GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
M.S.E 01弾 11月再販分!!
ガンダム ザク ユニコーン Gファイター MS武器セット
M.S.E 23弾 販売中!!
エアリアル バルバトス グレイズ リック·ディアス  エアリアル用武器 
M.S.E.中古販売情報!
キュベレイセット コアトップ コアベース リガズィ ウーンドウォート
ギラ·ドーガ Sガンダム ブルーフレーム レッドフレーム パワードレッド
WAVE しいたけ量産ツール!
ディテールパンチ台形1 ディテールパンチ台形2  ディテールパンチ台形3 ディテールパンチ台形4
ディスプレイにも拘りをプラス!
ミニフライングベース ニューフライングベース プレイングベースA シンプルスタンド  マルチスタンド 
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX40 デンドロビウム レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyonta です。

今回は、プレミアムバンダイさんのオンライン限定予約販売品であった人気のMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) シリーズのEX40弾より、デンドロビウムをレビューさせていただきたいと思います。当該機は『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY 』に搭乗するモビルスーであり、規格外の大きさから一度は見たり聞いたりした事がある方も多いのではないかと思いますが、大きさのみには止まらないその魅力についてお伝え出来ればと考えておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。

 

 

 

外箱

まずはMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) EX40弾のデンドロビウムの外箱のご紹介からです。箱の大きさはEX35のガンダムTR-6[クインリィ](フルアーマー形態)と同サイズでした。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex40弾のデンドロビウムの外箱の画像

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex40弾のデンドロビウムの外箱の画像


 

 

ガンダム試作3号機

続いてガンダム試作3号機ステイメンのご紹介です。後で通常22弾との比較画像を載せますが、左肩に”03.”のロゴが入ったのが大きな違いかと思います。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル)ex 40のガンダム試作3号機ステイメンの画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 22弾のガンダム試作3号機レビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 22 ガンダム試作3号機 レビュー
今回は、2022年第5週発売、人気のMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) シリーズの第22弾より、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY 』からのエントリーのガンダム試作3号機のレビューをさせていただきたいと思います。

 

 

右側に回っての1枚へ···加えて眉毛も細くなっています(笑)個人的にはEX40版の顔の方が好みです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のガンダム試作3号機ステイメンの画像

 

 

後方からのワンショットです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のガンダム試作3号機ステイメンの画像

 

 

最後はEX40弾(左)と通常22弾(右)のガンダム試作3号機の比較画像へ。やはり、左肩ロゴと額のマーキングが変わってますね。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のガンダム試作3号機ステイメンと通常22弾の違いの比較画像

 

 

デンドロビウム

組立方法

ここからは簡単にデンドロビウムの組立て方法をご紹介して行きます。まずはメインスラスターにメガビーム砲、Iフィールドジェネレータ、クローアーム×2、そしてサイドスラスター×2を取り付けて行きます。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムの組立て方法を説明した画像

 

 

ここでステイメンを配置させます。右手にはメガビーム砲のグリップを握らせる事が可能です。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムの組立て方法を説明した画像

 

 

更にウェポンコンテナを装備させてデンドロビウムの完成です。因みに、兵器や武装コンテナ、スラスターの複合体をオーキスと呼び、これにステイメンが搭乗した状態をデンドロビウムと呼ぶようです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムの組立て方法を説明した画像

 

 

ウェポンコンテナ上のプリントも精密で情報量が高いです。単なる平面に止まる事なく、凹凸によるパネルラインの表現も良い感じではないでしょうか。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムの組立て方法を説明した画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX36弾のガンダム試作2号機のレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX36 ガンダム試作2号機 & ザメル セットレビュー
今回は、プレミアムバンダイさんからのオンライン予約限定商品であり、2022年5月19日発送の人気シリーズ、MOBILE SUIT ENSEMBLE (モビルスーツアンサンブル)シリーズより、EX36弾のガンダム試作2号機とザメルのセットをレビューさせていただきます。

 

 

武装装備状態

ここからはデンドロビウムに武装を装備させた状態をご紹介して行きます。まずはビームライフルからです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにビームライフルを装備させた画像

 

 

続いてフォールディングバズーカを装備させた状態へ···2つ付属するので下の画像のように両手に持たせる事も出来ます。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにフォールディングバズーカを装備させた画像

 

 

更に両腕をフォールディングアームに換装した武装状態です。個人的にはこのシルエットが一番好みだったりします。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにフォールディングアームを装備させた画像

 

 

ここで一旦引いた画像です。ウェポンコンテナやスラスター、メガビーム砲の位置取りが絶妙ですよね。本当に格好良いです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにフォールディングアームを装備させた画像



 

 

ウェポンコンテナ

ここからはウェポンコンテナを中心にご紹介して行きます。ハッチには展開ギミックがあり下の画像のように開きます。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにフォールディングアームを装備させてウェポンコンテナを展開させた画像

 

 

同様のギミックは左右のウェポンコンテナにあるので両方とも展開した状態を再現する事が出来ます。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにフォールディングアームを装備させてウェポンコンテナを展開させた画像

 

 

格納されている大型収束ミサイルとマイクロミサイルコンテナは専用の治具を使って取り外す事が可能で下の画像のようにディスプレイ用の台座に固定する事も可能です。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル)ex 40のデンドロビウムにフォールディングアームを装備させてウェポンコンテナを展開させた画像

 

 

改めて全体像です。ウェポンコンテナのハッチを開くと臨戦体勢感が増すためか迫力が増したように感じました。非常に格好良いです(笑)。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにフォールディングアームを装備させてウェポンコンテナを展開させた画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 22弾のガーベラテトラのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 22 ガーベラ·テトラ レビュー
今回は、2022年第5週発売、人気のMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) シリーズの第22弾より、『機動戦士ガンダム0083STARDUST MEMORY  』からのエントリーのガーベラ·テトラのレビューをさせていただきたいと思います。

 

 

大型ビームサーベル

ここからはクローアームを介した武装を紹介して行きます。クローアームも開閉ギミックが備わっており、可動域も広いです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにフォールディングアームを装備させてウェポンコンテナを展開させたクローアームを展開させた画像

 

 

ここからはクローアームを介してデンドロビウムに大型ビームサーベルを装備させた武装状態へ(ビーム刃部分はクリアパーツなので塗装してあります)。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにフォールディングアームを装備させてウェポンコンテナを展開させたクローアームを展開させた画像

 

 

大型ビームサーベルはGSIクレオスさんのガンダムマーカーエアブラシシステムを使って塗装しました。ガブスレイのビームサーベルの塗装で同様の制作記録を残していますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

HGUC ガブスレイ用ビームサーベルの制作記録
今回がHGUC ガブスレイ用のビーム・サーベルとしてガンダムマーカーエアブラシシステムを用いたビーム刃部分のグラデーション塗装方法をご紹介させいただきます。単色での塗装だけでも効果的ですが、二色重ねる事によって見映えが良くなり、ビーム感をより演出する事が可能になりますので参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

こちらは大型ビームサーベル装備状態のデンドロビウムを上から見下ろしたワンショットです。モノトーンを主体とした色彩中に赤が入るので良く映えますね。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにフォールディングアームを装備させてウェポンコンテナを展開させたクローアームを展開させた画像

 

 

ちょっと良く撮れた気がする1枚です(笑)。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル)ex 40のデンドロビウムにフォールディングアームを装備させてウェポンコンテナを展開させたクローアームを展開させた画像


 

 

その他

ここからはおまけ的な要素を少しご紹介して行きます。まずはガーベラテトラ(別売り)を使ってシーマ撃墜のシーンの再現からです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにシーマ搭乗のガーベラテトラ撃墜シーンを再現した画像

 

 

また、右コンテナをロストしたシーンも再現可能です。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムにフォールディングアームを装備させてウェポンコンテナを展開させたクローアームを展開させた画像

 

 

続いて、ガンダム試作3号機にウェポンシステムを装備させたステイメン&ウェポンシステムのご紹介です。デンドロビウムと比較して一回り小さくなりますがシルエットはかなり好みです。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル) ex 40のデンドロビウムよりステイメンにウェポンシステムを装備させた状態の画像

 

 

最後はステイメン&ウェポンシステムのハッチ展開状態です。ガンダムの全身が確認出来るので見た目の印象も大きく変わるので是非、お試しいただければと思います。

mobile suit ensemble(モビルスーツアンサンブル)ex 40のデンドロビウムよりステイメンにウェポンシステムを装備させた状態の画像

 

 

関連ガンプラのご紹介

今回はMGの試作3号機ステイとHGUCのGP03 デンドロビウムをご紹介者させていただきました。デンドロビウムは流通量の影響もありかなり高額で取引されているようですがご興味のある方はチェックしてみて下さい。

 

 

 

中古品販売情報

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX40弾のデンドロビウムの中古品のご紹介です。ご興味のある方はチェックしてみて下さい。


トレーディングフィギュア機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE EX40 デンドロビウム プレミアムバンダイ限定
 

まとめ

以上が、MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) EX40弾より、デンドロビウムのレビューでした。

ステイメンはロゴが増やされていたり、顔周りの変更があり、更に格好良くなって帰って来てくれました(笑)。オーキスについてはスラスターやメガ粒子砲、Iフィールド発生装置、ウェポンコンテナ等、サイズの調整が難しかったのではないかと予想出される部分もありましたが、上手くMOBILE SUIT ENSEMBLE 仕様に落とし込まれており、さすがだなと感じられました。また、通常弾(別売り)との組み合わせにはなりますが、シーマ撃墜シーンの再現に遊び心を感じつつ、ステイメン&ウェポンシステムの格好良さにも魅了され、色々なポイントで満足出来る仕上がりだったと思います。

本商品は、2022年6月17日予約終了、2022年9月26日発送開始、価格は14,300(税込み)のプレミアムバンダイさんのオンライン限定予約販売品でした。2022年10月現在では正規ルートでの購入は難しいですがネット市場では取扱いもあるようなのでご興味のある方はチェックしてみていただければと思います。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
オンライン限定最新情報! プレミアム バンダイ
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

NEWS

『ガンダム 水星の魔女』12月18日の放送は休止。第1クール最終回となる12話までの放送スケジュールを公開 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com
放送中のアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の放送スケジュールに関する情報が公開された。
「水星の魔女」ガンプラを警察仕様風に改造→どう見ても「パトレイバー」な仕上がりに「太田専用機だ」の声 (ねとらぼ) – Yahoo!ニュース
ちょっとふっくらしてるけど、雰囲気はしっかりイングラム – Yahoo!ニュース(ねとらぼ)
【ガンプラ】「ザクIIの専用機」人気ランキング! 第1位は「ジョニー・ライデン専用ザクII」!(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース
 2022年11月6日から11月13日までの間、ねとらぼ調査隊では「ガンプラで一番好きなザクIIの専用機はどれ?」というアンケートを実施していました。

【水星の魔女 PROLOGUE】「ガンダム・ルブリス 量産試作モデル」を製作! ガンビットと大型ランチャーをフルスクラッチ – Hobby JAPAN Web
高精度工作でルブリス量産試作モデルを再現!  前日譚「PROLOGUE」に登場した「ガンダム・ルブリス量産試作モデル」。ミリタリーチックで重厚感あるルックスや、ドミニコス隊を相手に善戦した活躍ぶりなどが印象に残る機体だ。
海老川兼武氏監修!「MG ガンダムAGE-1 フルグランサ[デザイナーズカラーVer.]」本日12時より2次予約受付開始! | GUNDAM.INFO
「フルグランサ用 拡張パーツ」の2次も登場!
「宇宙艦船・サラミス」をお手軽に仕上げる! 合わせ目消しや製作のコツも一気にマスター!【週末でつくる ガンプラ凄技テクニック 懐かしのキット編】 – Hobby JAPAN Web
 休日の空いた時間、誰でもできる簡単なテクニックで、お手軽にカッコいいガンプラを楽しんで作ってみよう! がモットーの連載企画「ガンプラ凄技テクニック」。懐かしのキット編第9回は「宇宙艦船模型の作り方」。サラミスを題材に、
リアルタイプカラーのガンダムやザクII、ジム、ゲルググが参戦!フィギュア「機動戦士ガンダム GフレームFA REAL TYPE SELECTION」が登場! | 電撃ホビーウェブ
食玩フィギュア「機動戦士ガンダム GフレームFA REAL TYPE SELECTION」が登場!ガンプラやMSVの発展に大きく寄与した「リアルタイプ・シリーズ」のMSをラインナップ!
宮本侑芽が一時休養、「機動戦士ガンダム 水星の魔女」ニカ・ナナウラ役など
宮本侑芽が一時休養することが発表された。