GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
M.S.E 24弾予約開始!!
フルバーニアン シン·マツナガ専用ザクII 高機動型ザクII インパルスガンダム+フォースシルエット
M.S.E 23弾 販売中!!
エアリアル バルバトス グレイズ リック·ディアス  エアリアル用武器 
M.S.E.中古販売情報!
キュベレイセット コアトップ コアベース リガズィ ウーンドウォート
ギラ·ドーガ Sガンダム ブルーフレーム レッドフレーム パワードレッド
WAVE しいたけ量産ツール!
ディテールパンチ台形1 ディテールパンチ台形2  ディテールパンチ台形3 ディテールパンチ台形4
ディスプレイにも拘りをプラス!
ミニフライングベース ニューフライングベース プレイングベースA シンプルスタンド  マルチスタンド 
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX20 Ex-Sガンダム レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は2020年9月にプレミアムバンダイさんから予約販売のあった大人気シリーズMOBILE SUIT ENSEMBLEより EX20 Ex-Sガンダムのレビューをさせていただきたいと思います。EX弾と言う事もありかなりのボリュームとなっておりますので画像多めでその魅力をお伝えして行きます。プレミアムバンダイさんの予約状況と駿河屋さんの中古品情報は下のバナーでチェックしてみて下さい。

 

icon

 

 

本体

まずはモビルスーツ本体からです。組立方法は13弾のSガンダムとほぼ同じでした。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの画像

 

 

組立方法はMOBILE SUIT ENSEMBLE 13弾 Sガンダムのレビューをご参考にしていただければと思います。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 13 Sガンダム & Sガンダム用ブースター レビュー
今や大人気シリーズとなったMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)シリーズより『ガンダム・センチネル』ファン待望のSガンダムが通常13弾として登場です。13弾の支援機枠にはSガンダム用ブースター、また第1種兵装から第3種兵装まで再現可能なゼク・アインまでラインナップされておりセンチネルファンには見逃せない内容になっていますね!ついにセンチネルの世界に足を踏み入れたアンサンブルワールド・・・EX弾のディープストライカーの商品化まで期待してしまうところですが今回はSガンダムとSガンダム用ブースターを合わせたSガンダム・ブースター・ユニット装備型までをレビューさせていただきます。尚、13弾のラインナップは①Sガンダム、②バンシィ(ユニコーンモード)、③ゼク・アイン、④Sガンダム用ブースター、⑤MS武器セットとなっています。

 

 

右側から・・・個人的には脚部の造形がかなりストライクです。塗装こそされていませんがニークラッシャーのインコムもしっかり再現されていて凄く格好良いです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの画像

 

 

続いて左側から・・・13弾と非常に似ていますが胸部の増加装甲とIフィールド発生装置が目立ちます。因みにIフィールド発生装置は極小の別パーツとされているので間違って捨てないように注意が必要そうです。また股間の増加装甲も特徴的な採色で再現されています。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの画像

 

 

そしてバックショットです。ショルダー・ウィングやブースター・ユニット、プロペラント・タンクなど多くのオプションを装備出来るように3mm穴が設けられています。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの画像

 

 

HGUC Ex-Sガンダムの作例紹介とレビューもさせていただいておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

HGUC Ex-Sガンダム ガンプラ作例紹介&レビュー
今回は1/144スケールのHGUC Ex-Sガンダムのガンプラ作例紹介&レビューをさせていただきました。HGのナンバリングも029とかなり古いキットで前評判通り塗り分け必死となりましたが、スタイルは理想的で組んだ時の感動はかなり大きかったです。ディテールアップにはスジ彫り、プラバンを使った加工、ガンダムマーカーエアブラシによる塗装、水転写デカールの貼付、つや消しトップコートで仕上げています。素組の時点でもボリュームたっぷりで格好良い商品でしたが手を掛けて上げる事でかなり印象も変わり、愛着も一塩大きくなりお気に入りの作品になってくれたと思います。制作記録の一部もご紹介しておりますのでご拝読いただけますと幸いです。

 

 

組立方法

ここでショルダー・ウィングを双肩に装着・・・こちらのパーツもモールドが多く色分けもされているので情報量も高いです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの画像

 

 

ショルダー・ウィングも取付け角度を変えられるのでこれだけでも表情を変化させることも可能です。それにしてもイケメンですね。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの画像

 

 

更にブースター・ユニットをバックパックに装備させます。ここまで来ると後ろが重いのでさすがに自立は難しくなって来ます。下の画像では傾斜を使って立たせています。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの画像

 

 

ほぼ左右対称なのですが右側からも1枚。暗めの画像となってしまいましたが陰影がきれいでモールドの多さが確認出来ます。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 14弾のゼータプラスのレビューもさせていただいておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 14 ゼータプラス レビュー
今回は2020年6月第2週に発売となったMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)  第14弾のゼータプラスをレビュー。当該シリーズでは『ガンダム・センチネル』が賑わって来ているので嬉しい限りですが、専用のMS武器セットも交えてA1型とC1型を再現可能で13弾のSガンダム用ブースターと合わせる事でC1型[Bst]のハミングバード風も組めるバリエーション豊富な仕様も合わせてご紹介して行きたいと考えておりますので最後までお付き合いいただければと思います。

 

 

更にEx-Sガンダムに特徴的な大型のプロペラント・タンクを両肩に装着・・・

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの画像

 

 

横からの画像です。脚部、ブースター・ユニット、プロペラント・タンク、ショルダー・ウィングととても魅力的なシルエットです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの画像

 

 

カメラ目線にて決めポーズです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの画像


 

 

付属品

ここからはモビルスーツ本体以外の付属品のご紹介へ。MOBILE SUIT ENSEMBLE EX20弾には平手が2種類用意されています。私の記憶では初めてです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの付属品の画像

 

 

続いて付属する武装へ・・・ビーム・スマートガンは一回り大きくなっています。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの付属武装であるビーム・スマートガンの画像

 

 

ディスク・レドーム・センサーやスコープ、バレルの特徴的なモールドもしっかり再現されています。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの付属武装であるビーム・スマートガンの画像

 

 

続いて専用台座のパーツへ・・・

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの付属武装である台座の画像

 

 

下の画像が組み立てたところです。一部ジョイントがキツいので破損に気を付けていただいた方が安全かもしれないです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムの付属武装である台座の画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 17弾のZZガンダムのレビューもさせていただいておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 17 ZZガンダム レビュー
今回はMOBILE  SUIT  ENSEMBLE (モビルスーツアンサンブル) 17弾の『機動戦士ZZガンダム』より主役機であるZZガンダムをレビューさせていただきます。通常弾としては規格外の大きさと言う理由から2枠(コアトップとコアベース)を独占し、全5種から全6種に仕様が変更される等、何かと注目を集めている17弾ですが本レビューではZZのサイズ感を中心に画像を多めでその魅力をお伝えして行きたいと思います。因みに17弾のラインナップは①コアトップ、②コアベース、③ガンダムナドレ、④ヤクトドーガ(ギュネイ機)、⑤ヤクトドーガ(クェス機)、⑥MS武器セットでヤクトドーガのレビューも別途、投稿致しますので合わせてお読みいただけますと幸いです。

 

 

Ex-Sガンダム

ビーム・スマートガン装備状態

ここからは上記で組立てきたEx-Sガンダムを武装させた状態をご紹介して行きます。まずは付属のビーム・スマートガンからです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・スマートガンを装備させた画像

 

 

Ex-Sガンダムに特徴的なポージングの再現も可能にしてくれる専用台座のパーツでファンにも嬉しい仕様です。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・スマートガンを装備させた画像

 

 

反対側に廻っての画像です。専用台座の両端の支柱はプロペラント・タンクを支持するためのパーツのようですが付けなくても保持に問題はないようです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・スマートガンを装備させた画像

 

 

少し俯瞰の画像も撮影しておきました。青、赤、黄、白が理想的な割合の配色です。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・スマートガンを装備させた画像

 

 

反対側からも・・・13弾のSガンダムがベースとされているようですがEx-Sガンダムの特徴はしっかり再現され、塗装箇所も増えているようですね。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・スマートガンを装備させた画像

 

 

そしてここからはコトブキヤさんの”ミニフライングベース”を使ってディスプレイして行きます。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・スマートガンを装備させてミニフライングベースでディスプレイしている画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLEシリーズとの相性が良いので是非チェックして見て下さい。ご興味のある方はこちらのレビューもご覧下さい。

ヘキサギア ミニフライングベース レビュー
六角型のジョイントシステムを軸に開発されたコトブキヤさんの新しいオリジナルメカシリーズの「ヘキサギア」。その中で2017年8月に発売されたミニフライングベースは3mm軸のジョイントが付属するため、MOBILE SUIT ENSEMBLEを様々なポージングで格好良くディスプレイする事が可能です。モビルスーツアンサンブルシリーズのワンランク上のパフォーマンスを引き出したい方にお勧めですのでレビューさせていただきます。

 

 

付属の台座では難しい微妙な角度の取付けが可能なのでポージングの幅が広がります。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・スマートガンを装備させてミニフライングベースでディスプレイしている画像

 

 

左側からのワンショットです。ビーム・スマートガンのスコープもディテールたっぷりです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・スマートガンを装備させてミニフライングベースでディスプレイしている画像

 

 

少し見下ろすアングルにて。明るくなってしまいましたが雰囲気は良い感じがします(笑)。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・スマートガンを装備させてミニフライングベースでディスプレイしている画像

 

 

ビーム・スマートガンもかなりの長ものなのでポージングは悩ましいところですが何枚かご紹介出来るかなと思う画像を掲載させていただきます。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・スマートガンを装備させてミニフライングベースでディスプレイしている画像

 

 

そしてビーム・スマートガン装備状態最後の1枚です。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・スマートガンを装備させてミニフライングベースでディスプレイしている画像


 

 

ビーム・サーベル装備状態

ここからは他弾のMS武器セットに付属するビーム・サーベルの装備状態をご紹介して行きます。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・サーベルを装備させてミニフライングベースでディスプレイしている画像

 

 

Ex-Sガンダムでもビーム・サーベルは鉄板ですよね。因みにビーム・サーベルはクリアパーツなので塗装してあります。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・サーベルを装備させてミニフライングベースでディスプレイしている画像

 

 

ビーム・サーベルはガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装しており、他の記事でのレビューしていますのでご興味のある方はこちらもご覧下さい。

ガンプラ塗装用ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

そして更にビーム・サーベルをもう1本追加して二刀流へ。バックスクリーンが黒という事もあり良く映えます。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・サーベル×2を装備させてミニフライングベースでディスプレイしている画像

 

 

過去弾もお持ちの方は是非、引っ張り出して楽しんでみて下さい。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・サーベル×2を装備させてミニフライングベースでディスプレイしている画像

 

 

それでは撮り直したラストの決めポーズで最後です。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex-20弾のEx-Sガンダムにビーム・サーベル×2を装備させてミニフライングベースでディスプレイしている画像

 

 

関連書籍

『ガンダム・センチネル』の世界をより知りたいと言う方は以下の書籍もチェックしてみて下さい。ゼータプラス、Sガンダム、Ex-Sガンダム、ディープストライカー、ゼクアイン等のモビルスーツが多数掲載されています。

 

 

 

ガンプラの紹介

古いキットですがSガンダム、Ex-SガンダムはHGUCで販売されていますのでガンプラも作ってみたいと思った方は下でチェックしてみて下さい。

 

 

 

 

中古品販売情報

こちらではMOBILE SUIT ENSEMBLE Ex-20弾のEx-Sガンダムの中古品の販売情報をご紹介させていただきます。お買い逃しのあった方は是非チェックしてみて下さいました

 


トレーディングフィギュア機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE EX20 Ex‐Sガンダム プレミアムバンダイ限定

 

 

まとめ

以上がプレミアムバンダイさん限定、オンライン予約販売のMOBILE SUIT ENSEMBLE EX20弾 Ex-Sガンダムの商品レビューでした。

13弾 Sガンダムの強化装備形態という位置付けですが、胸部のIフィールド発生装置、脚部のリフレクター・インコム・ユニット、プロペラント・タンク、増加装甲等がしっかりと再現されており、ビーム・スマート・ガンも本シリーズでは大型化されており、外見が似ている通常弾のSガンダムとの差別化が計られていたように感じました。また、付属品としてビーム・スマート・ガンを水平にディスプレイ出来るクリアパーツが同梱されていたのも嬉しかったポイントです。

一点、希望を言わせてもらえるとしたらビーム・サーベルの付属が無かったのが少し残念でしたかね。あれだけ良く似合っていたので贅沢とは思いましたがセットに加えてもらえれば更に満足感が得られたように思います(贅沢ですが・・・)。

本品はプレミアムバンダイさん限定予約販売品、2020年9月発送、価格は4,620円でした。2020年10月現時点では再販はされていないので気になった方は中古市場を中心にチェックされるのが良いかと思います。今後の『ガンダム・センチネル』での展開も楽しみにしつつ今回はこのあたりで失礼させていただきます。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。