルドド プリムローズ

ガンプラ最高峰MGシリーズ!

ディープ S. Ex-Sガンダム Zプラス FAZZ ヘイズル改
実戦配備カラー S.スタイン ジェガン S.フリーダム  S.ガンダム

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ(201912) レビュー

4.0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回はプレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売されていたHG ジョニー・ライデン専用ゲルググのレビュー&作例紹介をさせていただきたいと思います。本来であればいつも通り積みプラとなる運命のキットでしたが”ゲルググウェルテクス”なるモビルスーツの存在を知って居ても立ってもいられなくなって衝動的に制作してしまいました。今回はモノアイのLED化にもチャレンジしてみましたのでこの辺りも見ていただけると嬉しいです(初挑戦だったので改造に頭がいっぱいで制作記録は残せてませんが改めて別の作品でご紹介させていただきますのでご容赦下さい)。

 

 

MS-14B 高機動型ゲルググ(ジョニー・ライデン専用機)

まずはMS-14B 高機動型ゲルググ(ジョニー・ライデン専用機)の正面から。当該機は『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』(コミック)からのエントリーで『機動戦士ガンダム』の終盤に登場したMS-14A 量産型ゲルググのバックパックに増速用バックパックを追加装備させた”ゲルググの高機動型”となっています。制作工程は私の中での定番ではありますがちょっとした合わせ目消し→スジ彫り→モノアイのLED化→プラバンによるディテールアップ(アンテナ自作)→ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装→墨入れ→水転写デカール貼付→ツヤ消しトップコートと行った感じで仕上げています。という事で初めから光らせて行きます(笑)。まずは正面から・・・

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした画像

 

 

続いて少し右側からです・・・実物だとモノアイの点灯がもう少し良い感じなのですが画像が全てですね(泣)。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした画像

 

 

左側から。モノアイを光らせる事でいっぱいいっぱいだったのであまり記憶がないのですが、アンテナの自作や脚部の延長など他にもいろいろとチャレンジしておりちょっとした勉強になってくれた作品ではないかとも思っています。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした画像

 

 

そして高機動型ゲルググに特徴的な増速用バックパックが見える後ろ姿へ。カラーリングは設定とはチョコチョコ違いますが塗装は全てGSIクレオスさんの”ガンダムマーカーエアブラシシステム”で行っています。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした画像

 

 

ガンダムマーカーエアブラシシステムについてもレビューしておりますのでご興味のある方は下のブログカードからどうぞ。

ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。また、購入を検討しているけどネット上では良い評価だけでなく悪い評価もあるので気になってしまい購入に踏み込めないという方も多いかと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただきます。

 

 

シールド装備状態

ここからはゲルググの初期装備のシールドのご紹介です。成形色は異なりますが金型自体はHGUC シャア専用ゲルググの流用のようです。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのシールドのディテールアップした画像

 

 

ジョニーライデン専用ゲルググにシールドを装備させて右側からの1枚。つや消しのトップコートを吹いているのでシックな仕上がりに(笑)。形状が楕円形に近いこともありスジ彫りのデザインもかなり苦労しました。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした機体にシールドを装備させた画像

 

 

反対側から・・・上半身と下半身の繋ぎ目が少し空いてしまうようですがこれはこれで良いですかね。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした機体にシールドを装備させた画像

 

 

ビーム・ライフル装備状態

ここからは同じく初期装備のゲルググ用ビーム・ライフルをご紹介です。こちもHGUC シャア専用ゲルググのビーム・ライフルの流用品ですが少し改造していますのでご興味のある方は制作記録も合わせてご覧下さい。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのビームライフルを改造とディテールアップした画像

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフル制作記録
今回はHG 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググに付属するビーム・ライフルのディテールアップを中心とした制作記録をご紹介させていただきます。HGUCのシャア専用ゲルググや量産型ゲルググに付属するビーム・ライフルも同じパーツだと思うので汎用性も高そうですね。制作に用いたプラバンやプラボウ等のプラ材のご紹介や使った接着剤、ポンチ、マスキングテープのご紹介や塗装に用いたガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装も紹介しています。一見、ハードルの高そうなガンプラのディテールアップですが道具を揃えてしまえば思った程難しいものではなく簡単にトライ出来る内容だと思いますのでご興味を持たれた方は是非一歩踏み出していただければと思います(笑)。

 

 

改めてジョニー・ライデン専用ゲルググの右手にビーム・サーベルを装備させた状態へ。年代的にはかなり古い武装ですがゲルググタイプにはやはり良く似合います。若しくは機体同様、外見に大きな違いはないですがスペックは飛躍しているのかも知れません。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした機体に改造したビームライフルを装備させた画像

 

 

反対側から・・・ビーム・ライフルはアブソーバーの付け根部分をボリュームアップしたのですが遠近感もありまだまだ存在感が薄い気もしますかね(笑)。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした機体に改造したビームライフルを装備させた画像

 

 

再び左側に戻って・・・こちらはビーム・ライフルのサイト・レンズがチラリと覗いて良い感じに。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした機体に改造したビームライフルを装備させた画像

 

 

ここで左手を表情付きの平手に交換・・・左腕に装備させていたシールドを立て掛けたポージングへ。ガンプラではかなり好みのスタイルです。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした機体に改造したビームライフルを装備させた画像

 

 

最後に左側から。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした機体に改造したビームライフルを装備させた画像

 

 

ロケット・ランチャー装備状態

ここからはジョニー・ライデン専用ゲルググに特徴的な武装であるロケット・ランチャーを装備させた状態へ。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした機体に改造したロケットランチャーを装備させた画像

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャー制作記録
HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャーの制作記録をご紹介。構造的に大きな合わせ目が出るためリモネンセメント(流し込みタイプ)を使った合わせ目消し、趣向の異なる既存モールドの除去、マスキングテープをガイドとしたBMCタガネによるスジ彫り、プラバン、プラボウ及びプラパイプによるディテールアップ方法も公開しています。更にはガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装を行い、水転写デカールの貼付によって当該武装のディテールアップを施し、つや消しのトップコートで仕上げてみました。ジョニー・ライデンに象徴されるHG 1/144スケールの武装の魅力を更に引き出せるように制作しました。

 

 

一旦、シールドを外して・・・細めのランナーを少し削ってバックパックに接着してビーム・ライフルを懸架出来る様にしました。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした機体に改造したロケットランチャーを装備させた画像

 

 

外したシールドを左手に立て掛けるポージングへ。ビーム・ライフルと比較するとロケットランチャーは一回り大きいので存在感があって格好良いですね。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググのモノアイのled化等の改造とディテールアップをした機体に改造したロケットランチャーを装備させた画像

 

 

ビーム・ナギナタ装備状態

ここからはビーム・ナギナタ装備状態をご紹介していきます。ビーム刃部分は付属のナギナタ形状より他キットから流用のサーベル形状の方が好みだったので変更しています。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググにビームナギナタを装備させた画像

 

 

このビーム・ナギナタ装備状態・・・思いの他スタンディング・ポーズに苦戦です(汗)。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググにビームナギナタを装備させた画像

 

 

こちらはいくらか良いでしょうか・・・あとはアクション・ポーズに頼りたいと思います。

プレミアムバンダイ限定hg 1/144 ジョニーライデン専用ゲルググにビームナギナタを装備させた画像

 

今日はここまでで・・・また更新します。

 

 

制作記録

HG ジョニー・ライデン専用ゲルググのビーム・ライフル制作記録
今回はHG 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググに付属するビーム・ライフルのディテールアップを中心とした制作記録をご紹介させていただきます。HGUCのシャア専用ゲルググや量産型ゲルググに付属するビーム・ライフルも同じパーツだと思うので汎用性も高そうですね。制作に用いたプラバンやプラボウ等のプラ材のご紹介や使った接着剤、ポンチ、マスキングテープのご紹介や塗装に用いたガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装も紹介しています。一見、ハードルの高そうなガンプラのディテールアップですが道具を揃えてしまえば思った程難しいものではなく簡単にトライ出来る内容だと思いますのでご興味を持たれた方は是非一歩踏み出していただければと思います(笑)。
HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャー制作記録
HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ用ロケット・ランチャーの制作記録をご紹介。構造的に大きな合わせ目が出るためリモネンセメント(流し込みタイプ)を使った合わせ目消し、趣向の異なる既存モールドの除去、マスキングテープをガイドとしたBMCタガネによるスジ彫り、プラバン、プラボウ及びプラパイプによるディテールアップ方法も公開しています。更にはガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装を行い、水転写デカールの貼付によって当該武装のディテールアップを施し、つや消しのトップコートで仕上げてみました。ジョニー・ライデンに象徴されるHG 1/144スケールの武装の魅力を更に引き出せるように制作しました。
HGUC ドム/リック・ドム用ジャイアント・バズーカの制作記録
今回はHGUC ドム/リック・ドム等に付属するジャイアント・バズーカの制作記録をご紹介します。制作の切っ掛けは別に投稿しているHG ジョニー・ライデン専用ゲルググに持たせてみたかったと言う事にあったのでドムに持たせるのはまだまだ先になりそうですが、スジ彫り、合わせ目消し、プラ工作、塗装、水転写デカールによるディテールアップやつや消しトップコートによる仕上げもご紹介しておりますのでお読みいただけると幸いです。

 

 

まとめ

以上がプレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売されていたHG ジョニー・ライデン専用ゲルググの作品紹介とレビューでした。

キットとしてはB型バックパックとロケット・ランチャーが新規造形成型色もジョニー・ライデンのパーソナルカラーとなっており素組みでも当該機の魅力を楽しめる商品だったと思います。一般販売のHG シャア専用ゲルググからかなりの部分のパーツの流用があったので塗装が前提とはなりますが、失敗した場合のパーツ取りはこちらから流用するのが安く早く済みそうです。一方、各人の好みに寄るところですが個人的には脚部を少し延長する事で格好良くなるかなと思いスタイルも少し変えてみました。

個人的にはモノアイのLED化という未知の領域に足を踏み入れた事が大きなチャレンジであり、とりあえずの着地点を見いだせた事が良かったと感じております。今後は皆様にもご紹介出来るようにして行きたいと思います。また、いつの日になるかわかりませんが当作品をベースにしたゲルググ・ウェルテクスも制作して行けたらなと考えております。

HG 1/144スケール ジョニー・ライデン専用ゲルググは2018年9月発送のプレミアムバンダイさんの予約限定商品でした。2020年01月現在では再販の情報はありませんが中古市場では少しプレミアム化はされていますが流通数は多いようですので気になった方は是非チェックしてみて下さい。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

icon

 

 

HGUC ガンダムTR-1 [ヘイズル改](201908) バリエーション レビュー
今回は、『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』よりHGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]の作例紹介とレビューをさせていただきたいと思います。このキットは以前にも何度か作った事がありサクサク進めてしまった事と、プリムローズやフルドド及びビーム・ライフルの改造等を先行させていたため、慌てて造った事も重なりヘイズル改自体の制作記録はあまり残っておらず今回は勝手ながら割愛させていただきました(汗)。カラーバリエーション等でまた造る事もあるかと思いますが申し訳ありません・・・その変わりと言っては何なのですが、ヘイズル改を中心とした、プリムローズやフルドド、ギャプランブースーターを織り交ぜたちょっとしたバリエーションレビューも出来ればなと考えておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。
FG 第1種兵装系統 プリムローズ バリエーション レビュー
今回は2007年1月号の電撃HOBBY MAGAGINEの付録であった緊急脱出用ポッドのプリムローズの作例紹介とレビューの1回目として、ヘイズル改のバックパックであるブースターポッドをコア形態とした第1種兵装系統をご紹介させていただきたいと思います。2019年現在でガンダムは生誕40周年を迎え、ガンプラも魅力的な商品がラインナップされて行く中、ついにプレミアムバンダイにおいて人気シリーズのアドバンス・オブ・Zから待望のプリムローズのHG化が実現!プレミアム化されたFGキットを複数購入していた者としては若干のショックもありましたが、造る踏ん切りが付いた感じもしています(笑)。自分好みの改造に加えて、プリムローズの見所でもある拡張性も再現してみたいと思っていますので、ブースター・ポッド、シールド・ブースター、強化型シールド・ブースター等のバリエーションも追求して行きたいと思っていますのでご覧いただけますと幸いです。
FG Gパーツ[フルドド] バリエーション レビュー
今回は2006年2月号の電撃HOBBY MAGAGINE付録であったFG(Froku Grade) Gパーツのフルドドの作例とそのバリエーションをご紹介させていただきたいと思います。フルドドもプリムローズ同様に私をA.O.Zの虜にした機体の一つであり、ヘイズル改と組み合わせる事でヘイズル・ラーやヘイズル・ラー(第ニ形態)、さらにはヘイズル・ラー(第ニ形態/巡航形態)を再現出来るなど非常にプレイバリューが高いキットとなっています。また、単体での宇宙用の戦闘機となりうるところがプリムローズと異なり、フルドド2機を合体させる事でMA(モビルアーマー)クラスにすることが出来たり、プリムローズやギャプラン・ブースターと合体させる事も可能など際限のない拡張性を秘めているのも大きな魅力ですね。 巻末には制作記録も用意しており、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装例も紹介しておりますのでよろしければご覧下さい。
GUNDAM PRESS | Product reviews related to GUNDAM & Introductions of modeling products
ガンダム関連商品(MOBILE SUIT ENSEMBLE、GUNDAM FIX FIGURATION、GUNDAM FIX FIGURATION ZEONOGRAPHY、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE、METAL BUILD)のレビューとガンプラ関係(HG、RG、MG、FG)をメインとした制作物の制作記録と作例のご紹介

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4/1 更新INFORMATION

2020年4月発売の最新「ガンプラ」ラインナップ! | GUNDAM.INFO
「HGBD:R ガンダムGP-羅刹天」「HGBD:R 敵ガンダム(仮)」「RG フォースインパルスガンダム」など!
「MG スラッシュザクファントム(イザーク・ジュール専用機)」などMGシリーズ3点、本日より追加予約スタート! | GUNDAM.INFO
「ブラストインパルスガンダム」&「ダブルオーザンライザー」も!
F90 A to Z PROJECT「MG ガンダムF90II Iタイプ」本日13時より予約スタート! | GUNDAM.INFO
フライト・シールドには変形ギミックを搭載!
「ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争編」本日発売! | GUNDAM.INFO
「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」など劇中登場機体を網羅!
「F90 A to Z PROJECT」新アイテム発売決定!3/24配信のプレバンガンプラチャンネルに登場! | GUNDAM.INFO
12:30より実施!お見逃しなく!
ガンダムベース限定「RG νガンダム[チタニウムフィニッシュ]」3月20日再販決定! | GUNDAM.INFO
超豪華限定仕様で登場!
HG 1/144 シャア専用ザクII|バンダイ ホビーサイト
HG 1/144 シャア専用ザクII
2020年3月発売の最新「ガンプラ」ラインナップ! | GUNDAM.INFO
「HG ガンダムマルコシアス」「HG ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)」「HGBD:R ガンダム G-エルス」など!