GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
M.S.E 過去弾販売中!!
インパルスガンダム  シン·マツナガ専用ザクII 高機動型ザクII Hi-vガンダム ブルーフレーム
M.S.E.中古販売情報!
ザクII ヤクトドーガ 高機動試作型ザク ドム Zガンダム
リックディアス  マツナガ専用ザクII リゼル クェス専用ヤクトドーガ ディジェ
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

MOBILE SUIT ENSEMBLE 22 MS武器セットのビーム薙刀(ナギナタ)の塗装記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は、MOBILE SUIT ENSEMBLE 22弾のMS武器セットより、ビーム薙刀の塗装記録をご紹介させていただきたいと思います。

※刃物や可燃性ガスを使用するため、使用方法を誤ると重大な事故の可能性があります。恐れ入りますが、自己責任の下での実施をお願い致します。

 

 

 

塗装方法

ビーム薙刀の確認

まずはビーム薙刀の確認からです。フォルムは非常に格好良いのですが、ビーム刃部分にも色が欲しいと個人的には感じました。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)22弾のms武器セットのビーム薙刀の画像

 

 

パーツ構成は以下の通りで3ピースになっています。柄の一部がビーム刃側にあるので塗り分けはマスキングではなくパーツを分割を採用する事にしました。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)22弾のms武器セットのビーム薙刀の画像

 

 

パーツカット

今回はタミヤさんの精密ノコギリエッチング製を使わせていただきました。しかし、良く切れます(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)22弾のms武器セットのビーム薙刀のビーム刃部分をカットした画像

 

 

切断面を軽くスティックヤスリで整えています。

 

 

穴開けと軸打ち

続いて、分割したパーツを再度接続するための穴開けを行いました。今回はタミヤさんのピンバイスとイチネンアクセスさんのマイクロドリルセット(1mm)を使わせていただきました(赤及び緑矢印部分)。軸打ちにはウェーブさんのALライン 1.0mmを使用しました(緑矢印部分)。私の場合、軸が少しグラついていたので瞬間接着剤も使っています。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)22弾のms武器セットのビーム薙刀のビーム刃部分をカットして穴開けして軸打ちした画像

 

 

塗装とトップコート

ここまで来れば塗装のみです。工作工程が少し増えますが、その分塗装が楽になりますのでご参考になれば幸いです。塗装はGSI クレオスさんのガンダムマーカーエアブラシシステムを使わせていただきました。ガンダムマーカーはイエロー(GM08)とグレー(GM12)ですのでご参考にして下さい。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)22弾のms武器セットのビーム薙刀のビーム刃部分を塗装した画像

 

 

ワンポイントでビーム刃根元に白をいれてみました。ガンダムマーカーエアブラシを少し離して塗装するとグラデーションが上手く入ると思います。ガンダムマーカーはEXニューホワイト(XGM01)を使用しました。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)22弾のms武器セットのビーム薙刀のビーム刃部分を塗装した画像

 

 

最後にトップコートを吹いて塗膜を保護します。今回はGSIクレオスさんの水性プレミアムトップコートつや消しスプレーを使わせていただきました。最後に組んで完成です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)22弾のms武器セットのビーム薙刀のビーム刃部分を塗装してトップコートした画像

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)22弾のms武器セットのビーム薙刀のビーム刃部分を塗装してトップコートした画像

 

 

ディジェにビーム薙刀を装備させた状態も掲載させていただきました。クリアパーツと比較するとかなり存在感が増したと思えるので満足しております(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)22弾のディジェにクレイバズーカとms武器セットのビーム薙刀(ナギナタ)を装備させた画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 22弾のディジェのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらもご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 22 ディジェ & ド·ダイ改 レビュー
今回は、2022年第5週発売、人気のMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) シリーズの第22弾より、『機動戦士Zガンダム 』からのエントリーのディジェとド·ダイ改のレビューをMS武器セットと合わせてご紹介させていただきたいと思います。

 

 

関連書籍のご紹介

工具や材料、塗装方法等より詳細な情報をお求めの方は以下の書籍がお勧めです。

 

 

 

まとめ

以上がMOBILE SUIT ENSEMBLE 22弾のMS武器セットのビーム薙刀の塗装記録でした。

ビーム刃部分に色を付ける事のコストパフォーマンスは非常に高いと思いますので是非お試しいただければと思います。また、パーツ分割等の敷居が高いかなと感じられる方は切断工程は省略して塗装するだけでも十分な効果が得られるかと思いますのでちょっとしたチャレンジのきっかけになれれば幸いです。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 ピンセット 
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー スジ彫り彫刻刃

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。