GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
WAVE しいたけ量産ツール!
ディテールパンチ台形1 ディテールパンチ台形2  ディテールパンチ台形3 ディテールパンチ台形4
ガンプラのカスタマイズにM.S.G.シリーズ

リボルビングバスターキャノン

サムライマスターソード

マルチミサイル

ユナイトソード

プロペラントタンク

ベクタードスラスターA

バーストレールガン

セレクターライフル

アサルトライフル2

ストロングライフル 
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
 精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
カスタマイズにM.S.G.シリーズ
リボルビングバスターキャノン サムライマスターソード マルチミサイル ユナイトソード プロペラントタンク
ベクタードスラスターA バーストレールガン セレクターライフル アサルトライフル2 ストロングライフル 
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

FG フルドド 制作記録5 (201905)

HGUCギャプランtr-5[フライルー]のフルドドiiに墨入れした画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は前回に引き続き電撃ホビーマガジン2006年2月号の付録である1/144 Gパーツ[フルドド]の制作記録5回目としておりますが、その拡張の延長としてフルドドIIの制作をご紹介させていただきたいと思っております。因みに前回の制作記録はこちらからどうぞ。

毎回も書かせていただいておりますが雑誌付録ながらプレミアム化されて中古で4,000円台で取引されていたフルドドが2019年6月現在でプレミアムバンダイ限定でHG版が予約可能となっています。まだ予約されていない方は下からでもチェック出来ますのでお見逃しなく!

HG 1/144 フルドド HG 1/144 フルドド(C.D.C.)

プリムローズの制作から始まり、ブースター・ポッド、シールド・ブースター、マルチ・コネクター・ポッド、強化型シールド・ブースター、フルドド、ギャプラン・ブースター、そしてフルドドIIまでやって参りました。フルドドIIもかなり好きなデザインなので頑張って造って行きたいと思います。

 

 

フルドドII(仮組み)

2019年6月現在、フルドドIIの単体でのプラモデルは発売されていないのでフルドドIIのベースはHGUCのフライルーからの流用になります。最近のA.O.Zフィーバーに乗ってフルドドIIも販売されるのではないかとの噂もされていますがどうですかね(2019年にプレミアムバンダイさんから予約販売されました)。

icon

icon
まずは仮組みの画像からです。まずはスラスター・ユニット×2。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツの画像

 

 

そして、下の画像がクロウ・ユニット。格好良すぎて独りでテンション上がっちゃってます。

ただ、良い事ばかりではなくHGUCのフライルーにはスラスター・ユニットとクロウ・ユニットの一組しか付属して来ません。従って、左右対象にしてフルドドIIの機動形態や攻撃形態を再現するにはキットを2つ用意する必要があります。パーツ請求でも行けそうですが、隠し腕も一つしか付属して来ないので結局2個買いですかね・・・お財布には優しくないです(2020年1月現在では中古品としてもフルドドII用拡張ユニットが購入可能です)。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツの画像

 

 

ディテールアップ(プラ加工)

次はフルドドIIのスラスター・ユニット×2とクロウ・ユニット×2をタミヤさんの0.3mm厚のプラ板を切り出してディテールアップしてみました。まずはスラスター・ユニット。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのディテールアップ画像

 

 

そして同じく0.3mm厚のプラ板をデザインナイフで切り出してディテールアップしたクロウ・ユニットです。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板によるディテールアップ画像

 

 

続いては1mm厚のプラ板を切り出して下の画像のようなディテールを制作。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板によるディテールアップ画像

 

 

マスキングテープに固定してガンダムマーカーエアブラシでグレーに塗装しました。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板によるディテールアップ画像

 

 

ガンダムマーカーエアブラシのレビューはこちらからどうぞ。

ガンプラ塗装用ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

上で塗装したディテールをタミヤさんのリモネンセメントで接着です。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板によるディテールアップ画像

 

 

ここからは肉抜きの対応です。パッと見でもユニットに4ヶ所はちょっと多いですよね(泣)。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板による肉抜き対処の画像

 

 

タミヤさんの1mm角棒を接着して土台を作成…

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板による肉抜き対処の画像

 

 

ドラパスさんの”小型スプリングコンパス”で計測した幅にプラ板を切り出して接着し肉抜きを埋めました。ちょっと隙間が出来てますが良しとしてしいます(笑)。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板による肉抜き対処の画像

 


再度、0.3mm厚のプラ板でディテールを作成してガンダムマーカーエアブラシで塗装しました。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板によるディテールアップ画像

 

 

矢印部分に接着。これをあと3ユニットに行いました。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板によるディテールアップ画像

 

 

引き続き下の画像のようなディテールアップ用パーツを制作し・・・

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板と塗装によるディテールアップ画像

 

 

下の画像のように接着してヘイズルのスラスターっぽくしてみました。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板と塗装によるディテールアップ画像

 

 

とりあえずフルドドIIのスラスター・ユニットとクロウ・ユニットを並べてみました。新幹線みたいですね(笑)。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板と塗装によるディテールアップ画像

 

 

というわけで仮組みとプラ板のディテールアップはここら辺にしておきます。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板と塗装によるディテールアップ画像

 

 

しばらく寝かしておいたフルドドIIですが久々に引っ張り出して来たところスラスター部分が少し気になったので下の矢印部分のように少し変更しました。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板と塗装によるディテールアップ画像

 

 

さらにwaveさんの”プラ=プレート グレー 0.5mm厚”でディテールアップを少し追加しました。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板と塗装によるディテールアップ画像

 

 

下の画像のパーツはABSなのでプラ=プレート中心にディテールアップ。

※ガンプラの多くはPS樹脂ですが一部ABS樹脂が採用されています。後者は塗装によって破損するリスクが前者よりも高いので少し注意する必要があります。なお、付属の説明書にランナーごとに樹脂の種類が記載されているので確認する事が出来ます
フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板によるディテールアップ画像

 

 

墨入れ

上のパーツがABS樹脂と言う事で墨入れは油性塗料は危険かと思いGSIクレオスさんの”スミいれふでペン ブラック”を使ってみました。
フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板によるディテールアップ後に水性スミいれふでで墨入れした画像

 

 

拭き取りタイプと言う事ではみ出た部分をティッシュで簡単に拭える一方、入り組んだ場所の作業は少し難しい印象。刃が入る場所についてはスジボリ堂さんの”セラフィニッシャー”できれいにしてみました。

フルドドの拡張パーツとなるフライルーのフルドドIIパーツのプラ板によるディテールアップ後に水性スミいれふでで墨入れした画像

 

 

スジボリ堂さんの”セラフィニッシャー”のレビューはこちらからどうぞ。

ガンプラ制作お役立ちツール セラフィニッシャー レビュー
今回はスジボリ堂さんの”セラフィニッシャー”についてレビュー。セラフィニッシャーはデザインナイフの先端にセラミック刃が取り付けられた【削る】に特化したツールでパーティングラインやバリ取り、合わせ目消しにも使えてヤスリがけに掛かるストレスをかなり軽減してくれるガンプラ制作におけるお勧めお役立ちツールです。本記事でも実例を交えて効果をレビューして行きたいと思います。

 

 

一方、通常のPS樹脂のユニットはタミヤさんの”墨入れ用塗料”で墨入れ・・・はみ出た部分は綿棒にエナメル塗料を染み込ませて拭き取りました。これで墨入れは完了とします。

HGUCギャプランtr-5[フライルー]のフルドドiiに墨入れした画像

 

 

カラーチップの貼付け

ここでカラーチップを貼付けてディテールアップをしました。使ったガンダムマーカーの色は赤、黄、蛍光グリーン、アイグリーンを使いました。

HGUCギャプランtr-5[フライルー]のフルドドiiにカラーチップを貼付けた画像

 

 

カラーチップの作り方はこちらの記事をご覧下さい。

ガンプラディテールアップ用カラーチップの作り方について
今回はガンプラ制作のディテールアップで良く使われるカラーチップ(レッドチップ等)の作り方をご紹介させていただきます。お手軽ながらガンプラに貼付けるだけでも大きな変化を生み出してくれるコスパの高い手法なので是非トライしてみていただきたい方法です。最近発売されたGSIクレオスさんのガンダムマーカーエアブラシシステムとの相性も良いので合わせて使うとかなり情報量アップ効果が期待出来ると思います。

 

 

水転写デカール貼付け

ここで水転写デカールでディテールアップです・・・今回もハイキューパーツさんの”1/144スケール コーションデカール”を使用。グレーとホワイトの2色を選んでみました。後はトップコートを吹いて一段落ですかね。

HGUCギャプランtr-5[フライルー]のフルドドiiにカラーチップを貼付けて水転写デカールを貼付けた画像

 

 

完成品のご紹介

制作したHGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート·ラー]の作例紹介及びレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

HGUC ガンダムTR-6 [ウーンドウォート・ラー] ガンプラ作例紹介&バリエーションレビュー
今回は『ADVANCE OF Z』よりプレミアムバンダイさんオンライン限定販売であったHGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート](テスト機カラー)と同じく限定販売のHGUC フルドドII用拡張セット等を組み合わせたウーンドウォート・ラーのバリエーションレビューと作例紹介をさせていただきたいと思います。ウーンドウォートと並んで限定販売されたフルドドIIによって無数に存在するとも言えるTR-6のバリエーションの多くを再現出来るようになった事はファンにとって非常に嬉しい出来事となりましたが、その中でも標準的で知名度が高く、人気の高いウーンドウォート・ラー(第一形態)とウーンドウォート・ラー(第二形態)、更にウーンドウォート・ラー(第二形態/巡航形態)のMS(モビルスーツ)とMA(モビルアーマー)形態についてのバリエーションを作例紹介とレビューを交えてご紹介します。

 

 

まとめ

以上が2006年2月発売の電撃ホビーマガジンの付録であった1/144 スケール FG フルドドの制作記録5回目として拡張用パーツとしてのフルドドIIの制作のご紹介でした。

フルドドIIはヘイズル・ラーIIやウーンドウォート・ラーII、フルドドに接続して各種形態を再現するの事も出来ますし、フライルーとして作り込むのも魅力的で楽しめそうですね。2個買いはちょっと気が引けますけどその見返りはあるのかも知れません(2020年1月現在では中古市場及びプレミアムバンダイさんから購入可能です)

今回はプラ板とガンダムマーカーエアブラシを使ったディテールアップを紹介させていただきましたが、次回はカラーチップや水転写デカールによるディテールアップをご紹介したいと思います。

ギャプラン・ブースターの方もまだ仕上がってないですし、MOBILE SUIT ENSEMBLEの1.5弾のレビューもあったりと勝手に焦っておりますがコツコツやって行きたいと思っています。

FG版のフルドドは元々雑誌付録で2006年2月の発売でした。販売形態から察するに流通量もそうは多くはなかったと思いますが2020年1月現在ではフルドドII同様にプレミアムバンダイさん及び中古市場で購入可能ですのでチェックしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。