GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
1/12更新 お手頃価格のガンプラ
EG ガンダム EG ストライクガンダム EG ニューガンダム HG シャア専用ザクII RG フォースインパルス
11/29 更新 M.S.E.中古販売情報!
ガンダムMk-II コアベース ギラドーガ ウーンドウォート ニューガンダム
ギラドーガ 黒い三連星用ザクII ユニコーンガンダム レッドフレーム ブルーフレーム
4/6更新 18&7.5弾予約情報!!
18弾 ガンダム 18弾 S.バレトS. 18弾 ザクW.  18弾 ザクW.  5種セット 
Mk-II Gディフェンサー ギラドーガm.p. ギラドーガ レズン機 5種セット 
ディスプレイにも拘りをプラス!
ミニフライングベース ニューフライングベース プレイングベースA シンプルスタンド  マルチスタンド 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 7.5 ガンダムMk-II & Gディフェンサー レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyonta です。

今回は2021年7月4週発売のMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 7.5弾より、ガンダムMk-II(ティターンズカラー)とG-ディフェンサー(ティターンズカラー)を合わせてレビューさせていただきます。先行して発売された第7弾のスーパーガンダムも素晴らしい仕上がりだったのでこの辺りについてもご報告して行きたいと思っています。

因みに、MOBILE SUIT ENSEMBLE 7.5弾のラインナップは①ガンダムMk-II(ティターンズカラー)、②リ·ガズィ(マーキングプラス)、③ギラ·ドーガ(レズン機)、④ギラ·ドーガ(マーキングプラス)、⑤G-ディフェンサー、⑥MS武器セットとなっています。

 

 

ガンダムMk-II(ティターンズカラー)

本体

まずは個人的に今回のメインかと思えるMOBILE SUIT ENSEMBLE 7.5弾のガンダムMk-II(ティターンズカラー)からです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル) 7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)の画像

 

 

右側へ少し移動したアングルへ。肩や膝の装甲にマーキングが追加されていて良い感じの仕上がりになっています。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) 7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)の画像

 

 

後ろへ回り込んでのバックショットです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)の画像

 

 

再び前に戻って来ての1枚です。ティターンズカラーなので格好良い事は間違いないのですが、黄色の発色がやや弱いかなという印象もあり、隠蔽力のよわさとコストとの兼ね合いもあったのかななんて意地悪な推測もしてしまいました(個体差の可能性もありますのでご参考程度にお願い致します)。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)の画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 07弾のガンダムマークIIのレビューはこちらからどうぞ。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 07 ガンダムMk-II レビュー
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第十弾となる07弾のラインナップは①ガンダムMK-II、②リ・ガズィ、③ギラ・ドーガ、④G-ディフェンサー、⑤MS武器セットとなっています。今回は、このうち、ガンダムMk-IIをレビューさせていただきます。

 

 

初期武装

ここからは付属の武装をご紹介して行きます。まずはお馴染みのビームライフルからです。これはかなり良いのではないでしょうか(笑)。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) 7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)にビームライフルを装備させた画像

 

 

更に左腕にはシールドを装備···

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) 7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)にビームライフルとシールドを装備させた画像

 

 

シールドにも塗り分けやティターンズのロゴが入る拘り様が素晴らしいです。因みにシールドはワンピースです!シールドの黄色も少し気になるものの十分ファンの心を満たしてくれる仕上がりかと思います。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)にビームライフルとシールドを装備させた画像

 

 

そして初期武装はバルカンポッドシステムです。2ピース構成で3mmジョイントで接続させるのでポロポロ落ちてしまう心配はありませんでした。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)にビームライフルとシールドとバルカンポッドシステムを装備させた画像

 

 

アクションポーズ

ここからはガンダムMk-II(ティターンズカラー)のアクションポーズへ。純正の台座も付属しますがこちらではコトブキヤさんの”ミニフライングベース”を使わせていただいています。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)にビームライフルとシールドとバルカンポッドシステムを装備させてポージングさせた画像

 

 

ミニフライングベースはMOBILE SUIT ENSEMBLE と相性が良く、ディスプレイにお勧めです。他の記事にてレビューを行っておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

ヘキサギア ミニフライングベース レビュー
六角型のジョイントシステムを軸に開発されたコトブキヤさんの新しいオリジナルメカシリーズの「ヘキサギア」。その中で2017年8月に発売されたミニフライングベースは3mm軸のジョイントが付属するため、MOBILE SUIT ENSEMBLEを様々なポージングで格好良くディスプレイする事が可能です。モビルスーツアンサンブルシリーズのワンランク上のパフォーマンスを引き出したい方にお勧めですのでレビューさせていただきます。

 

 

こちらはシールド越しに睨み付けるイメージにて···格好良いです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) 7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)にビームライフルとシールドとバルカンポッドシステムを装備させてポージングさせた画像

 

 

傾斜を付けてフライト状態を再現です。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) 7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)にビームライフルとシールドとバルカンポッドシステムを装備させてポージングさせた画像

 

 

目線を外して決めのポージングです。初期武装だけでもかなり堪能出来るクオリティーだと思います。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムMk-II(ティターンズカラー)にビームライフルとシールドとバルカンポッドシステムを装備させてポージングさせた画像


 

 

Gディフェンサー

本体

ここからはティターンズカラーのGディフェンサーへ。まずは組立て後の完成状態からです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 gディフェンサー(ティターンズカラー)の画像

 

 

こちらは右側のロングライフルが見えるアングルからです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 gディフェンサー(ティターンズカラー)の画像

 

 

Gディフェンサーの組立て方法は変則的で少し難しいので、お悩みの方は07弾のこちらのレビューをご参考にして下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 07 G-ディフェンサー レビュー
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第十弾となる07弾のラインナップは①ガンダムMK-II、②リ・ガズィ、③ギラ・ドーガ、④G-ディフェンサー、⑤MS武器セットとなっています。今回は、このうち、G-ディフェンサーを組み立て方法を交えながらレビューさせていただきます。

 

 

ポージング

ここからはフライト状態を再現したGディフェンサーを少しご紹介して行きます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 gディフェンサー(ティターンズカラー)をディスプレイした画像

 

 

ミニフライングベースとの連結は他弾のジョイントを使用しています(下の画像をご覧下さい)。

モビルスーツアンサンブル 7.5弾のGディフェンサーとミニフライングベースの連結方法を説明している画像

 

 

少し上から全体を見下ろしたアングルへ···因みにディスプレイはMk-IIと同じくミニフライングベースを使用しています。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 gディフェンサー(ティターンズカラー)をディスプレイした画像

 

 

左翼にティターンズのロゴも入っていて07弾のカラーバリエーション+マーキングプラス的な仕上がりも漂わせています。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 gディフェンサー(ティターンズカラー)をディスプレイした画像

 

 

そしてロングライフルにフォーカスした側面からの画像です。いつかガンプラで塗装してティターンズカラーのMk-IIを制作してみたいと思って降りましたが先を超されてしまいました(笑)。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 gディフェンサー(ティターンズカラー)をディスプレイした画像


 

 

ガンダムMk-II&Gディフェンサー(ティターンズカラー)

ライディング

ここからはガンダムMk-II(ティターンズカラー)とGディフェンダー(ティターンズカラー)の協演をご紹介して行きます。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムmk-iiとgディフェンサー(ティターンズカラー)をディスプレイした画像

 

 

スーパーガンダムに行ってしまう前のライディング状態の再現ですがかなりお勧めです。ディスプレイ用の台座はミニフライングベースには荷が重くなって来る(少し重過ぎる)ので同じくコトブキヤさんの”ニューフライングベース”へ交換しています。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムmk-iiとgディフェンサー(ティターンズカラー)をディスプレイした画像

 

 

戦線で周囲をモニターしているイメージにて···格好良いです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムmk-iiとgディフェンサー(ティターンズカラー)をディスプレイした画像

 

 

お勧めのディスプレイなので是非お試し下さい。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムmk-iiとgディフェンサー(ティターンズカラー)をディスプレイした画像

 

 

スーパーガンダム

ここからはガンダムMk-II(ティターンズカラー)とGディフェンサー(ティターンズカラー)を組み合わせたスーパーガンダムへ。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムmk-iiとgディフェンサー(ティターンズカラー)を組み合わせたスーパーガンダムをディスプレイした画像

 

 

組立て方法はMOBILE SUIT ENSEMBLE 07のスーパーガンダムのレビューをご参考にして下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 07 スーパーガンダム レビュー
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第十弾となる07弾のラインナップは①ガンダムMK-II、②リ・ガズィ、③ギラ・ドーガ、④G-ディフェンサー、⑤MS武器セットとなっています。今回は、このうち、ガンダムMk-IIとG-ディフェンサーの組み合わせからMk-IIディフェンサー(スーパーガンダム)をレビューさせていただきます。

 

 

ティターンズカラーのスーパーガンダムは見慣れない気がしますがやっぱり魅力的ですね。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムmk-iiとgディフェンサー(ティターンズカラー)を組み合わせたスーパーガンダムをディスプレイした画像

 

 

下から横姿を見上げるアングルにて···ツインアイが反射していて格好良いです。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムmk-iiとgディフェンサー(ティターンズカラー)を組み合わせたスーパーガンダムをディスプレイした画像

 

 

ここからはロングライフルに換装した武装状態です。画像では見切れてしまっていますがかなりの長物です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムmk-iiとgディフェンサー(ティターンズカラー)を組み合わせたスーパーガンダムをディスプレイした画像

 

 

カメラ目線の1枚です。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムmk-iiとgディフェンサー(ティターンズカラー)を組み合わせたスーパーガンダムをディスプレイした画像

 

 

良い感じのものが撮れた気が···このアングルだとMOBILE SUIT ENSEMBLE ではないのではないかと一瞬思える自分がおりました。今回も素晴らしいクオリティーだったと思います。

mobile suit ensemble (モビルスーツアンサンブル)7.5 ガンダムmk-iiとgディフェンサー(ティターンズカラー)を組み合わせたスーパーガンダムをディスプレイした画像

 

 

中古品販売情報

こちらでは中古品の販売情報をご紹介させていただきます。2021年8月現在では容易に入手出来ますがお近くに販売売り場がない方やガシャポンではなく決めうちで購入したいという方はチェックしてみて下さい。


トレーディングフィギュアガンダムMk-II(ティターンズカラー) 「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE7.5」

トレーディングフィギュアGディフェンサー(ティターンズカラー) 「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE7.5」

 

 

まとめ

以上が、MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) 7.5弾より、ガンダムMk-II(ティターンズカラー)とG-ディフェンサー(ティターンズカラー)を合わせたレビューでした。

ガンダムMk-II(ティターンズカラー)は、初期武装でビームライフル、シールド、バルカンポッドシステムが揃うのでかなり充実した内容であったと思います。これだけあればかなりのバリエーションを楽しむ事が可能で、見た目のクオリティーの高さとかさなって満足できる商品であったと思います。欲を言わせていただけるなら、黄色の発色をもう少し改善していただけてれば文句無しであったと思います。

また、ティターンズカラーのGディフェンサーも非常に格好良く、Mk-IIとのランディングの状態も堪能出来ました。

7.5弾のラインナップは①ガンダムMk-II(ティターンズカラー)、②リ·ガズィ(マーキングプラス)、③ギラ·ドーガ(レズン機)、④ギラ·ドーガ(マーキングプラス)、⑤G-ディフェンサー、⑥MS武器セットでカラーバリエーションとマーキングプラスの組み合わせとなりましたが個人的にはかなりお勧めの弾だと思っています。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 19弾の予約も始まっておりますのでご興味のある方はこちらも是非、チェックしてみて下さい。

レッドフレーム パワードレッド  ブルーフレーム ジェガン  ジェガンD型 

 

本商品は、2021年7月第4週発売、一般販売の一回、500円(税込み)のガシャポンでした。2021年7月現在は店頭にて定価でご購入が可能ですので是非チェックしていただければと思います。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
オンライン限定最新情報! プレミアム バンダイ
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT