GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
12/6更新 オススメ改造パーツ
スラスターノーマル スラスターショート  HD プレート VCドーム マイナスモールド
ガンマズル FLリベット 精密スプリング マイナスパイル SPプレート
WAVE しいたけ量産ツール!
ディテールパンチ台形1 ディテールパンチ台形2  ディテールパンチ台形3 ディテールパンチ台形4
ガンプラのカスタマイズにM.S.G.シリーズ

リボルビングバスターキャノン

サムライマスターソード

マルチミサイル

ユナイトソード

プロペラントタンク

ベクタードスラスターA

バーストレールガン

セレクターライフル

アサルトライフル2

ストロングライフル 
人気の強力サポートツール
卓上そうじ機 バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
 精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
カスタマイズにM.S.G.シリーズ
リボルビングバスターキャノン サムライマスターソード マルチミサイル ユナイトソード プロペラントタンク
ベクタードスラスターA バーストレールガン セレクターライフル アサルトライフル2 ストロングライフル 
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

HGUC ガンダム TR-6[キハールII](レジオン鹵獲機カラー)の制作記録4(水転写デカール貼付)

hgucキハールiiのユニットへの水転写デカールによるディテールアップをした後の画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。今回は制作しているHG ガンダムTR-6[キハールII](鹵獲カラー)への水転写デカール貼付についての制作記録を残したいと思っています。こちらも慣れてしまえば簡単な作業なのですが、やり方を知らないだけで敬遠されがちなディテールアップ方法になっているかと思いますのでご参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

制作記録

デカール貼付(その1)

まずはキハールIIの頭部装甲部分への水転写デカールの貼付け例をご紹介して行きます。こちらが対象のパーツです。

hgucキハールiiのパーツへの水転写デカールによるディテールアップをしている画像

 

 

 

最初に貼付けたいデカールをデザインナイフで下の画像のように切り出しました。今回はハイキューパーツさんの 1/144 RB01コーションデカールホワイトを使わせていただいております。

hgucキハールiiのパーツへの水転写デカールによるディテールアップをしている画像

 

 

続いて、切り出したデカールを水に浸して台紙からデカールを剥がしやすくします。浸している時間が短過ぎるとデカールが剥がれず、長過ぎると台紙から剥がれて回収するのに困る事になるので注意が必要です。慣れるまでは1枚ずつ処理して行く事で大きな失敗を避けられると思います。おおよそ10~20秒位水に沈めてからピンセットで取出しました。

hgucキハールiiのパーツへの水転写デカールによるディテールアップをしている画像

 

 

取り出したところが下の画像です。余分な水分をティッシュ等で取り除いています。

hgucキハールiiのパーツへの水転写デカールによるディテールアップをしている画像

 

 

ピンセットでつついて台紙の上でデカールが動く事を確認します。動かなければ水の浸漬時間が足らないという事になるので、数10秒放置して再び動くかどうか確認しています。動く事を確認したら、ピンセットを使って下の画像のようにデカールを台紙から剥がします。

hgucキハールiiのパーツへの水転写デカールによるディテールアップをしている画像

 

 

デカール自体にも糊が付いているのでそのまま貼付する事も出来ますが、マークセッター(追加の糊の役割)をちょんと付けてから貼付けた方が接着力がアップすると思います。デカールを目的のところに置くと余分な水分が出てくるので綿棒に吸収させて取り除けば完成です。最終的にトップコートを吹いて仕上げますが、それまではデカールは剥がれてしまう可能性もあるので可能な限り触れないないように他の作業をした方が安全だと思います。

hgucキハールiiのパーツへの水転写デカールによるディテールアップをしている画像


 

 

デカール貼付(その2)

2つ目はキハールIIのシールドへの水転写デカールの貼付け例です(上:貼付け前、下:貼付け後)。

hgucキハールiiのシールドへの水転写デカールによるディテールアップをする前の画像

hgucキハールiiのシールドへの水転写デカールによるディテールアップをした後の画像

 

 

HGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]の作例紹介及びバリエーションレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

HGUC ガンダムTR-1 [ヘイズル改] ガンプラ作例紹介&バリエーション レビュー
今回は、『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』よりHGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]のガンプラ作例紹介とバリエーションレビューをさせていただきたいと思います。このキットは以前にも何度か作った事がありサクサク進めてしまった事と、プリムローズやフルドド及びビーム・ライフルの改造等を先行させていたため、慌てて造った事も重なりヘイズル改自体の制作記録はあまり残っておらず今回は勝手ながら割愛させていただきました(汗)。カラーバリエーション等でまた造る事もあるかと思いますが申し訳ありません・・・その変わりと言っては何なのですが、ヘイズル改を中心とした、プリムローズやフルドド、ギャプランブースーターを織り交ぜたちょっとしたバリエーションレビューも出来ればなと考えておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。

 

 

デカール貼付(その3)

最後は下のユニットへの水転写デカールの貼付け例です(上:貼付け前、下:貼付け後)。

hgucキハールiiのユニットへの水転写デカールによるディテールアップをした後の画像

hgucキハールiiのユニットへの水転写デカールによるディテールアップをした後の画像

 

 

まとめ

以上がHG ガンダムTR-6[キハールII](レジオン鹵獲機カラー)の制作記録4(水転写デカール貼付)でした。

水転写デカールの貼付方法さえ覚えてしまえばかなり効果的に情報量をアップさせる事が可能なので、一度お試しいただければと思います。水転写デカールのカラーバリエーションも豊富なのでお好みの色でディテールアップに挑戦してみていただければと思います。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

Modeling logs (制作記録)HGUC
シェアする
スポンサーリンク

中古で探すならコチラから!
ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋
中古コミック販売 通販ショップの駿河屋
新品/中古映像ソフト販売 通販ショップの駿河屋
アダルトDVD販売 通販ショップの駿河屋
不要品の査定も頼めます!お売りください。駿河屋です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中古で探すならコチラがお勧め!不要品の査定もOK!!

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋

中古コミック販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古PCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古映像ソフト販売 通販ショップの駿河屋

トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋

中古書籍販売 通販ショップの駿河屋

同人誌・同人ソフト販売 通販ショップの駿河屋

グッズ販売 通販ショップの駿河屋

GUNDAM PRESS
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。