GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
2/18更新オンライン限定商品
icon
iconHG ウェルテクス
icon
iconHG リックディアス
icon
iconHG J.R.ゲルググ 
icon
iconHG ゲルググJ 
icon
iconRG ソードインパルス
icon
iconHG ガンダムMk-III
icon
iconMG ガンダムMk-V
icon
iconHG TR-1次世代量産機
icon
iconHG ハイゼンスレイ
icon
iconHG Bst.拡張セット
11/30更新 ラインナップのHG
HG ローゼンズール HG ガンダムMk-II HG ドライセン HG メッサーラ HG Zガンダム
HG S. シナンジュ HG バウンドドック HG イフリート HG シナンジュ HG シルヴァバレト S.
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ

HGUC ハイザック 制作記録3 (モノアイの可動化とLED化)

チップLEDとメタルパーツを用いてハイザックのモノアイをLED化して可動式になるように改造した画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回はHGUC ハイザックの制作記録の3回目としてザク系モビルスーツのモノアイ可動化とLED化について制作記録をご紹介させていただきます。どちらも汎用性が高く、コストパフォーマンスに優れる改造だと思いますので参考にしていただければ幸いです。

 

 

使用したキット

今回もHGUC ハイザックを使用しました。古いキットですが格好良くて箱絵も魅力的ですね。

 

 

 

仮組み後

まずは仮組み後のハイザックの頭部ユニットからです。ここの画像は制作記録1、2と同じです。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みした画像

 

 

頭部ユニットのスリット幅調整についてはこちらのレビューをご覧下さい。

HGUC ハイザック 制作記録1 (スリット幅調整)
今回はHGUC ハイザックの制作記録の一部とした頭部ユニットのモノアイを露出させているスリット幅の調整の関する改造過程をご紹介させていただきます。既になんらかの改造をはじめている方には概ね手持ちの道具のみの使用で実施出来そうなお手軽さがあるので一度検討していただければと思います。表情の変更は全体的な見た目だけでなく、制作者の思い入れにも大きく影響を与える気もします。オリジナリティを追求されている方にも是非挑戦していただきたいと思いますのでご拝読いただけますと幸いです。

 

 

モビルパイプの改修につきましてはこちらの記事をご覧下さい。

HGUC ハイザック 制作記録2 (モビルパイプ改修)
今回はHGUC ハイザックの制作記録の一部とした頭部ユニットのモビルパイプ(動力パイプ)の改修及びディテールアップをご紹介させていただきます。使う道具や材料も精密スプリングやアルミ線、手芸屋さんのビーズ等、安価なものが多いですがコストパフォーマンスに優れる加工なので是非お試しいただければと思います。

 

 

モノアイの可動化

まずはモノアイの可動化からですがタミヤさんの”プラ丸棒 2mm”を適当な長さに切ってウェーブさんの”黒い瞬間接着剤”で接着しました。

hgucハイザックにモノアイを可動化する改造を行っている画像

 

 

上で接着した2mm径のプラ丸棒にウェーブさんの”プラ=パイプ  肉薄 3mm”をカットして被せます。パイプには内径と外径がありますがこの場合は内径が大事なので肉薄を選ぶようにご注意下さい。そしてこれで内部のプラ丸棒は固定され、外側のプラ=パイプは回転出来るためモノアイを付ければ可動化が達成される事になります。

hgucハイザックにモノアイを可動化する改造を行っている画像

 

 

モノアイのLED化

ここからはモノアイのLED化方法をご紹介して行きます。クオリティーは横に置かせていただいて(汗)・・・材料と方法さえ知ってしまえば簡単に出来てしまう改造です。今回はハイキューパーツさんの”3.0mm SP プレート”にLEDを先程紹介した黒い瞬間接着剤を使って接着しました。※画像で用いていたLEDが見つからなかったので代替品を紹介させていただいています。

モノアイをLED化するためにメタルプレートにチップLEDを接着している画像

 

 

ここで3Vのボタン電池に接続して発光させてみました(本来は発光確認してから接着した方が良いです)。下の画像のようにモノアイ後方にも光が漏れているのが確認出来ると思います。尚、ボタン電池は3Vのものなら使えますが電池が小さい方が目立たなかったり、格納しやすいのでCR1220がお勧めです。

モノアイをLED化するためにメタルプレートにチップLEDを接着しボタン電池で発光させている画像

 

 

再度、黒い接着剤を塗布して光漏れを塞ぎました。ここで遮光に気を配るには頭部ユニット内で光が拡散して全体がぼんやりと光ってしまうのを防ぐために行っています。ご紹介しているような手順を踏む事でモノアイの前方にのみ目的の色の光を発する事が出来るようになります。

モノアイをLED化するためにメタルプレートにチップLEDを接着しボタン電池で発光させ、光漏れを軽減させている画像

 

 

LEDチップを接着したプレートをプラパイプに接着しました。

チップLEDとメタルプレート接着して更にプラパイプに接着した画像

 

 

上で用意したパーツを頭部ユニット内に入れたところですが・・・プレートとスリットが干渉して上手く動かないトラブルが発生です。

チップLEDとメタルプレート接着して更にプラパイプに接着したパーツをモノアイの軸に設置した画像

 

 

プレートとスリットの干渉を無くすためにスジボリ堂さんの”BMCタガネ 3.0mm”で削ってみました。たまたま手元にあっただけですので削れる道具であれば何でも大丈夫です。

チップLEDとメタルプレート接着して更にプラパイプに接着したパーツをモノアイの軸に設置した画像

 

 

これで可動域を確保出来ました。

チップLEDとメタルプレート接着して更にプラパイプに接着したパーツをモノアイの軸に設置して可動性を確認している画像

チップLEDとメタルプレート接着して更にプラパイプに接着したパーツをモノアイの軸に設置して可動性を確認している画像

 

 

そしてひとまず改造は終了・・・目付きを悪くして、可動式、そしてLEDで光るモノアイを持ったハイザックの頭部ユニットの完成です。

チップLEDとメタルパーツを用いてハイザックのモノアイをLED化して可動式になるように改造した画像

 

 

まとめ

以上がHGUC ハイザックの制作記録3回目と言う事で頭部ユニットのモノアイの可動化とLED化の方法のご紹介でした。

アイディアを思いつくまではとても難しく思えてしまう改造ですが、一度経験してしまえば二度目は意外に簡単に出来てしまいそうなのがガンプラ改造の魅力ですよね。材料も安価ですし、材料や道具のストックが増える事で今後の制作への応用にも役立つので挑戦したいなと思った時は是非チャレンジしてみていただければと思います。

改造にはケガや事故のリスクが付いて来ます。安全にはくれぐれもご配慮いただき、未成年の方はご自身の判断のみで行わないようよろしくお願い致します。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

HGUC ハイザック ガンプラ作例紹介&レビュー
今回は『機動戦士ガンダムZガンダム』よりHGUC ハイザックの作例紹介及びレビューをさせていただきます。幼少期の再放送でものすごく惹かれていたモビルスーツとして憧れていたハイザックを中年になっても思い出しますが、歳だけ重ねた自分好みに改造やディテールアップを施してみました。プラバンによる加工やモノアイのLED化など少しやり過ぎてしまったかなと思った時もあり、お蔵入りも覚悟していたのですが何とか着地出来た気もしておりますのでお付き合いいただけますと幸いです(笑)。
HGUC ガブスレイ ガンプラ作例紹介&レビュー
今回は『機動戦士Zガンダム』に登場するジェリド・メサやマウアー・ファラオが搭乗したティターンズのモビルスーツであるガブスレイを作例紹介を兼ねてレビューさせていただきます。制作工程はアンテナ自作、モノアイのled化、プラ材による加工、脚の延長、ガンダムマーカーエアブラシによる塗装、スジ彫り、墨入れ、水転写デカールの貼付け等を行っており、最後につや消しトップコートで仕上げています。ガンプラに惹かれ始めた時には何とも思えなかった機体ですが、制作を何年か続ける事でその魅力に気付き今ではすっかり虜となってしまったガブスレイ・・・可変MSと言うことでMA(モビルアーマー)形態、そして憧れの中間形態も再現してみました。初見はアニメの『機動戦士Zガンダム』の再放送だったと思いますが、幼かった私にはエゥーゴ、ティターンズ、アクシズの抗争関係は複雑過ぎた事もあり、ガブスレイはただただZガンダムの格好良さに埋もれていたモビルスーツでした。このブログを続けている上で少しずつその魅力に気付き、今回はモノアイのLED化に始まり、脚部の延長やヒール化など、かなり気合いを入れて制作してみた作品なので少しでも気に入っていただけると嬉しいです。商品の方はHGUCながら内部フレームが採用され、素組みでもMS形態、中間形態、MA形態と3パターンを再現できかなりコストパフォーマンスが高いと言えそうです。ただガブスレイの奇抜とも言えるスタイルもあり、個人的には現代的なスタイルにするためには少し手を加える必要があり、可変MSという特徴が改造のハードルを高いものにしている印象を受けました。可能であれば変形機構は捨てていずれかに固定してしまった方がストレスなく効率的な作業が出来るのではないかと思っておりますのでご参考にしていただけると幸いです。
HGUC ガンダムTR-1 [ヘイズル改] ガンプラ作例紹介&バリエーション レビュー
今回は、『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』よりHGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]の作例紹介とレビューをさせていただきたいと思います。このキットは以前にも何度か作った事がありサクサク進めてしまった事と、プリムローズやフルドド及びビーム・ライフルの改造等を先行させていたため、慌てて造った事も重なりヘイズル改自体の制作記録はあまり残っておらず今回は勝手ながら割愛させていただきました(汗)。カラーバリエーション等でまた造る事もあるかと思いますが申し訳ありません・・・その変わりと言っては何なのですが、ヘイズル改を中心とした、プリムローズやフルドド、ギャプランブースーターを織り交ぜたちょっとしたバリエーションレビューも出来ればなと考えておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。
HGUC ガンダムTR-6 [ウーンドウォート] ガンプラ作例紹介&レビュー
今回は『ADVANCE OF Z』よりプレミアムバンダイさんオンライン限定販売であったHGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート](テスト機カラー)のレビューを武装のバリエーションを交えてMS形態(モビルスーツ)とMA形態(モビルアーマー)も合わせてご紹介させていただきたいと思います。ティターンズのTRシリーズ最終形態として、また機種統合計画の汎用量産型の可変モビルスーツとして、搭載されている”プリムローズII及びドラムフレーム”を核として様々な仕様に換装される事が前提とされているTR-6のオーソドックスな形態と言えるRX-124ですが、スペックの高さとその洗練されたデザインも魅力的であり、制作出来た事も非常に感激であり、当該機のクオリティーの高さと魅力を少しでもお伝え出来れば嬉しいです。
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
オンライン限定最新情報! プレミアム バンダイ