GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
WAVE しいたけ量産ツール!
ディテールパンチ台形1 ディテールパンチ台形2  ディテールパンチ台形3 ディテールパンチ台形4
人気のMETAL BUILED
S. ガンダム カレトブレッフ デスティニー F. P. F. ガンダム ゴールドフレーム
ガンバレルストライカー ストライクルージュ アストレア エール ストライク フリーダム
コレクションケースもおすすめ!
SIDE MS 中古販売情報
FAZZ Ex-Sガンダム フリーダム ゼータプラス
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

METAL BUILD(メタルビルド) I.W.S.P. レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。今回は2022年11月発送のプレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売のあった、人気ブランドシリーズのMETAL BUILD(メタルビルド) I.W.S.P.のレビューをさせていただきたいと思います。

 

 

 

I.W.S.P.

外箱と付属品

まずは外箱からのご紹介です。グレー系の落ち着いたトーンでデザインされていて格好良いです。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.の外箱の画像 metal build (メタルビルド) i.w.s.p.の外箱の画像

 

 

続いて付属品の画像へ。ブリスターパックは1段のみですが大きめのサイズでした。コンバインドシールドの赤が目を引きます。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.の付属品の画像

 

 

そしてMETAL BUILD I.W.S.P.の取扱説明書の画像です。I.W.S.P.と言えばストライクルージュのイメージがありますがストライクも早く再現してみたいところです(笑)。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.の取扱説明書の画像


 

 

本体

ここからは付属のディスプレイ台座を使ってI.W.S.P.をご紹介していきます。1枚のウィングは可動式なのでお好みの角度に調整出来ます。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.の画像

 

 

機体下部に懸架している対艦刀ホルダーは可動式なので前方や後方に位置を変える事が可能です。因みにI.W.S.P.はIntegrated weapons striker packの略となっています。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.の画像

 

 

後方からのバックショットへ···緑矢印部分のバーニアノズルや赤矢印部分のフラップも可動式なので単なる完成トイではなく航空機としてのリアリティも感じる事が出来るクオリティとなっています。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.の画像

 

 

前方に戻って正面からの1枚です。主砲の115mmレールガンの先端部にも展開ギミックも用意されており、非常に細やかな表情造りが出来そうですね。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.の画像

 

 

METAL BUILD ガンバレルストライカーのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

METAL BUILD(メタルビルド) ガンバレルストライカー レビュー
今回は『機動戦士ガンダム SEED MSV』より、METAL BUILD(メタルビルド)のガンバレルストライカーをレビューさせていただきます。プレミアムバンダイさんからのオンライン限定販売で、2019年1月発送、価格は10,800円(税込)でした。別売りのストライクガンダムと組み合わせる事で新たなシルエットを楽しめる仕様となっており、SEEDのMSVを存分に味わえる商品となっています。

 

 

EWフライトフォーム

ここからはI.W.S.P.にコンバインドシールドを懸架させたEWフライトフォームのご紹介へ。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.のewフライトフォームの画像

 

 

I.W.S.P.自体に派手さがないのでコンバインドシールドの赤が良いアクセントになってくれていて格好良いです。シルエット的にもかなり好みです。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.のewフライトフォームの画像

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.のewフライトフォームの画像

 

 

左側からの1枚でEWフライトフォームのラストです。ちょっとしたオプションなのですがこういった自律飛行形態を再現出来るのも魅力的ですよね。新鮮でとても良かったと思います。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.のewフライトフォームの画像


 

 

フルバーストフォーム

ここからはI.W.S.P.を変形させたフルバーストフォームのご紹介です。ここではMETAL BUILD のストライクガンダムを使ってディスプレイしてみました。ストライクガンダムは別売りとなりますので御注意下さい。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.のフルバーストフォームの画像

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.のフルバーストフォームの画像

 

 

続いて後方からのワンショットです。フルバーストフォーム自体の自立はかなりしっかりしているので安心してディスプレイ可能です。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.のフルバーストフォームの画像

 

 

そして正面に回ってI.W.S.P.のフルバーストフォームの最後の1枚です。固定武装のため単体での変化は大きくありませんが、モビルスーツを変える事でバリエーションを楽しめそうです。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.のフルバーストフォームの画像

 

 

METAL BUILD エールストライクガンダムのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

METAL BUILD(メタルビルド) エールストライクガンダム レビュー
今回は2018年8月11日(土)発売、『機動戦士ガンダムSEED』より人気のMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズからエールストライクガンダムをレビューさせていただきます。METAL BUILEDブランドからの大人気のエールストライクガンダムの発売とあって一般販売分は一瞬で完売。諦められなかった私は定額よりやや高値で購入する事となってしまいましたが前評判通りの圧倒的なクオリティーと本シリーズ特有の金属間接とポリカーボネートの融合によるメカニカルな最高峰の完成TOYを画像多めで余す事なくご紹介させていただきたいと思います。また、今回はジョイントパーツの破損にも遭遇したのでそのトラブルシューティングについてもご紹介します。

 

 

ストライクガンダム I.W.S.P. 装備

ここからはストライクガンダム(別売り)にI.W.S.P.を装備させた状態をご紹介して行きます。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.とストライクガンダムを組み合わせたストライクガンダムi.w.s.p.の画像

 

 

更にコンバインドシールドを装備させた状態へ···シールドの赤が良く映えていて格好良いです。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.とストライクガンダムを組み合わせたストライクガンダムi.w.s.p.の画像

 

 

シールドはI.W.S.P.にも積載する事が出来ます。個人的にはこういった仕様が堪らなく好きです(笑)。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.とストライクガンダムを組み合わせたストライクガンダムi.w.s.p.の画像

 

 

一周してカメラ目線のワンショットです。

metal build (メタルビルド) i.w.s.p.とストライクガンダムを組み合わせたストライクガンダムi.w.s.p.の画像


 

 

外箱のポージングをイメージした1枚です。鮮やかな赤が良いですね。

metal build (メタルビルド)のストライクガンダムにi.w.s.p.を装備させたストライクガンダムi.w.s.p.装備状態の画像

 

 

そして、ビームブーメランを装備させた状態へ···ビーム刃部分はクリアパーツなので雰囲気が再現されています。

metal build (メタルビルド)のストライクガンダムにi.w.s.p.を装備させたストライクガンダムi.w.s.p.装備状態の画像

 

 

コンバインドシールドはグリップさせる事も可能なので下の画像のようなポージングも出来ます。

metal build (メタルビルド)のストライクガンダムにi.w.s.p.を装備させたストライクガンダムi.w.s.p.装備状態の画像

 

 

ビームブーメランを構えたポージングの1枚です。ストライクガンダムに持たせる事はあまりないかと思うので新鮮な感じがしました。

metal build (メタルビルド)のストライクガンダムにi.w.s.p.を装備させたストライクガンダムi.w.s.p.装備状態の画像

 

 

METAL BUILD ブルーフレーム(フルウェポン装備)のレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

METAL BUILD(メタルビルド) ガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル·ウェポン装備) レビュー
今回は2016年3月26日発売、『機動戦士ガンダムSEED』の公式外伝である『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』より人気のMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのアストレイ レッドフレーム(フル·ウェポン装備)をレビューさせていただきます。メタルビルド特有の金属間接とポリカーボネートの融合による完成フィギュア最高峰のクオリティーを画像多めで余す事なくお伝えします。

 

 

ここからは9.1m対艦刃を装備させた状態をご紹介していきます。

metal build (メタルビルド)のストライクガンダムにi.w.s.p.を装備させたストライクガンダムi.w.s.p.装備状態の画像

 

 

対艦刃は2つ付属しているので下の画像のように二刀流にする事も可能です。

metal build (メタルビルド)のストライクガンダムにi.w.s.p.を装備させたストライクガンダムi.w.s.p.装備状態の画像

 

 

更に、付属のジョイントを使用する事で2連結の対艦刃を再現する事も出来ます。刃長がかなり長くなるので存在感が増します。シルエット的には一番好きです。

metal build (メタルビルド)のストライクガンダムにi.w.s.p.を装備させたストライクガンダムi.w.s.p.装備状態の画像

 

 

そして最後の1枚です。

metal build (メタルビルド)のストライクガンダムにi.w.s.p.を装備させたストライクガンダムi.w.s.p.装備状態の画像

 

 

中古品販売情報

現在、調査中です。

 

 

まとめ

以上がMETAL BUILD(メタルビルド) I.W.S.P.のレビューでした。

本商品はプレミアムバンダイさんからのオンライン予約限定販売、2022年8月1日予約終了、2022年11月24日発送の商品、価格は14,300(税込み)でした。2022年11月現在では正規ルートでは購入出来ませんが、ネットを中心として中古市場では購入する事は可能ですのでご興味のある方はチェックしてみて下さい。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

Reviews (商品レビュー)METAL BUILD
シェアする
スポンサーリンク

中古で探すならコチラから!
ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋
中古コミック販売 通販ショップの駿河屋
新品/中古映像ソフト販売 通販ショップの駿河屋
アダルトDVD販売 通販ショップの駿河屋
不要品の査定も頼めます!お売りください。駿河屋です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中古で探すならコチラがお勧め!不要品の査定もOK!!

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋

中古コミック販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古PCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古映像ソフト販売 通販ショップの駿河屋

トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋

中古書籍販売 通販ショップの駿河屋

同人誌・同人ソフト販売 通販ショップの駿河屋

グッズ販売 通販ショップの駿河屋

GUNDAM PRESS
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。