GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
M.S.E 24弾予約開始!!
フルバーニアン シン·マツナガ専用ザクII 高機動型ザクII インパルスガンダム+フォースシルエット
M.S.E 23弾 販売中!!
エアリアル バルバトス グレイズ リック·ディアス  エアリアル用武器 
M.S.E.中古販売情報!
キュベレイセット コアトップ コアベース リガズィ ウーンドウォート
ギラ·ドーガ Sガンダム ブルーフレーム レッドフレーム パワードレッド
WAVE しいたけ量産ツール!
ディテールパンチ台形1 ディテールパンチ台形2  ディテールパンチ台形3 ディテールパンチ台形4
ディスプレイにも拘りをプラス!
ミニフライングベース ニューフライングベース プレイングベースA シンプルスタンド  マルチスタンド 
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

MOBILE SUIT ENSEMBLE 21 量産型vガンダム & ボールレビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は2022年4月第5週発売のMOBILE SUIT ENSEMBLE (モビルスーツアンサンブル)シリーズの第21弾の量産型vガンダムとボールのレビューをさせていただきたいと思います。

 


ガンダム試作1号機

ヘイズル アウスラ

アウスラ 用 武器セット

量産型νガンダム

ボール

 

 

量産型vガンダム

本体

個人的にはあまり知らなかったモビルスーツでしたが組んでみた感想は率直に格好良いなでした(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムの画像

 

 

右側からの画像です。インカムを搭載しているツインコムユニットが2つあるのでバックパックはかなり大きく見えます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムの画像

 

 

ツインコムにはビームライフルの柄が取り付けられるのでかなりの存在感です。後ろ姿も情報量が高いですね。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムの画像

 

 

前方に戻って少し左側からの1枚です。青系統の多いですが6色使われているので量産型とは思えない好待遇ではないでしょうか(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムの画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 16 ハイニューガンダムのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 16 Hi-v(ハイニュー)ガンダム レビュー
2020年12月から2021年1月にかけて発売されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 16弾のハイニューガンダム。今回はホワイトとブルーを基調とした独特の迷彩パターンも再現され、同弾のMS武器セットと組み合わせる事でハイニューガンダム(HWS:ヘビー・ウェポン・システム)を組み立てられる仕様となっています。ハイニューガンダムからHWSへの組立方法についても画像を交えて詳しくご紹介させていただきますので参考にしていただけると幸いです。

 

 

付属武装

ここからはMOBILE SUIT ENSEMBLE 21弾の量産型vガンダムの付属武装をご紹介へ···武装の内容は下の画像の通りです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムの付属武装の画像

 

 

まずは右腕に固定射撃武装のビームスプレーガンを装備させてみました。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームスプレーガンを装備させた画像

 

 

続いて左腕にシールドを装備させました。凛々しいです。ディスプレイはコトブキヤさんのミニフライングベースを使わせていただいております。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームスプレーガンとシールドを装備させた画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE シリーズと相性の良いミニフライングベースは別記事にてレビューしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

ヘキサギア ミニフライングベース レビュー
六角型のジョイントシステムを軸に開発されたコトブキヤさんの新しいオリジナルメカシリーズの「ヘキサギア」。その中で2017年8月に発売されたミニフライングベースは3mm軸のジョイントが付属するため、MOBILE SUIT ENSEMBLEを様々なポージングで格好良くディスプレイする事が可能です。モビルスーツアンサンブルシリーズのワンランク上のパフォーマンスを引き出したい方にお勧めですのでレビューさせていただきます。

 

 

更にビームライフルを装備させた状態です。量産型とは言え、エースパイロット用の高級仕様との事でカラーリング次第でより化けそうなフォルムですね。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームスプレーガンとシールドとビームライフルを装備させた画像


 

 

組立方法

こちらでは組立てが少し難解であったツインコムを含めたバックパックの組立方法をご紹介して行きます。まずは下の画像のようにパーツを並べてみました。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムの組立方法を説明している画像

 

 

上の画像の上部に配置したスラスターをバックパックに取り付けました。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムの組立方法を説明している画像

 

 

左右のツインコムを組立てました(LRの表記があるのでご注意下さい)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムの組立方法を説明している画像

 

 

上で組んだツインコムをバックパックに接続しました。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムの組立方法を説明している画像

 

 

ビームライフルの柄を左右のツインコムに取り付けて完成です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムの組立方法を説明している画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 4.5弾のウーンドウォート(ティターンズカラー)のレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 4.5 ウーンドウォート(ティターンズカラー) レビュー
3月発売のMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 13弾のクオリティーの高さによる衝撃がまだ記憶に新しいところですが次弾は4.5弾として04弾のマーキングプラス版とカラーバリエーション版が登場です。ニューガンダム、ウーンドウォート(ティターンズカラー)、ケンプファー、ブースター・ベッドがラインナップされており前弾で購入出来なかったにはとても喜ばしい機会となりそうですね。個人的には今回はニューガンダムは見送ろうかなと考えておりますが大好きな『Advance of Z』からのエントリーのティターンズカラーのウーンドウォートは過去のフルドドII、EX弾のギャプラン・ブースターと絡めてウーンドウォート・ラーII、ウーンドウォート・ラーII(第二形態)、ウーンドウォート・ラーII(第二形態/巡航形態)のMS形態とMA形態等のバリエーションをレビューさせていただければと思っておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。因みにモビルスーツアンサンブル4.5弾のラインナップは①vガンダム(マーキングプラス)、②ケンプファー(マーキングプラス)、③ウーンドウォート(ティターンズカラー)、④ブースターベッド(マーキングプラス)、MS武器セットとなっています。

 

 

ビームサーベル装備状態

ここからは別売りのビームサーベルを装備させた状態へ···ビームサーベルはクリアパーツであり塗装されているのでご注意下さい。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームサーベルを装備させた画像

 

 

塗装はGCIクレオスさんのガンダムマーカーエアブラシシステムを使っております。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームサーベルを装備させた画像

 

 

ガンプラにも使用出来るガンダムマーカーエアブラシシステムのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

ガンプラ塗装用ガンダムマーカーエアブラシ レビュー
GSI クレオスさんから発売されているガンダムマーカー エアブラシ システム。ガンプラ歴が長い方なら一度は耳にした事があるという方が多いと思います。ガンプラを造り続けていると綺麗に塗装してみたいなと考える事は少なくないと思いますが、いくらかかるのか?安全面はどうなのか?部屋は汚れないのか?沢山ある商品の中からどれを選ぶべきか等に悩まされて踏み切れない方も多いと思います。そこで、塗装初心者の私がガンダムマーカーエアブラシを3ヶ月使ってみた使用感や仕上がり、どういった方にお勧めなのかと言うことを実際の塗装例を交えて紹介させていただき、突然エアーが出なくなった場合の対応や個別の消耗品のご紹介もしているので是非、ご購のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

続いてビームサーベルを振り上げた量産型vガンダムです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームサーベルを装備させた画像

 

 

そして下から見上げるアングルにてのワンショットで最後です。ビームサーベルも良く似合うと思うのでお手持ちのMS武器セットがありましたらお試し下さい。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームサーベルを装備させた画像


 

 

ニューハイパーバズーカ装備状態

ここからは過去弾のMOBILE SUIT ENSEMBLE 04弾のMS武器セットよりニューハイパーバズーカを装備させた状態です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームライフルとニューハイパーバズーカを装備させた画像

 

 

左側から見上げる形でのワンショットです。ガシャポンには見えないクオリティーです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームライフルとニューハイパーバズーカを装備させた画像

 

 

反対側からも···vガンダム用の武器と言うことで持たせてみましたが良く似合うのではないでしょうか(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームライフルとニューハイパーバズーカを装備させた画像

 

 

ニューハイパーバズーカ越しに睨みを効かすポージングで最後です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームライフルとニューハイパーバズーカを装備させた画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX27弾のHi-vガンダムセットのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX27 Hi-v(ハイニュー) ガンダムセット レビュー
今回はプレミアムバンダイさんから限定予約販売されたMOBILE  SUIT  ENSEMBLE  EX27弾のハイニューガンダムセットのレビューと商品紹介をさせていただきたいと思います。通常16弾のハイニューガンダムと似ている印象もありつつ、カラーリングの変更、ファンネルの大型化、更にハイパー·メガ·バズーカ·ランチャーが付属する点が特徴の本商品の魅力となっており、いつも通り画像多めでそのクオリティーお伝えして行きたいと思います。

 

 

フィンファンネル装備状態

ここからは同弾のMS武器セットの量産型vガンダム用のフィンファンネルを装備させた状態をご紹介して行きます(左手の平手は他弾からの流用です)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームライフルとフィンファンネルを装備させた画像

 

 

念のためツインカム装備時のバックパックとフィンファンネル装備時のバックパックの画像を載せておきます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムのツインカム装着時のバックパックの画像

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムのフィンファンネル装着時のバックパックの画像

 

 

本当に量産型とは思えない格好良さです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームライフルとフィンファンネルを装備させた画像

 

 

反対側から···ビームライフルを構えているポージングです。ビームスプレーガンが少し曲がっていますね。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームライフルとフィンファンネルを装備させた画像

 

 

最後はカメラ目線で決めポーズです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾の量産型vガンダムにビームライフルとフィンファンネルを装備させた画像


 

 

ボール

本体

ここからはボールのご紹介へ。連邦軍の量産機として多くのバリエーションを持つボールですがキャノン砲とサブアームを装備した状態となっています。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾のボールの画像

 

 

右側から···キャノン砲は角度を変える事が可能で、サーブアームも回転、展開させる事が出来ます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾のボールの画像

 

 

後方からの1枚です。ジョイント用の穴も多いのでカスタマイズには困らなそうですね。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾のボールの画像

 

 

サブアームを回転及び展開させて取り付けたポージングにて最後です。派手さこそないですが情報量とクオリティーの高さを十分感じられました。また赤の発色も申し分なかったと思います。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)21弾のボールの画像


 

 

組立方法

MOBILE SUIT ENSEMBLE 21弾のボールの組立方法はBANDAI さんのホームページで紹介されているので以下のリンクをチェックしてみて下さい(一部、別パーツとして表記されているところがワンピースの部品であったように記憶しているので図をご参考に組んでいただければと思います)。

21弾の組み立て方|機動戦士ガンダム モビルスーツ アンサンブル|ガシャポンオフィシャルサイト
MOBILE SUIT ENSEMBLE 21弾の組み立て方解説ページです。機動戦士ガンダム モビルスーツ アンサンブル公式サイト。「武装」をテーマにガシャポンガンダム新ホビーがここに!

 

 

関連ガンプラのご紹介

昨今のガンプラの価格高等があり中々、お勧めしにくい状況にもありますが、RGのvガンダムとHi-vガンダムをご紹介させていただきますのでご興味のある方はチェックしてみて下さい。

 

 

 

中古品販売情報

MOBILE SUIT ENSEMBLE 21弾の量産型Vガンダムとボールの中古品の販売情報を掲載したのでご興味のある方はチェックしてみて下さい。

 


トレーディングフィギュア量産型νガンダム 「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE21」

トレーディングフィギュアMS武器セット 「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE 4.5」
トレーディングフィギュア量産型νガンダム 「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE21」

トレーディングフィギュアボール 「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE21」

 

 

まとめ

以上がMOBILE SUIT ENSEMBLE (モビルスーツアンサンブル) 21弾の量産型vガンダムとボールのレビューでした。

量産型vガンダムは[M-MSV]からのエントリーで、RX-93 vガンダムの量産型として生産されたRX-94として個人的にはかなりマニアックな商品化だったのではないかと思います。個人的にはあまり存じ上げないモビルスーツだったのですがディスプレイした時の格好良さは格別でこのギャップは過去一番であったのではないかと思いました。04弾のMS武器セットのニューハイパーバズーカとの相性も良さそうなのでお手持ちの方はお試し下さい。更に、21弾のMS武器セットのフィンファンネルも装着可能なのでお勧めです。

ボールは連邦軍の量産型機として多くのバリエーションがありますが[機動戦士ガンダム0083STARDUST MEMORY ]にも登場していたようですね。個人的には他のモビルスーツと比較するともの足らない気もしていましたが、ディスプレイに限った場合のクオリティーはとても高く、ファンの方には満足いただける仕上りであったと思いました。

本商品は、2022年4月第5週の発売、1回500円のガシャポンでした。ネットでは少し割高かになってしまいますが商品内容を選択する事が出来るメリットもありますので気になった方はチェックしてみていただければと思います。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。