GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
5/2更新オンライン限定商品
icon
iconHG ウェルテクス
icon
iconHG バーザム R.B.版
icon
iconRG 量産型ズゴック 
icon
iconHG バーザム(鹵獲仕様) 
icon
iconRG シン·マツナガ ザクII 
icon
iconHG ガンダムMk-III
icon
iconMG ガンダムMk-V
icon
iconHG TR-1次世代量産機
icon
iconRG 黒い三連星ザクII
icon
iconHG Bst.拡張セット
12/1更新 圧倒的ディテールのRG
RG フォース I. RG ジオング RG ニューガンダム RG サザビー RG E.M.専用ザクII
RG S. インパルス RG S.M.専用ザクII RG バンシィ・ノルン RG フェネクス RG U.L.専用ザクII
5/5更新 人気のMETAL BUILED
S. ガンダム カレトブレッフ デスティニー F. P. F. ガンダム ゴールドフレーム
B. セカンドリバイ レッドフレーム アストレア エール ストライク フリーダム
4/12更新 RE/100再販情報
icon iconRE/100 ハンマ·ハンマ icon iconRE/100 ディジェ icon iconRE/100 バウ  icon iconRE/100 ヤクトドーガ  icon iconRE/100 ヤクトドーガ

METAL BUILD(メタルビルド) ガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル·ウェポン装備) レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyonta です。

今回は『機動戦士ガンダム SEED ASTRAY』より、METAL  BUILED(メタルビルド)のガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル·ウェポン装備)をレビューさせていただきます。我が家の納戸で長きに渡って眠って来たブルーフレームですが、2019年の『オルタナティブ·プロジェクト』の始動もあったので良いきっかけとして捉え、納戸から引っ張り出して参りましたのでお付き合いいただけますと幸いです。

 

 

 

パッケージと付属品

まずはMETAL BUILED ガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル·ウェポン装備)のパッケージからのご紹介で下の画像上段が表面、下段が裏面になります。表面のワンショットは非常に格好良く、裏面はフルウェポン仕様の武装バリエーションの豊富さが伝わって来ます。

METALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)のパッケージの画像 METALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)のパッケージの画像

 

 

続いて本商品の付属品です。レッドフレーム同様に左側は本体、右側は2段構成になっており、上段にはフルウェポン用の武装がびっしりと並び、下段には専用ディスプレイが設置されていました。

METALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)の付属品の画像

METALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)の付属品の画像

 

 

そしてブルーフレーム(フル·ウェポン)の取扱説明書のご紹介へ···パッケージのポージングと同じワンショットでしたが再度の登場も納得の構図の良さでした(笑)。

METALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)の取扱説明書の画像

 

 

本体

ここからはガンダムアストレイ ブルーフレーム本体のご紹介へ···まずは正面の画像からです。

METALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)の本体の画像

 

 

お次は右側からの画像へ。青も多色が採用されており見た目も鮮やかで美しいデザインになっています。

METALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)の本体の画像

 

 

更に後方に回り込んでのバックショットです。レッドフレームでも感じましたがブルーフレームも装甲の凹凸による情報量がとても高くかなり見応えがある後ろ姿になっています。

METALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)の本体の画像

 

 

METAL BUILED ガンダムアストレイ レッドフレームのレビューはこちらからご覧下さい。

METAL BUILD(メタルビルド) ガンダムアストレイ レッドフレーム レビュー
今回は2016年3月26日発売、『機動戦士ガンダムSEED』の公式外伝である『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』より人気のMETAL BUILDシリーズのアストレイ レッドフレームをレビューさせていただきます。メタルビルド特有の金属間接とポリカーボネートの融合による完成フィギュア最高峰のクオリティーを画像多めで余す事なくお伝えします。

 

 

そして右側からの画像へ。各所にグレーが差し色として用いられており青の鮮やかさがいっそう強調されて更に格好良い仕上がりになっていたと感じました。

METALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)の本体の画像

 

 

ディスプレイ

ここからは附属のディスプレイ台座を使った各武装の装備状態をご紹介して行きたいと思います。

ビームライフル装備状態

まずはビームライフル装備状態から···ビームライフル自体は特段の派手さはないのですがモールドが多いので本体と比較しても見劣りない仕上がりです。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にビームライフルを装備させた画像

 

 

反対側へ回ってビームライフル越しのブルーフレームへ。ハンドパーツも豊富に揃えられているので場面に応じたタイプが選べるのも嬉しいところですね。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にビームライフルを装備させた画像

 

 

対ビームシールド装備状態

続いてブルーフレーム用の対ビームシールドを装備させた状態へ。カラーリング的にはレッドフレームのカラーバリエーションと言った感じです。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にビームライフルと対ビームシールドを装備させた画像

 

 

変わって左側からの1枚へ···対ビームシールドもワンピースの大型パーツなのですが塗り分けが多く、モールドも細かく造り込まれているため本体とのバランスも全く問題がありませんでした。素晴らしいですね。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にビームライフルと対ビームシールドを装備させた画像

 

 

そして対ビームシールド越しにビームライフルでエイミングするブルーフレームです。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にビームライフルと対ビームシールドを装備させた画像

 

 

ビームサーベル装備状態

ここからはビームサーベル装備状態をご紹介して行きます。ビームサーベルは2本付属しておりレッドフレームと同じもののようです。まずは抜刀スタイルからです。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)に対ビームシールドを装備させて抜刀のポージングをさせている画像

 

 

こちらはビームサーベルを抜いてビーム刃を展開させた状態です。刀身もかなり長いので見映えも良いですし格好良いです。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にビームサーベルと対ビームシールドを装備させた画像

 

 

下から見上げるアングルにてのワンショットです。ビーム刃の太さをお伝え出来ているのではないでしょうか。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にビームサーベルと対ビームシールドを装備させた画像

 

 

更にビームサーベルをもう1本追加した二刀流状態へ···

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にビームサーベル×2を装備させた画像

 

 

個人的には二刀流のポージングも苦手なのですが決まると物凄く格好良い1枚になってくれる気がしております。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にビームサーベル×2を装備させた画像

 

 

そしてビームサーベル×2装備状態ラストの画像です。まだまだ収穫出来そうですが先に進ませていただきます(笑)。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にビームサーベル×2を装備させた画像

 

 

短距離誘導弾発射筒装備状態

ここからは個人的にはブルーフレーム(フル·ウェポン装備)の目玉武装だと思っている短距離誘導弾発射筒装備状態へ。まずはウェポンラックをバックパックに追加装備させてビームライフルを懸架させて···

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にウェポンラックを装備させた画像

 

 

そして右腕に8連装短距離誘導弾発射筒を装備させました。弾頭の塗り分けやモールド、デカール等のディテールは申し分なく期待通りの仕上がりです。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にウェポンラックを装備させて更に8連短距離誘導弾発射筒を装備させた画像

 

 

更に8連装短距離誘導弾発射筒をもう1つ追加して×2装備状態へ。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にウェポンラックを装備させて更に8連短距離誘導弾発射筒×2を装備させた画像

 

 

こちらでは左腕に装備させていた8連装短距離誘導弾発射筒をウェポンラックに懸架した状態へ···これによってハンドユニットが空くので更なる重装の可能性を感じさせてくれます。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にウェポンラックを装備させて更に8連短距離誘導弾発射筒×2を装備させた画像

 

 

ここで脚部に3連装短距離誘導弾発射筒を装備させた状態へ。本武装を装備させるためにブルーフレームに追加装甲を取り付けますがそれもまた格好良いです。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にウェポンラックを装備させて更に8連短距離誘導弾発射筒×2と3連短距離誘導弾発射筒×2を装備させた画像

 

 

バックショットも1枚ご紹介します。情報量が尋常でない事になっていますね(笑)。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にウェポンラックを装備させて更に8連短距離誘導弾発射筒×2と3連短距離誘導弾発射筒×2を装備させた画像

 

 

無反動砲装備状態

ここからはブルーフレームのメインウェポンとなり得る無反動砲の装備状態の画像です。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にウェポンラックを装備させて更に8連短距離誘導弾発射筒×2と3連短距離誘導弾発射筒と無反動砲を装備させた画像

 

 

反対側から砲口が大きいので迫力がある上、ディテールも素晴らしく、スコープやグリップ部分のギミックやマガジンの着脱も可能で魅力的な仕様に···脇に抱え込むポージングも出来ます。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にウェポンラックを装備させて更に8連短距離誘導弾発射筒×2と3連短距離誘導弾発射筒と無反動砲を装備させた画像

 

 

ここからは無反動砲は右手に装備させ、左腕には対ビームシールドを装備させた状態へ。因みにパッケージと同じ武装です。

ディスプレイしたMETALBUILD (メタルビルド)のブルーフレーム(フルウェポン装備)にウェポンラックを装備させて更に8連短距離誘導弾発射筒×2と3連短距離誘導弾発射筒と無反動砲を装備させた画像

 

また更新します。

 

 

関連ガンプラ紹介

こちらではガンダムアストレイ ブルーフレームのHGとRGのガンプラをご紹介させていただきました。

 

 

 

 

中古品販売情報

ここではMETAL BUILED(メタルビルド) ガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル·ウェポン装備)の中古販売情報をご紹介させていただきました。在庫切れの場合もありますが安価で購入出来る可能性もありますのでチェックしてみて下さい。

 


フィギュアMETAL BUILD ガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル・ウェポン装備) 「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」

 

 

まとめ

以上が『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』よりMETAL BUILD ガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル·ウェポン装備)のレビューでした。

別に販売されているガンダム アストレイ レッドフレーム同様に、2019年12月発売のMETAL STRUCTURE 解体匠機 vガンダムが登場するまでは完成フィギュアとしての最高級ブランドを誇っていただけに本商品も素晴らしい出来映えであったと思います。

レッドフレームと比較して別売りのオプションは販売されていないものの同梱されている各種武装はバリエーションに富んでいてどれも見応えのある内容になっていたと思います。また、2019年に始動した『オルタナティブ プロジェクト』により、METAL BUILED シリーズの各種アイテムを用いたバリエーションが楽しめるようになりそのプレイバリューも一気に広がったと言えます。

本商品は2016年3月26日、一般販売品で価格は18,000円でした。人気のアイテムであった事もあり2021年4月現在では店頭で販売されている事はなさそうですが中古市場を中心に取り扱いのあるサイトもあるので気になった方は是非チェックしてみて下さい。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

METAL BUILD(メタルビルド) エールストライクガンダム レビュー
今回は2018年8月11日(土)発売、『機動戦士ガンダムSEED』より人気のMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズからエールストライクガンダムをレビューさせていただきます。METAL BUILEDブランドからの大人気のエールストライクガンダムの発売とあって一般販売分は一瞬で完売。諦められなかった私は定額よりやや高値で購入する事となってしまいましたが前評判通りの圧倒的なクオリティーと本シリーズ特有の金属間接とポリカーボネートの融合によるメカニカルな最高峰の完成TOYを画像多めで余す事なくご紹介させていただきたいと思います。また、今回はジョイントパーツの破損にも遭遇したのでそのトラブルシューティングについてもご紹介します。
METAL BUILD(メタルビルド) ライトニングストライカー レビュー
今回は『機動戦士ガンダムSEED』からプレミアムバンダイさんより限定予約販売のあった人気のMETAL BUILD (メタルビルド)シリーズのオルタナティブストライク·プロジェクトの一つであるライトニングストライカーをレビューさせていただきます。モビルスーツとストライカーパックの互換性を最大限まで高めたMSV(モビルスーツバリエーション)の極地とそのクオリティーの高さを画像多めでお伝えして行きます。
METAL BUILD(メタルビルド) ソードストライカー レビュー
今回は2020年9月9日にプレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売が開始されたMETALBUILED(メタルビルド)シリーズより『機動戦士ガンダムSEED』のソード・ストライカーをレビューさせていただきます。MSV企画『オルタナティブ ストライク』の一角を成す商品であり、ストライクガンダムはもちろんの事、レッドフレームやブルーフレームとの武装の換装も楽しめる内容となっておりますのでこの辺りのバリエーションも含めてたっぷりとレビューさせていただきます。
METAL BUILED(メタルビルド) ランチャーストライカー レビュー
今回は今夏(2020年8月8日)に一般販売された大人気シリーズMETAL BUILED(メタルビルド)よりフリーダムガンダム CONCEPT2をレビューさせていただきます。2015年11月21日に一般販売されたフリーダムガンダムに2019年5月販売のストライクフリーダム等の最新の技術をフィードバックさせたリファイン版(コンセプト2)とも言える商品であり、その仕上がりを画像多めで余す事なくご紹介させていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
オンライン限定最新情報! プレミアム バンダイ
スポンサーリンク
icon iconB-style ラクス・クライン バニーVer. icon iconフィギュアーツZERO ベアトリクス  icon iconフィギュアーツZERO ゼタ 
icon iconG.E.M.シリーズ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 アヤナミレイ(仮称)  icon iconGashaPortraits シン・エヴァンゲリオン劇場版 Special SET02  icon iconROBOT魂 <SIDE EVA> エヴァンゲリオン新2号機α 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4/5更新 一押し予約商品

icon iconHG バーザム R.B.版 icon iconHG バーザム(鹵獲仕様)

4/5更新 品薄キットの中古品のご紹介

シルヴァバレト  HG ゾゴック HG シュナイド HG Rジャジャ
HG フライルー HG ゲルググ HG ドムトローペン HG ケンプファー
HG アイザック HG ディジェ HG アンクシャ HG キュベレイ
MG F.フリーダム MG ドム  MG ユニコーンガンダム  MG インフィニット J. 
MG ハイニューガンダム MG F.インパルス  ニューガンダム  MG シナンジュ