GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
M.S.E 過去弾販売中!!
インパルスガンダム  シン·マツナガ専用ザクII 高機動型ザクII Hi-vガンダム ブルーフレーム
M.S.E.中古販売情報!
ザクII ヤクトドーガ 高機動試作型ザク ドム Zガンダム
リックディアス  マツナガ専用ザクII リゼル クェス専用ヤクトドーガ ディジェ
ディスプレイにも拘りをプラス!
ミニフライングベース ニューフライングベース プレイングベースA シンプルスタンド  マルチスタンド 
シリーズ拡大中!ロボット魂!!
RX-93ff vガンダム ヘイズル改& サザビー ハイニューガンダム バンシィ(デストロイモード)
ジオング  ドム·トローペン ザクII(黒い三連星) シナンジュ ザクタンク(グリーン·マカク)
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01 ザク レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は前回ご紹介させていただいたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)シリーズの初弾であるシャア専用ザク(ルウム戦役ver)に引続き、第二弾のザクをレビューさせていただきたいと思います。

モビルスーツアンサンブル01弾のラインナップは①ガンダム、②ザク、③Gファイター④ユニコーンガンダム(デストロイモード)、⑤MS武器セットとなっており、『機動戦士ガンダム』の主役機に加えてジオン公国軍の象徴とも言えるザク、ユニコーンガンダム(デストロイモード)と人気のMSに焦点が当てられていて魅力的なものになっています。

 

 

 

本体

まずは正面から。このちょっと不良っぽい目付きが愛らしいです。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

右側からの画像です。懐かしいですねシャア専用ザクが無数のザクを引き連れて登場したシーンが思い出されます。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

ほぼほぼ、MOBILE SUIT ENSEMBLE 00弾のシャア専用ザク(ルウム戦役ver)のカラーバリーエーションといったところですが量産型ザクのシールドにデカールはないようです。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

3mm穴の配置もシャア専用ザク(ルウムver)と一緒ですね。ただ、色違いというだけなのに双方共非常に魅力的なデザインというのには頭が下がります。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

このいじめられっこっぽいところに哀愁を感じてしまいます。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

今回もしっかりとモノアイも可動します。量産型といえどもここはぬかりなしです。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像


 

 

各種武装

付属の武装のザク・マシンガンを装備して。素晴らしく似合ってます。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

ザク・マシンガンを振り上げたポージングへ。今更ながら完璧なデザインですよね。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

ここで付属の台座を使って飛行ポーズ。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

ザク・マシンガンでエイミングしているイメージにて。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 12弾の高機動型ザクII(黒い三連星仕様)もレビューさせていただいておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 12 高機動型ザクII(黒い三連星仕様) レビュー
今回は2019年12月下旬に発売されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 12弾の高機動型ザクII(黒い三連星仕様)のレビューをさせていただきたいと思います。来ましたね06R・・・個人的には待望の高機動型ザクIIで、期待していたモビルスーツでもあり今回も画像多めでたっぷりとレビューして行きたいと思います。『機動戦士ガンダム』ではなく後のMSV(モビルスーツバリエーション)で登場する機体ですがかなりの知名度だと思います。シャアが乗っていたS型をも凌ぐ06Rですが黒い三連星仕様と言うことでカラーリングも魅力的に。今後の06Rのバリエーションも気になるところですがまずはゆっくりとレビューさせていただきたいと思います。因みにMOBILE SUIT ENSEMBLE 12弾のラインナップは①G-セルフ、②FAガンダム7号機(準備中)、③高機動型ザクII(黒い三連星仕様)、④G-セルフ 宇宙用バックパック、⑤MS武器セットとなっています。

 

 

ここからは01弾のMS武器セットから平手を導入です。ガラッと雰囲気が変わるのでMS武器セットも1つは欲しいところですかね。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

ザク・マシンガンからMS武器セットのザク・バズーカに換装・・・これも良く似合っています。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

付属の台座で浮遊感を演出してみての1枚です。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

右手にバズーカ、左手にマシンガンを装備。重装感が出て来てテンションも上がります。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

続いて、ザク・バズーカをバックパックにマウント、右手にはシュツルムファウストを装備。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像


 

 

下の画像はバックパックへのバズーカのマウントを水平にしたポージングです。この他にも斜め掛けや2本掛けなど様々な要求に応えてくれます。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

更に、右手にヒート・ホーク(クリアパーツなので塗装しています)、シュツルムファウストはバックパックにマウントと思うままにアレンジ出来るのが良いところです。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

カメラ目線も決まります。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

少し角度を変えての1枚。モノアイが動くおかげで色々な表情が楽しめます。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

最後はヒート・ホークを振り上げて!MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾のザクも満足な仕上がりでした。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の量産型ザクIIの画像

 

 

中古品販売情報

こちらではMOBILE SUIT ENSEMBLE 01 ザクの中古販売情報をご紹介させていただきます。既に販売が終了している商品なのでお探しの方はチェックしてみて下さい。

 


トレーディングフィギュアザク 「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE 01」

 

 

再販情報

こちらでは2021年11月に再販されたMOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾の情報をご紹介させていただきます。品切れや価格高騰に悩まされていた方は是非チェックしてみていただければと思います!

 

 

 

まとめ

以上がMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 01 よりザクのレビューでした。

新しく始まったシリーズということもあり、私自身も入手する機会を逸しておりましたので中古で購入しています。

1回、500円のガシャポンということでしたが、クオリティーは非常に高く、可動域も広くて様々なポージングが可能で満足できる出来映えであったと思います。モビルスーツアンサンブルの00弾に引き01弾のザクもとても魅力的な商品で是非合わせて飾っていただきたいなと思います。

個人的にはジオン派ということでザクとMS武器のみ購入したところですが、ガンダムとユニコーンガンダムも欲しくなってきたので入手しましたら別にレビューさせていただきます。

本商品は、2016年12月の発売、1回、500円の商品でした。2018年10月現在ではプレミアム化されて、かなり高値で取引されているようですが中古市場では比較的安価で入手出来るかも知れないので気になった方はチェックしてみて下さい。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 ピンセット 
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー スジ彫り彫刻刃

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。