GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
5/2更新オンライン限定商品
icon
iconHG ウェルテクス
icon
iconHG バーザム R.B.版
icon
iconRG 量産型ズゴック 
icon
iconHG バーザム(鹵獲仕様) 
icon
iconRG シン·マツナガ ザクII 
icon
iconHG ガンダムMk-III
icon
iconMG ガンダムMk-V
icon
iconHG TR-1次世代量産機
icon
iconRG 黒い三連星ザクII
icon
iconHG Bst.拡張セット
3/18更新 お手頃価格のHG
シャア専用ザクII ザクII 高機動戦型ザクII ガンダムMk-II Zガンダム
シナンジュ  シナンジュ·スタイン R.ジャジャ ハイゴック グスタフ·カール
12/1更新 圧倒的ディテールのRG
RG フォース I. RG ジオング RG ニューガンダム RG サザビー RG E.M.専用ザクII
RG S. インパルス RG S.M.専用ザクII RG バンシィ・ノルン RG フェネクス RG U.L.専用ザクII
4/12更新 RE/100再販情報
icon iconRE/100 ハンマ·ハンマ icon iconRE/100 ディジェ icon iconRE/100 バウ  icon iconRE/100 ヤクトドーガ  icon iconRE/100 ヤクトドーガ

FG Gパーツ[フルドド] ガンプラ作例紹介&バリエーション レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は『アドバンス・オブ・Z ティターンズの旗のもとに』から、2006年2月号の電撃HOBBY MAGAZIN付録であったFG版のフルドドのバリエーションのレビューをさせていただきたいと思います。

2019年9月現在ではプレミアムバンダイさんからHGUC版のフルドドも予約販売されており嬉しい限りですが、今回ご紹介するFG版は白一色で、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装も行ってみておりますので巻末の制作記録にも目を通していただけると幸いです。

フルドドのバリエーションについてはフルドド+プリムローズ、フルドド×2、フルドド+ギャプラン・ブースター等をご紹介したいと考えております。2019年11月現在でもこれらの商品の予約はまだまだ可能ですので予約していない方がいらっしゃたら是非チェックしてみて下さい!

icon
icon
icon
icon

 

フルドド バリエーション

フルドド(FF-X29A)

まずは基本となるG-パーツ[フルドド]の単機から。FG版フルドドもHGUC化されるまではプリムローズ同様にかなりプレミアム化されていた上に貴重であったため制作するきっかけが無かったのですがこうして完成してくれると感慨深いものがあります。

FG版 Gパーツ[フルドド]をガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装してディテールアップした作例の正面からの画像

 

 

続いて右側からの画像です。FG版フルドドもFG版プリムローズ同様に成形色は白一色なので着色部分はガンダムマーカーエアブラシで塗装しています。塗装に慣れていなかったのでリタッチが多くムラも多いです(汗)。

FG版 Gパーツ[フルドド]をガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装してディテールアップした作例の右側からの画像

 

 

ガンダムマーカーエアブラシのレビューも書いていますので良かったらご覧下さい。

ガンプラ塗装用ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

そして反対側から・・・制作は目立つ部分のみの合わせ目消し、スジ彫り、スミ入れ、プラ板やカラーチップと水転写デカールの貼付け、仕上げにつや消しのトップコートで仕上げています。

FG版 Gパーツ[フルドド]をガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装してディテールアップした作例の左側からの画像

 

 

カラーチップの作り方はこちらからどうぞ。

ガンプラディテールアップ用カラーチップの作り方について
今回はガンプラ制作のディテールアップで良く使われるカラーチップ(レッドチップ等)の作り方をご紹介させていただきます。お手軽ながらガンプラに貼付けるだけでも大きな変化を生み出してくれるコスパの高い手法なので是非トライしてみていただきたい方法です。最近発売されたGSIクレオスさんのガンダムマーカーエアブラシシステムとの相性も良いので合わせて使うとかなり情報量アップ効果が期待出来ると思います。

 

 

上方からの1枚。ガンダムマーカーエアブラシとは言え初めての塗装なので色々と苦労はしたのですが、スラスター部分の塗り分けが個人的には一番難しかったです。良い勉強にはなりましたがHGUC版ではパーツ分けされているようなのでこれから作ろうと言う方にはHGUCがお勧めです。

FG版 Gパーツ[フルドド]をガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装してディテールアップした作例の上方からの画像

 

 

フルドドのクロウ・ウィング・ユニットにエネルギー・パックを装備させての1枚です。『アドバンス・オブ・Z』のムック本に載せられていたので再現してみたかったのですが黄色が良いアクセントになっていますね。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニットにエネルギー・パックを装備させた画像

 

 

向かって左側のクロウ・ウィング・ユニットのクロウ部分は展開状態が再現可能です。ここは肉抜きが目立つと思ったのでプラバンでディテールを足してみました。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニットのクロウを展開させた画像

 

 

クロウ部分にロング・ブレード・ライフルを装備させた状態も再現出来ます。

 

 

ちょっと退いた画像で。機体下部にもロング・ブレード・ライフルを装備させているのでFG Gパーツ[フルドド]を2キット使用しています。素晴らしいデザインですね。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニットのクロウを展開させてロング・ブレード・ライフルを装備させた画像

 

 

フルドド+プリムローズ

ここからはプリムローズとフルドドの組み合わせをご紹介して行きます。まずはプリムローズ単体の画像からです。小さくてかわいらしいです。

FGプリムローズの画像

 

 

プリムローズのレビューはこちらからどうぞ。

FG 第1種兵装系統 プリムローズ ガンプラ作例紹介&バリエーション レビュー
今回は2007年1月号の電撃HOBBY MAGAGINEの付録であった緊急脱出用ポッドのプリムローズの作例紹介とレビューの1回目として、ヘイズル改のバックパックであるブースターポッドをコア形態とした第1種兵装系統をご紹介させていただきたいと思います。2019年現在でガンダムは生誕40周年を迎え、ガンプラも魅力的な商品がラインナップされて行く中、ついにプレミアムバンダイにおいて人気シリーズのアドバンス・オブ・Zから待望のプリムローズのHG化が実現!プレミアム化されたFGキットを複数購入していた者としては若干のショックもありましたが、造る踏ん切りが付いた感じもしています(笑)。自分好みの改造に加えて、プリムローズの見所でもある拡張性も再現してみたいと思っていますので、ブースター・ポッド、シールド・ブースター、強化型シールド・ブースター等のバリエーションも追求して行きたいと思っていますのでご覧いただけますと幸いです。

 

 

FG版ではフルドド側にコネクターが付属しており、このコネクターを使ってブースター・ポッド経由でフルドドをプリムローズと接続させます(下の画像でブースター・ポッドに付けてあるパーツ)。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態の画像

 

 

下は右側からの画像です。フルドド自体がかなりフラットな形状なので角度によってはかなりボリュームが少なくなったように見えます。被弾しにくい設計だったりするのですかね。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態の画像

 

 

そして反対側から・・・作業はかなり大変でしたが苦労は報われた気がします(笑)。しかし、撮影中もディテールが取れそうでヒヤヒヤしながらなので早く終えたいところです。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態の左側からの画像

 

 

フルドド+プリムローズの合体形態の真正面からの1枚です。発色も良いですかね・・・ガンダムマーカーも優秀です。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態の真正面からの画像

 

 

続いてプリムローズ側のオプション・バインダーを介しての武装を接続して行きます。上段が武装前、下段がミサイル・ポッド×2装備後です。因みにクロウ・ウィング・ユニットにはエネルギー・パックもマウントさせてみました。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態にミサイル・ポッドを装備させる前の画像

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態にミサイル・ポッドを装備させた画像

 

 

下はミサイル・ポッド×2武装のプリムローズ+フルドドの上方からのワンショットです。所々に見える黄色が目を引きます。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態にミサイル・ポッドを装備させた画像

 

 

更に左側のミサイル・ポッドをサブ・アーム・ユニットを介して試作型ウィンチ・キャノンに換装した形態へ。プリムローズの第1種兵装のシールド・ブースターの変わりにフルドドを接続したパターンです。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態にミサイル・ポッドと試作型ウィンチ・ビームキャノンを装備させた画像

 

 

更に更に、フルドドのクロウ・ウィング・ユニットにロング・ブレード・ライフルを装備させての撮影です。アンバランスな感じもまた試作機っぽくて好みです。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態にミサイル・ポッドと試作型ウィンチ・ビームキャノンとロング・ブレード・ライフルを装備させた画像

 

 

プリムローズ右翼の試作型ウィンチ・キャノンを左翼のミサイル・ポッドと入れ替えた形態へ。左右の火力と重量のバランスが改善された感じがします。ついでに試作型ウィンチ・キャノンのバレルも開放させた状態へ。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態にミサイル・ポッドと試作型ウィンチ・ビームキャノンとロング・ブレード・ライフルを装備させた画像

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態にミサイル・ポッドと試作型ウィンチ・ビームキャノンとロング・ブレード・ライフルを装備させた画像

 

 

反対側及び真正面からの画像で最後です。バリエーションが多いのでかなり混乱しましたが、そういうところもA.O.Zの魅力ですよね。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態にミサイル・ポッドと試作型ウィンチ・ビームキャノンとロング・ブレード・ライフルを装備させた画像

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドドをドッキングさせた形態にミサイル・ポッドと試作型ウィンチ・ビームキャノンとロング・ブレード・ライフルを装備させた形態の真正面からの画像

 

 

フルドド+プリムローズ+ギャプラン・ブースター

ここからはフルドドとプリムローズの合体形態にギャプラン・ブースターを装備した形態へ・・・至福の時間です(長かった・・・)。

フルドドにプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

上方から・・・機体の長さがお伝え出来ているのではないでしょうか。

フルドドにプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

クロウ・ウィング・スラスターを展開して(上)、ロング・ブレード・ライフルを装備させてみました(下)。付録グレードとは言え線がしっかりと出ていて理想的なラインが出ている気がします。

フルドドにプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

フルドドにプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

フルドド+プリムローズ+ギャプラン・ブースター形態の最後の1枚。因みにギャプラン・ブースターはアクションベースに乗せているだけなので2、3回落としていたりと苦労しています・・・壊れなくて良かったです(笑)。

フルドドにプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

フルドド(Gトップ形態)

フルドドのウィング・ユニットは左右非対称となりうる事も特徴で、左翼がスラスター・ウィング・ユニット、右翼をクロウ・アーム・ユニットとした描写が多いのですが、戦況に応じた換装が可能で下の画像のように両翼をスラスター・ウィング・ユニットにした形態をフルドドのGトップ形態と呼びます

FG版 Gパーツ[フルドド]のスラスター・ウィング・ユニット×2のGトップ形態の画像

 

 

スラスター・ウィング・ユニットはシンプルな推進装置としての機能があり、双翼をスラスター・タイプに揃える事で機動性を向上させたフルドドの運用が可能になります。武装はノーズ・センサー・ユニットのキャノン砲のみですが推進剤の積載量の点で航続性にもアドバンテージありです。

FG版 Gパーツ[フルドド]のスラスター・ウィング・ユニット×2のGトップ形態の画像

 

 

因みにフルドド(Gトップ形態)を再現するにも2キットが必要となります。ヘイズル・ラー(第ニ形態)の再現などにも使えるので余裕があれば複数個持っていても損はないかと思いますので是非(笑)。

FG版 Gパーツ[フルドド]のスラスター・ウィング・ユニット×2のGトップ形態の左側からの画像

 

 

そしてGトップ形態最後の1枚です。今回のフルドドのバリエーションレビューに当たり、ウィング・ユニットを計4枚制作したのでかなり骨が折れましたがそれに見合うものは得られた気もしています。

FG版 Gパーツ[フルドド]のスラスター・ウィング・ユニット×2のGトップ形態の上方からの画像

 

 

フルドド(Gトップ形態)+プリムローズ

ここからはフルドド(Gトップ形態)+プリムローズを・・・スラスター・ウィング・ユニット2枚を装備したフルドドの高機動形態をプリムローズに装着した形態へ。

フルドド(Gトップ形態)にプリムローズを装備した画像

 

 

右側から。武装はプリムローズの試作型ウィンチ・キャノン、ミサイル・ランチャーからの組み合わせとフルドドのノーズ・キャノンとなります。

フルドド(Gトップ形態)にプリムローズを装備した画像

 

 

左側から。フルドドのウィング・ユニット自体はシールドとしての機能も有しているので上方からの防御性能向上していそうですね。こう言った点ではプリムローズの第1種兵装の発展型と言えますね。

フルドド(Gトップ形態)にプリムローズを装備した画像

 

 

真正面からのワンショット。各ユニットの接続部が細く繊細なイメージです。かなり好みのシルエットです。

フルドド(Gトップ形態)にプリムローズを装備した画像

 

 

フルドド(Gトップ形態)+プリムローズ+ギャプラン・ブースター

ここからはフルドド(Gトップ形態)+プリムローズに更にギャプラン・ブースターを装着させた形態をご紹介して行きます・・・まずは正面から。大迫力です。

フルドド(Gトップ形態)にプリムローズを装備した画像

 

 

バックスクリーンが黒と言うこともあってか宙域を航行しているような雰囲気をみせてくれました。リビングの証明で撮影していますが神々しい感じもしてしまいます。

フルドド(Gトップ形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

プリムローズの武装がメインとなり、下の画像では試作型ウィンチ・キャノンとミサイル・ランチャーが1基づつです。

フルドド(Gトップ形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

更にプリムローズの左翼の武装をミサイル・ランチャーから試作型ウィンチ・キャノンに換装してメガ粒子砲×2に火力アップです。

フルドド(Gトップ形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

左側から。プリムローズ+フルドド(Gトップ形態)+ギャプラン・ブースター最後の1枚です。

フルドド(Gトップ形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

フルドド(Gベース形態)

ここからは、Gパーツ[フルドド]の双翼をクロウ・ウィング・ユニットに換装した形態で、フルドド(Gベース形態)と呼ばれる形態です。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の正面の画像

 

 

少し右側からです。個人的にはクロウ・ウィング・ユニットのデザインがかなり好きです・・・安易な選択でしょうか。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の右側からの画像

 

 

左側からも。左右対象なので変化ないのですがお付き合い下さい。因みにクロウ・ウィング・ユニットの武装はクロウそのものと内蔵されているビーム発生装置を使ったビーム・サーベル、ロング・ブレード・ライフルを使ったキャノン砲とかなりのラインナップです。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の左側からの画像

 

 

クロウ・ウィング・ユニットのマウント・ラッチにはエネルギー・パックを保持させる事も出来ます。因みにHGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]から流用しています。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態にエネルギー・パックを保持させた画像

 

 

黄色がアクセントとなり良く効いてくれてます。フルドドのGトップ形態からGベース形態への換装によって運用方法が大きく切り替わり、機動性の変わりの高い格闘能力が付与される事に。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の双翼のクロウを展開させてロング・ビーム・ライフルを保持させた画像

 

 

下の画像では双翼のクロウ・ユニットを展開させた状態。カブスレイやハンブラビ等のクロウを持ったMSと共通の武装です。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の双翼のクロウを展開させた画像

 

 

反対側から。クロウ内部の合わせ目の消し忘れが恥ずかしいですがこのまま行かせていただきます・・・因みにここにビーム発生装置が内蔵されている設定です。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の双翼のクロウを展開させた画像

 

 

更にエネルギー・パックをラッチにマウントしての画像もアップさせていただきます。スラスター・ウィング・ユニットにはこういった機能も無かったので上手く差別化が計られてますね。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態にエネルギー・パックを保持させた画像

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態にエネルギー・パックを保持させた画像

 

 

上でも書きましたが、ビーム発生装置はロング・ブレード・ライフルと連結させることでビーム・キャノンとしても機能。これはかなり強力そうですね、長物なので迫力もあります。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の双翼のクロウを展開させてロング・ビーム・ライフルを保持させた画像

 

 

反対側から、格好良いですね。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の双翼のクロウを展開させてロング・ビーム・ライフルを保持させた画像

 

 

Gベース形態左右対称言う事で機体下部に懸架していたロング・ブレード・ライフルも左翼にも接続させてダブル・ビーム・キャノン状態も可能。ノーズ・ビームキャノンも合わせてかなりの火力になりそうです。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の双翼のクロウを展開させてロング・ビーム・ライフル×2を保持させた画像

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の双翼のクロウを展開させてロング・ビーム・ライフルを保持させた画像

 

 

更にエネルギー・パック×2もウィング・ユニットのラッチに保持させた状態へ。前線への増援と弾倉の供給も出来そうです。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の双翼のクロウを展開させてロング・ビーム・ライフル×2とエネルギー・パック×2を保持させた画像

 

 

そして全体像へ。ここまで来るとかなりモビルアーマーっぽさが出て来る気がします。クロウ部分のロング・ブレード・ライフルの保持も十分です、付録とは思えない感じですが、ただただ塗装ハゲが怖いです・・・

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の双翼のクロウを展開させてロング・ビーム・ライフルを保持させた画像

 

 

反対側からも・・・人型でないのが新鮮な気分にさせるのでしょうかね。燃費無視の高火力仕様と言ったところですが魅力的です。

FG版 Gパーツ[フルドド]のクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態の双翼のクロウを展開させてロング・ビーム・ライフルを保持させた画像

 

 

フルドド(Gベース形態)+プリムローズ

ここからはプリムローズにフルドド(Gベース形態)を合体させた形態へ。プリムローズには試作型ウィンチ・キャノン×2、フルドド(Gベース形態)にはロング・ブレード・ライフル×2を装備させています。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドド(Gベース形態)をドッキングさせた形態に試作型ウィンチ・ビームキャノン×2とロング・ブレード・ライフル×2を装備させた画像

 

 

右側からと真正面からの画像へ。当時は付録のみの販売でしたがこれはテンションが上がりますよね。オンライン限定とは言え良い時代になりましたね。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドド(Gベース形態)をドッキングさせた形態に試作型ウィンチ・ビームキャノン×2とロング・ブレード・ライフル×2を装備させた画像

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドド(Gベース形態)をドッキングさせた形態に試作型ウィンチ・ビームキャノン×2とロング・ブレード・ライフル×2を装備させた画像

 

 

左側からの画像です。似たような画像で恐縮ですがキットが壊れそうで精神と集中力を保てず、一度バラすと組み立てたくない印象だったので多めに撮影してますのでご容赦を(笑)。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドド(Gベース形態)をドッキングさせた形態に試作型ウィンチ・ビームキャノン×2とロング・ブレード・ライフル×2を装備させた画像

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドド(Gベース形態)をドッキングさせた形態に試作型ウィンチ・ビームキャノン×2とロング・ブレード・ライフル×2を装備させた画像

 

 

かなり退いた画像を1枚。見下ろす格好で撮った1枚ですがザリガニにも見えますよね。

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドド(Gベース形態)をドッキングさせた形態に試作型ウィンチ・ビームキャノン×2とロング・ブレード・ライフル×2を装備させた画像

 

 

と言う事でGパーツ[フルドド](Gベース形態)にプリムローズを合体させて試作型ウィンチ・キャノン×2とロング・ブレード・ライフル×2装備形態ラストの画像で最後です。この形態も格好良かったです!

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドド(Gベース形態)をドッキングさせた形態に試作型ウィンチ・ビームキャノン×2とロング・ブレード・ライフル×2を装備させた画像

FGの緊急脱出ポッドプリムローズにGパーツフルドド(Gベース形態)をドッキングさせた形態に試作型ウィンチ・ビームキャノン×2とロング・ブレード・ライフル×2を装備させた画像

 

 

フルドド(Gベース形態)+プリムローズ+ギャプラン・ブースター

続いてプリムローズにフルドド(Gベース形態)を合体させた形態に更にギャプラン・ブースターを装備させた形態へ・・・まずは全体像からですがこちらも非常に長いです(笑)。

フルドド(Gベース形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

お次は正面からです。フルドド(Gベース)越しに見えるギャプラン・ブースターが良いですね。因みにギャプラン・ブースターは一般販売のHGUC ギャプランから流用しています。

フルドド(Gベース形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

再び少し退いてのサイドショットですね。ギャプラン・ブースターは全体の2/3くらいありそうですね。

フルドド(Gベース形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

フルドド(Gベース形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

左側から。ギャプラン・ブースターは整形色が緑なのでガンダムマーカーエアブラシで塗装しています。ガンダムマーカーの白色は”ガンダムマーカー アドバンスセット”のホワイトを使用しています。

フルドド(Gベース形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

ここからは後部のギャプラン・ブースターからの画像を・・・やっぱり大きいですね。中々、良い写真が撮れなかったのですがここも大きな魅力の一つですよね。

フルドド(Gベース形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

フルドド(Gベース形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

それでは最後にプリムローズ+フルドド(Gベース形態)+ギャプラン・ブースターの全体像で・・・大満足です。

フルドド(Gベース形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

フルドド(Gベース形態)にプリムローズとギャプラン・ブースターを装備した画像

 

 

フルドド×2(MA形態)

ここからはGパーツ[フルドド]2機を合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態をご紹介して行きます。設定画でよく見られる上部がスラスター・ウィング・ユニット×2としたGトップ形態、下部がクロウ・ウィング・ユニット×2のGベース形態です。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態の画像

 

 

右側から。パイロットは上部フルドドに一人、下部フルドドに一人ずつ登場出来ますが、分離後の独立運用を考慮しなければ一人でMA形態のフルドドを操作出来るようですね。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態の画像

 

 

左側上方から。上でも少し書きましたがこの状態からGトップ形態とGベース形態に分離可能で、逆に合体も出来ます。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態の画像

 

 

ここでフルドド(MA形態)にロング・ブレード・ライフル×2を装備させた形態へ。やっぱり武装させると格段に格好良くなります。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にロング・ブレード・ライフルを装備させた形態の画像

 

 

右側からの画像。スラスター・ウィング・ユニット×2の推進力に加え、クロウ・ウィング・ユニットのロング・ブレード・ライフルとノーズ・ビーム・キャノン×2もあって火力も十分です。かなり強力な機体に変貌です。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にロング・ブレード・ライフルを装備させた形態の画像

 

 

左側から。クロウ部分から伸びるロング・ブレード・ライフルのシルエットもきれいですね。制作には苦労しましたが素晴らしいキットです。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にロング・ブレード・ライフルを装備させた形態の画像

 

 

Gトップのウィング・ユニットの影になってしまっていて殆ど見えないですがクロウ・ウィング・ユニットのラッチにはエネルギー・パックもマウント可能です。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にロング・ブレード・ライフルを装備させた形態の画像

 

 

ここからはクロウ部分のビーム発生装置に連結していたロング・ブレード・ライフルをGベース後方に格納した形態を。下の画像の角度だとあまり見えませんが・・・

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にロング・ブレード・ライフルを格納させた形態の画像

 

 

後方から見るとかなりの長さです。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にロング・ブレード・ライフルを格納させた形態の画像

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にロング・ブレード・ライフルを格納させた形態の画像

 

 

もう一度前方に戻って。塗装ハゲや破損は恐いですがウィング・ユニットもかなりフレキシブルに可動します。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にロング・ブレード・ライフルを格納させた形態の画像

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にロング・ブレード・ライフルを格納させた形態の画像

 

 

そしてフルドド(MA形態)のロング・ブレード・ライフル×2格納形態ラストの画像です。これも格好良かったです。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にロング・ブレード・ライフルを格納させた形態の画像

 

 

フルドド×2(MA形態)+ギャプラン・ブースター(Gアーマー形態)

ここからはフルドド×2(MA形態)にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドのGアーマー形態をご紹介して行きます。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

 

 

これまた撮影者泣かせの超長物です・・・しかし、せっかく造ってもブログをやっていなかったら写真に収める事も無かったと思うので良い機会です。これは一度バラしたらもう組みたくない印象でした。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

 

 

こちらがフルドドのGアーマー形態の真正面からの1枚です。神々しい感じがしてしまいます。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

 

 

更に退いた画像を1枚。アクションベースとの相性が良ければもう少しダイナミックな画像も撮れる気がしますが・・・良いのが見つかったら再度撮影してアップさせていただきます。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

 

 

ここからはギャプラン・ブースターを装着してロング・ブレード・ライフル×2格納状態のフルドドのGアーマー形態へ。このアングルだと少し見えにくいですがしっかりとあります(笑)。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

 

 

かなりズームアウトしてのカットです。こちらはGベースのクロウ・ウィング・ユニットの後方に格納されているロング・ブレード・ライフルをしっかりと確認する事が出来ますね。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

 

 

左右対称なのですがお約束で反対側からの1枚です。設定によるとフルドドのGアーマー形態はギャプラン・ブースターは勿論の事、Gトップ形態とGベース形態への分離、逆にGトップ形態とGベース形態の合体も可能なようです。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

 

 

更に上から見下ろすアングルで・・・単に左右のアングルを替えるだけでもバックスクリーンの大きさがギリギリなので全パーツの大移動を伴います。その度に転倒したり取り付け角度を見直したりとかなり精神が削り取られています(汗)。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

 

 

今度は格納状態のロング・ブレード・ライフルの格納状態が良くお伝え出来る画像を。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

 

 

 

いよいよ終わりが見えて来ましたが今回最も苦労したユニットの一つでもあるギャプラン・ブースターにフォーカスして。そもそもこれをガンダムマーカーエアブラシで塗装しようと考えたところが正気の沙汰ではなかった気がしますが諦めずにここまでやった気概だけは褒めてあげたいと思っています(笑)。

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

FG Gパーツ[フルドド]を2機合体させたフルドドのMA(モビルアーマー)形態にギャプラン・ブースターを装備させたフルドドGアーマー形態の画像

 

 

フルドド (201904) 制作記録

FG フルドド 制作記録1 (201905)
機動戦士Zガンダムの外伝として非常に人気の高い『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場するフルドド。位置付けはヘイズル改の強化パーツ(Gパーツ)とされており、単体でもクロウ・ユニット、ロング・ブレード・ライフル、ノーズ・ビームキャノン等を武装として有し戦闘機としての運用が可能な点がプリムローズとは異なります。一方、プリムローズと本機の合体形態、フルドド2機の合体形態、ヘイズル改及びアドバンスド・ヘイズルとの合体であるヘイズル・ラー(第二形態)と拡張性はプリムローズに見劣りしないレベルであります。また、一般販売はされていない希少で高価なキットでしたがプレミアムバンダイからHGとして販売されるようになり非常に作りやすい環境になったと思います。
FG フルドド 制作記録2 (201905)
機動戦士Zガンダムの外伝として非常に人気の高い『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場するフルドド。位置付けはヘイズル改の強化パーツ(Gパーツ)とされており、単体でもクロウ・ユニット、ロング・ブレード・ライフル、ノーズ・ビームキャノン等を武装として有し戦闘機としての運用が可能な点がプリムローズとは異なります。一方、プリムローズと本機の合体形態、フルドド2機の合体形態、ヘイズル改及びアドバンスド・ヘイズルとの合体であるヘイズル・ラー(第二形態)と拡張性はプリムローズに見劣りしないレベルであります。また、一般販売はされていない希少で高価なキットでしたがプレミアムバンダイからHGとして販売されるようになり非常に作りやすい環境になったと思います。
FG フルドド 制作記録3 (201905)
機動戦士Zガンダムの外伝として非常に人気の高い『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場するフルドド。位置付けはヘイズル改の強化パーツ(Gパーツ)とされておりますが、単体でもクロウ・ユニット、ロング・ブレード・ライフル、ノーズ・ビームキャノン等を武装として有した戦闘機としての運用が可能な点がプリムローズとは異なります。プリムローズと本機の合体形態、フルドド2機の合体形態、ヘイズル改及びアドバンスド・ヘイズルとの合体であるヘイズル・ラー(第二形態)と拡張性はプリムローズに見劣りしないレベルですね。今回はカラーチップ、水転写デカールの貼付け行程に進み、更に情報量を増やして行きます。
FG フルドド 制作記録4 (201905)
機動戦士Zガンダムの外伝として非常に人気の高い『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場するフルドド。位置付けはヘイズル改の強化パーツ(Gパーツ)とされておりますが、単体でもクロウ・ユニット、ロング・ブレード・ライフル、ノーズ・ビームキャノン等を武装として有した戦闘機としての運用が可能な点がプリムローズとは異なります。プリムローズと本機の合体形態、フルドド2機の合体形態、ヘイズル改及びアドバンスド・ヘイズルとの合体であるヘイズル・ラー(第二形態)と拡張性はプリムローズに見劣りしないレベルですね。今回はフルドドの更なる拡張パーツであるギャプラン・ブースターの制作記録をご紹介させていただきます。プラ板やプラ棒を用いたディテールアップも紹介しておりますので参考にしていただけると幸いです。
FG フルドド 制作記録5 (201905)
機動戦士Zガンダムの外伝として非常に人気の高い『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場するフルドド。位置付けはヘイズル改の強化パーツ(Gパーツ)とされておりますが、単体でもクロウ・ユニット、ロング・ブレード・ライフル、ノーズ・ビームキャノン等を武装として有した戦闘機としての運用が可能な点がプリムローズとは異なります。フルドドの後継機であるフルドドIIも強化パーツとしての機能を保持しており、フルドドのバインダーを介したプリムローズとの合体形態、ヘイズル改及びウーンドウォートとの合体であるヘイズル・ラーIIやウーンドウォート・ラーIIと拡張性も健在です。今回はフルドドの更なる拡張パーツであるフルドドIIの制作記録をご紹介させていただきます。ガンダムマーカーエアブラシによる塗装、プラ板やプラ棒を用いたディテールアップ等も紹介しておりますので参考にしていただけると幸いです。

 

 

まとめ

以上が2006年2月発売の電撃HOBBY MAGAZINEの付録より1/144 FG版 フルドドをベースキットとしたフルドドのバリエーションのレビューでした。

冒頭でも触れさせていただきましたが個人的にも思い入れの深い機体でA.O.Zにハマるきっかけにもなった商品でしたので頑張って作ってみました。プリムローズと並んで人気の高いフルドドでしたがプレミアムバンダイさん限定とは言えHGUC化されて本当に良かったですね(FG版をたくさん集めていた私はちょっとショックもありましたが)。

最近では、A.O.Z近辺がとても賑わっていますが根強いファンの思いがようやく叶った感じですね!このままのペースでドンドンとプロジェクトが進めて行って欲しいところで、ハイゼンスレイIIやフルドドIIが予約開始となったのでクリスマスシーズン辺りはハイゼンスレイII・ラーですかね。

ヘイズル・ラーやヘイズル・ラー(第ニ形態)等、A.O.Zが好きでこれから1/144 フルドドを作ってみたいと言う方は2019年9月13日現在でもプレミアムバンダイさんにて予約販売されているので色分け済みのHGUC版がお勧めです。送料はかかってしまいますが定価で購入可能ですので今まで高くて気が引けていた方は是非、一度チェックしてみて下さい!それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

HGUC ガンダムTR-1 [ヘイズル改] ガンプラ作例紹介&バリエーション レビュー
今回は、『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』よりHGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]のガンプラ作例紹介とバリエーションレビューをさせていただきたいと思います。このキットは以前にも何度か作った事がありサクサク進めてしまった事と、プリムローズやフルドド及びビーム・ライフルの改造等を先行させていたため、慌てて造った事も重なりヘイズル改自体の制作記録はあまり残っておらず今回は勝手ながら割愛させていただきました(汗)。カラーバリエーション等でまた造る事もあるかと思いますが申し訳ありません・・・その変わりと言っては何なのですが、ヘイズル改を中心とした、プリムローズやフルドド、ギャプランブースーターを織り交ぜたちょっとしたバリエーションレビューも出来ればなと考えておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。
HGUC ガンダム TR-1[ヘイズル改]用ビーム・ライフルの改造武装
HGUC ガンダムTR-1[ヘイズルヘイズル改]の初期武装であるビーム・ライフルをベースキットとしたメイン・バレルの大型化とロング・ブレードのスクラッチと懸架、エネルギー・パックの+3セットの増設、HGUC ヘイズルIIから流用したキハールIIのシールドのマウントによる大型のオリジナル武装の制作記録をご紹介。思い付きではじめた初期武装の大型改造でしたがクオリティーはさておきイメージ通りの迫力あるオリジナル武装が造れたと思います。使った部材も市販のプラバンやプラパイプ等一般的な物で、アイデアさえあれば少しの練習で自作の武器が造れると思うのでご興味のある方は是非、挑戦してみていただければと思います!部材の切り出し、穴あけ、接着、スクラッチ、ガンダムマーカーエアブラシによる塗装まで記録しておりますので是非参考にしていただきたいと思います。今回、制作した改造武装はA.O.Zに登場するTR系モビルスーツに良く似合いそうなので別機体を制作したらまたコラボさせてみたいと思います。
FG 第3種兵装系統 プリムローズ ガンプラ作例紹介&バリエーション レビュー
今回は第1種、第2種に引き続き2007年1月号の電撃HOBBY MAGAGINE付録のFG版緊急脱出用ポッドのプリムローズの作例と第3種兵装系統のバリエーションをご紹介させていただきたいと思います。3回目となる今回はヘイズル2号機のバックパックであるトライ・ブースター装備形態をコア形態としたプリムローズの第3種兵装を中心にミサイル・ポッド、試作型ウィンチ・キャノン等の武装のバリエーションについて触れて行きたいと思っています。果てしなく続くA.O.Zにおけるプリムローズのバリエーションの世界ですが、ヘイズル・アウスラのバックパックにも採用された高機能のトライ・ブースターの格好良さをお伝え出来れば幸いです。また巻末には制作記録も用意しており、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装例も紹介しておりますのでよろしければご覧下さい。
HGUC フルドドII ガンプラ作例紹介&バリエーションレビュー
今回がプレミアムバンダイさんから限定販売されたHG フルドド拡張セットをメインとしたフルドドIIの作例紹介とレビューをさせていただきます。商品説明を良く確認しない私にとってはこのパーツは入ってないの??なんでティターンズブルーなの??となった体験がありましたのでこれから購入したいと思っている方にはフルドドIIを再現するために必要な別売りのキット等をご紹介すているので参考にしてみて下さい。ちょっと癖のある商品でしたが本の中のイラストでしか目にした事がなかった憧れのキットを自分の手で制作出来る凄い時代が来たものだなと思っています。単体でも非常に格好良いので十分お勧め出来ると思いますが、別売りの”HG ガンダムTR-6[ウーンドウォート]”と組み合わせてウーンドウォート・ラーやウーンドウォート・ラー(第二形態)等の幅広い拡張性を再現出来るので検討している方には間違いなくご購入していただきたいと思います!追って、ウーンドウォートとのバリエーションレビューもご紹介させていただく予定でおりますが今回はフルドドIIを画像多めでお送りします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
オンライン限定最新情報! プレミアム バンダイ
スポンサーリンク
icon iconB-style ラクス・クライン バニーVer. icon iconフィギュアーツZERO ベアトリクス  icon iconフィギュアーツZERO ゼタ 
icon iconG.E.M.シリーズ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 アヤナミレイ(仮称)  icon iconGashaPortraits シン・エヴァンゲリオン劇場版 Special SET02  icon iconROBOT魂 <SIDE EVA> エヴァンゲリオン新2号機α 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4/5更新 一押し予約商品

icon iconHG バーザム R.B.版 icon iconHG バーザム(鹵獲仕様)

4/5更新 品薄キットの中古品のご紹介

シルヴァバレト  HG ゾゴック HG シュナイド HG Rジャジャ
HG フライルー HG ゲルググ HG ドムトローペン HG ケンプファー
HG アイザック HG ディジェ HG アンクシャ HG キュベレイ
MG F.フリーダム MG ドム  MG ユニコーンガンダム  MG インフィニット J. 
MG ハイニューガンダム MG F.インパルス  ニューガンダム  MG シナンジュ