GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
9/30 更新オンライン限定商品
icon
iconRG ソードインパルス
icon
iconHG ブースター拡張セット
icon
iconMG 強化型ZZ Ver.Ka
icon
iconMG ヘイズル・アウスラ
icon
iconHG ハイゼンスレイ・ラーII
icon
iconHG TR-1次世代量産機
icon
iconHG ブースター拡張セット
icon
iconMG プリムローズ
icon
iconRG HWS拡張用セット
icon
iconHG フルドド
11/30更新 ラインナップのHG
HG ローゼンズール HG ガンダムMk-II HG ドライセン HG メッサーラ HG Zガンダム
HG S. シナンジュ HG バウンドドック HG イフリート HG シナンジュ HG シルヴァバレト S.
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
10/28更新 S. W. Kit予約中!
icon icon01 icon icon02 icon icon03 icon icon04 icon icon05
icon icon06 icon icon07 icon icon08 icon icon09 icon icon10

HGUC ハイザック 制作記録3 (モノアイの可動化とLED化)

チップLEDとメタルパーツを用いてハイザックのモノアイをLED化して可動式になるように改造した画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回はHGUC ハイザックの制作記録の3回目としてザク系モビルスーツのモノアイ可動化とLED化について制作記録をご紹介させていただきます。どちらも汎用性が高く、コストパフォーマンスに優れる改造だと思いますので参考にしていただければ幸いです。

 

 

使用したキット

今回もHGUC ハイザックを使用しました。古いキットですが格好良くて箱絵も魅力的ですね。

 

 

 

仮組み後

まずは仮組み後のハイザックの頭部ユニットからです。ここの画像は制作記録1、2と同じです。

hgucハイザックの頭部ユニットを仮組みした画像

 

 

頭部ユニットのスリット幅調整についてはこちらのレビューをご覧下さい。

HGUC ハイザック 制作記録1 (スリット幅調整)
今回はHGUC ハイザックの制作記録の一部とした頭部ユニットのモノアイを露出させているスリット幅の調整の関する改造過程をご紹介させていただきます。既になんらかの改造をはじめている方には概ね手持ちの道具のみの使用で実施出来そうなお手軽さがあるので一度検討していただければと思います。表情の変更は全体的な見た目だけでなく、制作者の思い入れにも大きく影響を与える気もします。オリジナリティを追求されている方にも是非挑戦していただきたいと思いますのでご拝読いただけますと幸いです。

 

 

モビルパイプの改修につきましてはこちらの記事をご覧下さい。

HGUC ハイザック 制作記録2 (モビルパイプ改修)
今回はHGUC ハイザックの制作記録の一部とした頭部ユニットのモビルパイプ(動力パイプ)の改修及びディテールアップをご紹介させていただきます。使う道具や材料も精密スプリングやアルミ線、手芸屋さんのビーズ等、安価なものが多いですがコストパフォーマンスに優れる加工なので是非お試しいただければと思います。

 

 

モノアイの可動化

まずはモノアイの可動化からですがタミヤさんの”プラ丸棒 2mm”を適当な長さに切ってウェーブさんの”黒い瞬間接着剤”で接着しました。

hgucハイザックにモノアイを可動化する改造を行っている画像

 

 

上で接着した2mm径のプラ丸棒にウェーブさんの”プラ=パイプ  肉薄 3mm”をカットして被せます。パイプには内径と外径がありますがこの場合は内径が大事なので肉薄を選ぶようにご注意下さい。そしてこれで内部のプラ丸棒は固定され、外側のプラ=パイプは回転出来るためモノアイを付ければ可動化が達成される事になります。

hgucハイザックにモノアイを可動化する改造を行っている画像

 

 

モノアイのLED化

ここからはモノアイのLED化方法をご紹介して行きます。クオリティーは横に置かせていただいて(汗)・・・材料と方法さえ知ってしまえば簡単に出来てしまう改造です。今回はハイキューパーツさんの”3.0mm SP プレート”にLEDを先程紹介した黒い瞬間接着剤を使って接着しました。※画像で用いていたLEDが見つからなかったので代替品を紹介させていただいています。

モノアイをLED化するためにメタルプレートにチップLEDを接着している画像

 

 

ここで3Vのボタン電池に接続して発光させてみました(本来は発光確認してから接着した方が良いです)。下の画像のようにモノアイ後方にも光が漏れているのが確認出来ると思います。尚、ボタン電池は3Vのものなら使えますが電池が小さい方が目立たなかったり、格納しやすいのでCR1220がお勧めです。

モノアイをLED化するためにメタルプレートにチップLEDを接着しボタン電池で発光させている画像

 

 

再度、黒い接着剤を塗布して光漏れを塞ぎました。ここで遮光に気を配るには頭部ユニット内で光が拡散して全体がぼんやりと光ってしまうのを防ぐために行っています。ご紹介しているような手順を踏む事でモノアイの前方にのみ目的の色の光を発する事が出来るようになります。

モノアイをLED化するためにメタルプレートにチップLEDを接着しボタン電池で発光させ、光漏れを軽減させている画像

 

 

LEDチップを接着したプレートをプラパイプに接着しました。

チップLEDとメタルプレート接着して更にプラパイプに接着した画像

 

 

上で用意したパーツを頭部ユニット内に入れたところですが・・・プレートとスリットが干渉して上手く動かないトラブルが発生です。

チップLEDとメタルプレート接着して更にプラパイプに接着したパーツをモノアイの軸に設置した画像

 

 

プレートとスリットの干渉を無くすためにスジボリ堂さんの”BMCタガネ 3.0mm”で削ってみました。たまたま手元にあっただけですので削れる道具であれば何でも大丈夫です。

チップLEDとメタルプレート接着して更にプラパイプに接着したパーツをモノアイの軸に設置した画像

 

 

これで可動域を確保出来ました。

チップLEDとメタルプレート接着して更にプラパイプに接着したパーツをモノアイの軸に設置して可動性を確認している画像

チップLEDとメタルプレート接着して更にプラパイプに接着したパーツをモノアイの軸に設置して可動性を確認している画像

 

 

そしてひとまず改造は終了・・・目付きを悪くして、可動式、そしてLEDで光るモノアイを持ったハイザックの頭部ユニットの完成です。

チップLEDとメタルパーツを用いてハイザックのモノアイをLED化して可動式になるように改造した画像

 

 

まとめ

以上がHGUC ハイザックの制作記録3回目と言う事で頭部ユニットのモノアイの可動化とLED化の方法のご紹介でした。

アイディアを思いつくまではとても難しく思えてしまう改造ですが、一度経験してしまえば二度目は意外に簡単に出来てしまいそうなのがガンプラ改造の魅力ですよね。材料も安価ですし、材料や道具のストックが増える事で今後の制作への応用にも役立つので挑戦したいなと思った時は是非チャレンジしてみていただければと思います。

改造にはケガや事故のリスクが付いて来ます。安全にはくれぐれもご配慮いただき、未成年の方はご自身の判断のみで行わないようよろしくお願い致します。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

水転写デカールによるディテールアップ方法
今回はガンプラ制作における市販の水転写デカールを使ったディテールアップ方法をご紹介させていただきます。とっかかりは難しそうなイメージもあると思いますが、水転写デカールの仕組みと使い方さえ分かってしまえば後は慣れるだけだと思いますので参考にしていただけると幸いです。
HGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]用ビーム・ライフル制作記録
今回は『Advance of Z ~ティターンズの旗のもとに~』からキット化された1/144スケール HGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]のビーム・ライフルの改造とディテールアップをご紹介したいと思います。仮組みから合わせ目消し、プラバンによるアングル制作やメインバレルの大型化、ガンダムマーカーエアブラシによる塗装、カラーチップによるディテールアップ等、実際に使用した道具や材料も合わせて制作記録をご紹介しています。
HGUC ギャプランTR-5[フライルー] 制作記録1
今回は『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』に登場するTITANS TEST TEAM用MSであるHGUC ギャプラン[フライルー]の制作記録の1回目をご紹介。別に紹介させていただいているヘイズル改やウーンドウォートのレビューが完了していない後ろめたさもありますがモチベーション維持のためフライルーにも手を出しはじめたので少しずつですが本記事も更新して行きたい思っています。本記事にはフライルーの頭部にフォーカスし、隠れがちなモノアイを露出させるための改造やプラバンによるアンテナのディテールアップ等の具体的な手順をアップしてみました。必要な材料や工具についても取り扱っておりますのでご拝読いただけると幸いです。
HGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]用シールドの制作記録
HGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]に付属するジム系用シールドの制作記録をご紹介。ガンプラのディテールアップを強力にサポートしてくれるスジボリ堂さんの”BMCタガネ”を使ったスジ彫りや”BMCダンモ”による段落ちモールドの入れ方、”セラフィニッシャー”によるバリ取りにも触れておりますのでご興味のある方はご覧いただけますと幸いです。
HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ(201912) レビュー
今回はプレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売されていたHGUC ジョニー・ライデン専用ゲルググのレビュー&作例紹介をさせていただきたいと思います。本来であればいつも通り積みプラとなる運命のキットでしたが”ゲルググウェルテクス(VERTEX)”なるモビルスーツの存在を知ってしまって居ても立ってもいられなくなって衝動的に制作してしまいました。MS-14B 高機動型ゲルググ(ジョニー・ライデン専用機)は『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』(コミック)からのエントリーで『機動戦士ガンダム』の終盤に登場したMS-14A 量産型ゲルググに増速用バックパックを追加装備させた”ゲルググの高機動型”となっています。制作工程は私の定番ではありますがちょっとした合わせ目消し→スジ彫り→モノアイのLED化→プラバンによるディテールアップ→ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装→墨入れ→水転写デカール貼付→ツヤ消しトップコートと行った感じで仕上げています。モノアイのLED化は初挑戦で少し手こずりましたが光るとやはり嬉しいものですね。今回はモノアイのLED化の制作記録までは残せてないのですが久々のゲルググの制作とあって画像多めでレビュー&作例紹介させていただきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。
GUNDAM PRESS | Product reviews related to GUNDAM & Modeling works introduction
ガンダム関連商品(MOBILE SUIT ENSEMBLE、GUNDAM FIX FIGURATION、GUNDAM FIX FIGURATION ZEONOGRAPHY、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE、METAL BUILD)のレビューとガンプラ関係(HG、RG、MG、FG)をメインとした制作物の制作記録と作例のご紹介

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

10/4 GUNDAM FIX FIGURATION情報!!

RX-78-2 RX-78-3 G3 Z plus Blue
ゲルググ(ジョニー機) Ex-Sガンダム スーパーガンダム 量産型キュベレイ ディープストライカー
オンライン限定の最新情報もチェック! プレミアム バンダイ

システムウェポンキット予約状況!

icon
icon01
icon
icon02
icon
icon03
icon
icon04
icon
icon05
icon
icon06
icon
icon07
icon
icon08
icon
icon09
icon
icon10
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク