GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
M.S.E 24弾予約開始!!
フルバーニアン シン·マツナガ専用ザクII 高機動型ザクII インパルスガンダム+フォースシルエット
M.S.E 23弾 販売中!!
エアリアル バルバトス グレイズ リック·ディアス  エアリアル用武器 
M.S.E.中古販売情報!
キュベレイセット コアトップ コアベース リガズィ ウーンドウォート
ギラ·ドーガ Sガンダム ブルーフレーム レッドフレーム パワードレッド
WAVE しいたけ量産ツール!
ディテールパンチ台形1 ディテールパンチ台形2  ディテールパンチ台形3 ディテールパンチ台形4
ディスプレイにも拘りをプラス!
ミニフライングベース ニューフライングベース プレイングベースA シンプルスタンド  マルチスタンド 
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX21 ガンダムTR-1 [ヘイズル・アウスラ](ギガンティック・アーム・ユニット装備)セット レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は2020年12月発送、プレミアムバンダイさんからのオンライン限定予約販売品のMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) EX21弾のガンダム TR-1[ヘイズル・アウスラ](ギガンティック・アーム・ユニット装備)セットを組立方法からバリエーションを交えてレビューさせていただきたいと思います。

 

 

 

外箱と付属品

まずは外箱のご紹介からです。迫力の1枚でデザインも格好良いのでテンションが上がります。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットの外箱の画像

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットの外箱の画像

 

 

付属品を一通り組立ててから全て並べた状態が下の画像です。パーツ数もかなり多く作業にはちょうど1時間掛かりました。本商品の組み立てにはニッパーが必須だと思います。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットの付属品の画像

 

 

ガンダム TR-1

ガンダム TR-1[ヘイズル・アウスラ]

最初はガンダムTR-1[ヘイズル·アウスラ](次世代量産機)からご紹介です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットのヘイズルアウスラの画像

 

 

パッと見は試作機カラーのアドバンスド·ヘイズルといった感じですが胸部ユニットがプリムーローズに変わっています。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットのヘイズルアウスラの画像

 

 

因みに頭部のアンテナは3種類同梱されていて選択式です(詳細は付属品の画像を参照下さい)。アウスラに特徴的なショルダー・ユニットも再現されていますね。

 

 

そしてバック・ショットへ。後方は特に目新しいところはないのですがビーム・サーベルの柄の取付け角度が素晴らしかったように思います。また、脚底部補助スラスター・ユニットのおかげでスタイルの良い仕上がりになっています。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットのヘイズルアウスラの画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX 27弾のハイニューガンダムセットのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX27 Hi-v(ハイニュー) ガンダムセット レビュー
今回はプレミアムバンダイさんから限定予約販売されたMOBILE  SUIT  ENSEMBLE  EX27弾のハイニューガンダムセットのレビューと商品紹介をさせていただきたいと思います。通常16弾のハイニューガンダムと似ている印象もありつつ、カラーリングの変更、ファンネルの大型化、更にハイパー·メガ·バズーカ·ランチャーが付属する点が特徴の本商品の魅力となっており、いつも通り画像多めでそのクオリティーお伝えして行きたいと思います。

 

 

そして新規に造形されたショルダー・ユニット部分にミサイル・ポッド×2を装備です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットのヘイズルアウスラにミサイルポッドを装備させた画像

 

 

更にロング・ブレード・ライフルとシールド・ブースターを装備させてフル装備です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットのヘイズルアウスラにミサイルポッドとロングブレードライフルを装備させた画像

 

 

反対側も1枚・・・

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットのヘイズルアウスラにミサイルポッドとロングブレードライフルを装備させた画像

 

 

ここからは別売りのコトブキヤさんの”ミニフライグベース”を使ってディスプレイして行きます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットのヘイズルアウスラにミサイルポッドとロングブレードライフルを装備させた画像

 

 

ミニフライグベースについては別記事にてレビューしておりますのでよろしかったらこちらの記事もご覧下さい。

ヘキサギア ミニフライングベース レビュー
六角型のジョイントシステムを軸に開発されたコトブキヤさんの新しいオリジナルメカシリーズの「ヘキサギア」。その中で2017年8月に発売されたミニフライングベースは3mm軸のジョイントが付属するため、MOBILE SUIT ENSEMBLEを様々なポージングで格好良くディスプレイする事が可能です。モビルスーツアンサンブルシリーズのワンランク上のパフォーマンスを引き出したい方にお勧めですのでレビューさせていただきます。

 

 

後方から見下ろすアングルにて・・・今回もロング・ブレード・ライフルが長過ぎるのでポージングは難易度が高いです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットのヘイズルアウスラにミサイルポッドとロングブレードライフルを装備させた画像

 

 

こちらは側面から撮影したヘイズル・アウスラです。しかし、アウスラまでまで商品化されるなんて素晴らしくマニアックなシリーズですね。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)セットのヘイズルアウスラにミサイルポッドとロングブレードライフルを装備させた画像


 

 

ガンダム TR-1[ヘイズル・アウスラ](ギガンティック·アーム·ユニット装備形態)

組立方法

ここからはヘイズル·アウスラ(ギガンティック·アーム·ユニット装備形態)の組立方法からです。まずは付属の台座を用意します。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)に付属する台座の画像

 

 

続いてヘイズル·アウスラを下の画像の矢印部分に注意して固定します。かなりしっかりとしているので崩落の心配はなさそうです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)の組立方法の紹介画像

 

 

フルドドのバインダー·ユニットをアウスラのブースター·ポッドにセットし(赤矢印部分)、これにフルドドIIユニット×2を接続···更にフルドドIIの後部ラッチを台座のジョイントに固定します(緑矢印部分)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)の組立方法の紹介画像

 

 

そしてフルドドIIユニットの側面ラッチにギガンティック·アーム·ユニットを装着させます。格好良いですね。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)の完成画像

 

 

後方に戻ってマルチ·アーム·ユニット+強化型ウィンチ·キャノン×2を下の画像の矢印部分に装着して完成です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)の組立方法の紹介画像

 

 

と言う事でヘイズル·アウスラ(ギガンティック·アーム·ユニット装備形態)の完成です。昔からの夢がまた一つ叶いました。同じ思いの方も多いのではないでしょうか(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)の組立方法の紹介画像

 

 

肝心のギガンティック·アーム·ユニットも5指が独立し、関節も動くので仕上がりも素晴らしくマニュピュレーターだけでも下の画像のように表情を付ける事が可能です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)の完成画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX26弾のナイチンゲールのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX26 ナイチンゲール レビュー
今回はプレミアムバンダイさんから限定予約販売された人気シリーズMOBILE  SUIT ENSEMBLE のEX26弾の『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』よりナイチンゲールのレビュー及び商品紹介をさせていただきたいと思います。またエキストラ弾として破格のサイズになっているという事もあり組立方法が少し難解になっておりますので組立方法についても画像を交えてご紹介して行きます。

 

 

ポージング

ここからはガンダムTR-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティック·アーム·ユニット装備形態)をポージングを交えてご紹介して行きます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)の画像

 

 

ギガンティック·アーム·ユニットは肩、肘、手首、指まで動くのでポージングの自由度はかなり高いです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)の画像

 

 

下の画像では指(10連小型メガ粒子砲)を開いた状態です。各指はボールジョイントで接続されており表情もとても豊かです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)の画像

 

 

アングルも単調になって来たのでコトブキヤさんの”ニューフライングベース”を導入して撮影する事に···フライト状態感が演出出来て良い感じに(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)をニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

これだけ大きいアーム·ユニットだと多少の攻撃は無力化してしまいそうです。装甲としての機能も十分期待出来そうですね。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)をニューフライングベースでディスプレイした画像


 

 

そして空間を漂うようなイメージにての1枚です。何気ないワンショットも格好良いです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)をニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

ロング·ブレード·ライフルを持たせたポージングへ。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)にロングブレードライフルを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

決めポーズも良い感じに仕上がりますが強化型ウィンチ·キャノンはない方が調子が良い感じがします。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)にロングブレードライフルを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

ここで付属アンテナのバリエーション紹介へ。高性能光学センサー·ユニットからヘイズル改用のノーマル·アンテナへ。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)にロングブレードライフルを装備させて高性能光学センサーユニットからノーマルセンサーに換装してニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX09弾のインレのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX09 TR-6 インレ レビュー2回目
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第二十一弾のEX09弾には待望のガンダム TR-6[インレ]が発売となりました。レビュー1回目では、『ADVANCE OF Z』における設定の考察とハイゼンスレイIIのバリエーションを紹介しましたが、今回はダンディライアンII、ファイバーII、更にインレのMA/MS形態をご紹介させていただきたいと思います。モビルスーツアンサンブルならではのプレイバリューも高く、画像多めで盛り沢山の内容となっておりますので是非ご覧下さい。

 

 

個人的にはツインアイが見えた方がイケメンではないかなと思うのでこちらの方が好みです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)にロングブレードライフルを装備させて高性能光学センサーユニットからノーマルセンサーに換装してニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

高性能光学センサー·ユニットはほぼフルフェイスと言う事もありアンテナ一つでかなり印象が変わるのでお試しいただきたいバリエーションです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)にロングブレードライフルを装備させて高性能光学センサーユニットからノーマルセンサーに換装してニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

そして苦手な強化型ウィンチ·キャノン装備状態へ。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)に強化型ウィンチキャノンとロングブレードライフルを装備させて高性能光学センサーユニットからノーマルセンサーに換装してニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

強化型ウィンチ·キャノンはマルチ·アーム·ユニット経由でフルドドIIの後部ラッチから展開させておりバレル部分はスライド式で開放状態を再現可能です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)に強化型ウィンチキャノンとロングブレードライフルを装備させて高性能光学センサーユニットからノーマルセンサーに換装してニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

そしてガンダムTR-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティック·アーム·ユニット装備形態)のラストショットです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)に強化型ウィンチキャノンとロングブレードライフルを装備させて高性能光学センサーユニットからノーマルセンサーに換装してニューフライングベースでディスプレイした画像


 

 

ガンダム TR-6

ガンダム TR-6[ウーンドウォート·ラー](ギガンティック·アーム·ユニット装備形態)

ここからはギガンティック·アーム·ユニット装備のバリエーションとして04弾のウーンドウォートを流用してガンダムTR-6[ウーンドウォート·ラー]をコアとした形態をご紹介して行きます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と04弾のウーンドウォートを組み合わせたウーンドウォートラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

ギガンティック·アーム·ユニットはフルドドIIを介して装着されるためフルドドIIを装備可能な仕様であればウーンドウォートでもハイゼンスレイIIでも装備出来ます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と04弾のウーンドウォートを組み合わせたウーンドウォートラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

アウスラ·ベースも良かったですがウーンドウォート·ベースも格好良いですね。華奢なシルエットと豪快な巨腕のミスマッチが堪りません(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と04弾のウーンドウォートを組み合わせたウーンドウォートラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

因みにMOBILE  SUIT  ENSEMBLE 04 ウーンドウォートのレビューはこちらからどうぞ。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 04 ウーンドウォート レビュー
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第五弾となる04弾のラインナップは①vガンダム、②ウーンドウォート、③ケンプファー、④ブースターベッド、⑤MS武器セットとなっています。今回は、このうち、ウーンドウォートをレビューさせていただきます。

 

 

続いてギガンティック·アーム·ユニットをダラりと吊り下げた状態です。何気ない1枚にもテンションが上がってしまいます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と04弾のウーンドウォートを組み合わせたウーンドウォートラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

そしてウーンドウォート·ラーのギガンティック·アーム·ユニット装備形態のラストです。アウスラ並みに相性の良い結果でしたのでウーンドウォートをお持ちの方には是非、お試しいただきたいと思います。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と04弾のウーンドウォートを組み合わせたウーンドウォートラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

ガンダム TR-6[ハイゼンスレイII·ラー](ギガンティック·アーム·ユニット装備形態)

ここからはMOBILE  SUIT  ENSEMBLE 09弾のガンダムTR-6[ハイゼンスレイII]を用いたハイゼンスレイII·ラー(ギガンティック·アーム·ユニット装備形態)へ。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と09弾のハイゼンスレイIIを組み合わせたハイゼンスレイIIラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

正直、ヘイズル·アウスラとウーンドウォートの方がバランスは良さそうですが実際はハイゼンスレイIIの方が2倍くらい大きいのでサイズ的にはしっくり来るかも知れないですね。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と09弾のハイゼンスレイIIを組み合わせたハイゼンスレイIIラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

こちらはカメラ目線でギガンティック·アーム·ユニットで迫るハイゼンスレイII·ラーです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と09弾のハイゼンスレイIIを組み合わせたハイゼンスレイIIラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

HGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]の作例紹介及びバリエーションレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

HGUC ガンダムTR-1 [ヘイズル改] ガンプラ作例紹介&バリエーション レビュー
今回は、『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』よりHGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]のガンプラ作例紹介とバリエーションレビューをさせていただきたいと思います。このキットは以前にも何度か作った事がありサクサク進めてしまった事と、プリムローズやフルドド及びビーム・ライフルの改造等を先行させていたため、慌てて造った事も重なりヘイズル改自体の制作記録はあまり残っておらず今回は勝手ながら割愛させていただきました(汗)。カラーバリエーション等でまた造る事もあるかと思いますが申し訳ありません・・・その変わりと言っては何なのですが、ヘイズル改を中心とした、プリムローズやフルドド、ギャプランブースーターを織り交ぜたちょっとしたバリエーションレビューも出来ればなと考えておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。

 

 

ここからはハイゼンスレイIIのフェイスパーツを交換したバリエーションへ。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と09弾のハイゼンスレイIIを組み合わせたハイゼンスレイIIラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

ガンダムらしいへの字型が見えて親しみやすい気もしますが両サイドのカバーが長過ぎる気もします。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と09弾のハイゼンスレイIIを組み合わせたハイゼンスレイIIラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

こちらは上方の敵機に応戦しようしているイメージにて。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と09弾のハイゼンスレイIIを組み合わせたハイゼンスレイIIラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

という事でこちらにフェイス·パーツにラストの画像です。個人的にはヘイズル·アウスラがベストですかね(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と09弾のハイゼンスレイIIを組み合わせたハイゼンスレイIIラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

最後はハイゼンスレイII·ラー(ギガンティック·アーム·ユニット装備形態)の横顔で決めポーズです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)ex23弾のガンダムtr-1[ヘイズル·アウスラ](ギガンティックアームユニット装備)と09弾のハイゼンスレイIIを組み合わせたハイゼンスレイIIラーにギガンティックアームユニットを装備させてニューフライングベースでディスプレイした画像

 

 

中古品販売情報

こちらでは中古品の販売情報をご紹介させていただきます。MOBILE SUIT ENSEMBLE のEX弾は再販がない限り正規ルートでの購入が難しくなってしまいますが中古品であれば取引されている場合もありますのでご興味のある方はチェックしてみて下さい。

 


トレーディングフィギュア機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE EX23 ギガンティック・アーム・ユニット装備セット プレミアムバンダイ限定

 

 

まとめ

以上が2020年12月にプレミアムバンダイさんから予約販売されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) EX21弾のガンダム TR-1[ヘイズル・アウスラ](ギガンティック・アーム・ユニット装備)のレビューでした。

コア·モビルスーツとなるヘイズル·アウスラでは胸部ユニットのプリムローズIIが再現されており、外観の変化こそ小さかったですが拘りの強いファンには嬉しいポイントだったと思います。

また、特筆すべきは今回目玉のギガンティック·アーム·ユニットで、小型の商品シリーズにおけるスケール·メリットを存分に生かしたケースと思われ、各関節はもちろんの事、ボール·ジョイントを採用した五指に加えての指関節の可動化は素晴らしかったです。

バリエーションに至っては本商品付属のガンダムTR-1に加えて以前発売されたガンダムTR-6のウーンドウォートやハイゼンスレイIIとも組み合わせて遊べるのでプレイバリューも高いと思います。

以上が本商品の魅力として書かせていただいたものですが、シンプルに目の前でギガンティック·アーム·ユニット装備型を再現出来た事が最も嬉しいところだったりしました。設定資料のみでは汲取りにくい部分を補完してガンプラ制作に生かして行けたらと思っています(笑)。本商品はプレミアムバンダイさんからのオンライン限定販売品、定価は6,600円、2020年12月発送品でした。オンラインでの販売は終了していますが一般市場でみ既に流通され始めているので興味のある方はチェックしてみて下さい。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。