GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
9/16 更新オンライン限定商品
icon
iconRG ソードインパルス
icon
iconHG トーリスリッター
icon
iconMG 強化型ZZ Ver.Ka
icon
iconMG ヘイズル・アウスラ
icon
iconHG ハイゼンスレイ・ラーII
icon
iconHG P. R. 空間戦仕様
icon
iconRG S. フリーダム T. F.
icon
iconMG プリムローズ
icon
iconRG HWS拡張用セット
icon
iconHG フルドド

ガンプラ最高峰MGシリーズ!

ディープ S. Ex-Sガンダム Zプラス FAZZ ヘイズル改
実戦配備カラー S.スタイン ジェガン S.フリーダム  S.ガンダム

ガンプラ最高峰MGシリーズ!

ディープ S. Ex-Sガンダム Zプラス FAZZ ヘイズル改
実戦配備カラー S.スタイン ジェガン S.フリーダム  S.ガンダム
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
デカール再販情報!
icon icon

FG フルドド 制作記録3 (201905)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回も前回に引き続き電撃ホビーマガジン2006年2月号の付録である1/144 Gパーツ[フルドド]の制作記録3回目をご紹介します。前回の制作記録はこちらからどうぞ。

前回も書かせていただいておりますが雑誌付録ながらプレミアム化されて中古で4,000円台で取引されていた商品が2019年5月現在でプレミアムバンダイさん限定でHG版が予約可能となっています。まだ予約されていない方は下からでもチェック出来ますのでお見逃しなく!

HG 1/144 フルドド HG 1/144 フルドド(C.D.C.)

プレミアムバンダイさん限定商品はFGからHGに昇格?アップグレードされているので色分けもされていたり、パーツも分割されていたりとかなり作りやすくなっています。ご紹介しているフルドドはFG版でその辺りの配慮はなされておりませんのでかなり苦労はしておりますが、ガンダムマーカーエアブラシとの出会いであったり、マスキングであったりと今までにやって来なかった作業にもチャレンジするきっかけともなってくれているのでポジティブに考えて頑張って行きたいと思います。

 

 

チップの追加

ガンダムマーカーエアブラシによる塗装も終わり峠は越えたような気がしていますのでもう一踏ん張りです。ここからはカラーチップを貼付けてディテールアップして行きます。まずはフルドドのノーズ・センサー・ユニットとコクピット・ユニットから。

電撃ホビーマガジン2006年2月号の付録の1/144スケールのフルドドのノーズ・センサー・ユニットとコクピット・ユニットのカラーチップによるディテールアップの画像

 

 

因みにカラーチップの作り方はこちらからどうぞ。

ディテールアップ用のチップの作り方について
今回はガンプラ制作のディテールアップで良く使われるカラーチップ(レッドチップ等)の作り方をご紹介させていただきます。お手軽ながらガンプラに貼付けるだけでも大きな変化を生み出してくれるコスパの高い手法なので是非トライしてみていただきたい方法です。最近発売されたGSIクレオスさんのガンダムマーカーエアブラシシステムとの相性も良いので合わせて使うとかなり情報量アップ効果が期待出来ると思います。

 

 

使用したガンダムマーカーはティターンズブルー、アイグリーン、蛍光グリーン、レッド、ガンダムイエローです。こちらはフルドドのスラスター・ウィング・ユニットです。

電撃ホビーマガジン2006年2月号の付録の1/144スケールのフルドドのスラスター・ウィング・ユニットのカラーチップによるディテールアップの画像

 

 

グレーの上にアイグリーンのチップを置くとかなり目だって格好良いですね。蛇腹のレッドチップも良い感じです。こちらはフルドドのクロウ・ウィング・ユニット。

電撃ホビーマガジン2006年2月号の付録の1/144スケールのフルドドのクロウ・ウィング・ユニットのカラーチップによるディテールアップの画像

 

 

そしてHGのヘイズル改から急遽用意したエネルギー・パックです。黄色い部分はガンダムマーカーエアブラシで塗装しています。

1/144スケールのヘイズル改のエネルギー・パックのカラーチップによるディテールアップの画像

 

 

水転写デカールの貼付け(グレー)

要約ここまで来たという感じです(汗)。まずはフルドドのスラスター・ウィング・ユニットの白地部分にハイキューパーツさんの1/144 コーションデカールのグレーを貼付けて行きます。

電撃ホビーマガジン2006年2月号の付録の1/144スケールのフルドドのスラスター・ウィング・ユニットの水転写デカールによるディテールアップの画像

 

 

続いてフルドドのクロウ・ウィング・ユニットにもコーションデカールのグレーを貼付。後ろに制作中のFG版のプリムローズが映り込んでいますね。並べて確認しながら情報量が同じ位になるように作っています。

電撃ホビーマガジン2006年2月号の付録の1/144スケールのフルドドのクロウ・ウィング・ユニットの水転写デカールによるディテールアップの画像

 

 

下の画像はロング・ブレード・ライフルにグレーのコーションデカールを貼付けたところです。ロング・ブレード・ライフル格好良いです。

電撃ホビーマガジン2006年2月号の付録の1/144スケールのフルドドのロング・ブレード・ライフルの水転写デカールによるディテールアップの画像

 

 

水転写デカールの貼付(ホワイト)

ここからはティターンズブルーの下地に同じくハイキューパーツさんのコーションデカール(ホワイト)を貼って行きます。


 

ティターンズブルーにホワイトが良く映えていてテンション上がります。個人的にはコントラストの高いデカールを貼るときが一番報われている気がします(笑)。

 

 

フルドドのロング・ブレード・ライフルにもホワイトのコーションデカールを貼って情報量を上げて行きます。

電撃ホビーマガジン2006年2月号の付録の1/144スケールのフルドドのロング・ブレード・ライフルの水転写デカールによるディテールアップの画像

 

 

続いて、フルドドのノーズ・センサー・ユニットとコクピット・ユニットの水転写デカールの貼付け後です。ノーズ・センサー・ユニットでイメージが湧かずかなり悩みましたが今はこれが限界・・・正解が知りたいです(笑)。

電撃ホビーマガジン2006年2月号の付録の1/144スケールのフルドドのノーズ・センサー・ユニットとコクピット・ユニットの水転写デカールによるディテールアップの画像

 

 

更に、ヘイズル改から流用したエネルギー・パックは下の画像の様にしてみました。残すはトップコートによる仕上げです。

1/144スケールのヘイズル改のエネルギー・パックの水転写デカールによるディテールアップの画像

 

後はトップコートを吹いて仕上げなのですが関東も梅雨入りとのことでしばらく計画通りには行かなさそうですがまた更新します。

 

 

まとめ

以上が2006年2月発売の電撃ホビーマガジンの付録であった1/144 スケール FG フルドドの制作記録3回目でした。

昨今発売されたHGのフルドドと比べると仕上がり難易度共に差あるようでもう少し待っていればこんな苦労しなくても良かったのかなぁと思うところもありましたが、タンスの肥やしになっていたので良い機会でもあったように思います(笑)。

FG版も造りは精巧であったもののパーツ数が少なく塗り分けがかなり大変でした。加えて接続部も全てプラープラなので保持も弱かったり、塗装避けたりと細かな対応も求められる商品だったと思うので経験値を稼ぎたいと言う方にはお勧めかも知れません(笑)。

とは言え、その拡張性やヘイズル・ラー、ヘイズル・ラー(第二形態)等が再現出来る事の魅力はさすがだなと感じさせられ、この十数年、ファンの心を掴んで来たその存在には変わりなかったと思います。

本商品は元々雑誌付録で2006年2月の発売でした。販売形態から察するに流通量もそうは多くはなかったと思いますが2019年5月現在でも中古市場で出回っているようなので気になった方は以下でチェックしてみて下さい。また、プレミアムバンダイでHG版のフルドドも予約中です!下のバナーからもチェック出来ます、お見逃しくなく!!

 

プレミアム バンダイ

 

 

FG フルドド 制作記録1 (201905)
機動戦士Zガンダムの外伝として非常に人気の高い『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場するフルドド。位置付けはヘイズル改の強化パーツ(Gパーツ)とされており、単体でもクロウ・ユニット、ロング・ブレード・ライフル、ノーズ・ビームキャノン等を武装として有し戦闘機としての運用が可能な点がプリムローズとは異なります。一方、プリムローズと本機の合体形態、フルドド2機の合体形態、ヘイズル改及びアドバンスド・ヘイズルとの合体であるヘイズル・ラー(第二形態)と拡張性はプリムローズに見劣りしないレベルであります。また、一般販売はされていない希少で高価なキットでしたがプレミアムバンダイからHGとして販売されるようになり非常に作りやすい環境になったと思います。
FG フルドド 制作記録2 (201905)
機動戦士Zガンダムの外伝として非常に人気の高い『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場するフルドド。位置付けはヘイズル改の強化パーツ(Gパーツ)とされており、単体でもクロウ・ユニット、ロング・ブレード・ライフル、ノーズ・ビームキャノン等を武装として有し戦闘機としての運用が可能な点がプリムローズとは異なります。一方、プリムローズと本機の合体形態、フルドド2機の合体形態、ヘイズル改及びアドバンスド・ヘイズルとの合体であるヘイズル・ラー(第二形態)と拡張性はプリムローズに見劣りしないレベルであります。また、一般販売はされていない希少で高価なキットでしたがプレミアムバンダイからHGとして販売されるようになり非常に作りやすい環境になったと思います。
FG フルドド 制作記録4 (201905)
機動戦士Zガンダムの外伝として非常に人気の高い『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場するフルドド。位置付けはヘイズル改の強化パーツ(Gパーツ)とされておりますが、単体でもクロウ・ユニット、ロング・ブレード・ライフル、ノーズ・ビームキャノン等を武装として有した戦闘機としての運用が可能な点がプリムローズとは異なります。プリムローズと本機の合体形態、フルドド2機の合体形態、ヘイズル改及びアドバンスド・ヘイズルとの合体であるヘイズル・ラー(第二形態)と拡張性はプリムローズに見劣りしないレベルですね。今回はフルドドの更なる拡張パーツであるギャプラン・ブースターの制作記録をご紹介させていただきます。プラ板やプラ棒を用いたディテールアップも紹介しておりますので参考にしていただけると幸いです。
FG フルドド 制作記録5 (201905)
機動戦士Zガンダムの外伝として非常に人気の高い『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場するフルドド。位置付けはヘイズル改の強化パーツ(Gパーツ)とされておりますが、単体でもクロウ・ユニット、ロング・ブレード・ライフル、ノーズ・ビームキャノン等を武装として有した戦闘機としての運用が可能な点がプリムローズとは異なります。フルドドの後継機であるフルドドIIも強化パーツとしての機能を保持しており、フルドドのバインダーを介したプリムローズとの合体形態、ヘイズル改及びウーンドウォートとの合体であるヘイズル・ラーIIやウーンドウォート・ラーIIと拡張性も健在です。今回はフルドドの更なる拡張パーツであるフルドドIIの制作記録をご紹介させていただきます。ガンダムマーカーエアブラシによる塗装、プラ板やプラ棒を用いたディテールアップ等も紹介しておりますので参考にしていただけると幸いです。
FG Gパーツ[フルドド] バリエーション レビュー
今回は2006年2月号の電撃HOBBY MAGAGINE付録であったFG(Froku Grade) Gパーツのフルドドの作例とそのバリエーションをご紹介させていただきたいと思います。フルドドもプリムローズ同様に私をA.O.Zの虜にした機体の一つであり、ヘイズル改と組み合わせる事でヘイズル・ラーやヘイズル・ラー(第ニ形態)、さらにはヘイズル・ラー(第ニ形態/巡航形態)を再現出来るなど非常にプレイバリューが高いキットとなっています。また、単体での宇宙用の戦闘機となりうるところがプリムローズと異なり、フルドド2機を合体させる事でMA(モビルアーマー)クラスにすることが出来たり、プリムローズやギャプラン・ブースターと合体させる事も可能など際限のない拡張性を秘めているのも大きな魅力ですね。 巻末には制作記録も用意しており、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装例も紹介しておりますのでよろしければご覧下さい。
GUNDAM PRESS | Product reviews related to GUNDAM & Modeling works introduction
ガンダム関連商品(MOBILE SUIT ENSEMBLE、GUNDAM FIX FIGURATION、GUNDAM FIX FIGURATION ZEONOGRAPHY、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE、METAL BUILD)のレビューとガンプラ関係(HG、RG、MG、FG)をメインとした制作物の制作記録と作例のご紹介

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

8/29 GUNDAM FIX FIGURATION情報!!

RX-0 バンシィ ユニコーン(覚醒) バンシィ・ノルン サイコガンダム H. N. ver. ガンダム THE ORIGINE
ゲルググ(ジョニー機) Ex-Sガンダム スーパーガンダム 量産型キュベレイ ディープストライカー
オンライン限定の最新情報もチェック! プレミアム バンダイ

品薄人気アイテムを中古でチェック!

005 システムウェポン 006 システムウェポン 007 システムウェポン 008 システムウェポン 009 システムウェポン
003 システムウェポンキット 004 システムウェポンキット 006 システムウェポンキット 007 システムウェポンキット 008 システムウェポンキット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク