GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
M.S.E 24弾予約開始!!
フルバーニアン シン·マツナガ専用ザクII 高機動型ザクII インパルスガンダム+フォースシルエット
M.S.E 23弾 販売中!!
エアリアル バルバトス グレイズ リック·ディアス  エアリアル用武器 
M.S.E.中古販売情報!
キュベレイセット コアトップ コアベース リガズィ ウーンドウォート
ギラ·ドーガ Sガンダム ブルーフレーム レッドフレーム パワードレッド
WAVE しいたけ量産ツール!
ディテールパンチ台形1 ディテールパンチ台形2  ディテールパンチ台形3 ディテールパンチ台形4
ディスプレイにも拘りをプラス!
ミニフライングベース ニューフライングベース プレイングベースA シンプルスタンド  マルチスタンド 
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX13 フルアーマー・ユニコーンガンダム[RED ver.] レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は2019年11月にプレミアムバンダイさんから限定発売されたMOBILE SUIT ENSEMBLE EX13弾のフルアーマー・ユニコーンガンダム[RED.ver]のレビューをさせていただきたいと思います。当該シリーズのフルアーマー・ユニコーンガンダムは2017年のEX01弾の覚醒カラー以来の販売となりもう3年以上の月日経つのですね。

当時のモビルスーツアンサンブルの認知度はそこまで高かったわけでもなく、オンライン限定商品であった事もあってか2019年11月現在ではEX01弾は定価の8倍程まで跳ね上がっておりなかなか手を出せない状況が続いておりましたが、通常1.5弾と組み合わせる事で覚醒カラー、さらに通常10弾と組み合わせる事でユニコーンモードのフルアーマー形態も再現出来てしまうという嬉しいおまけ付きで帰って来てくれました。本商品も画像多めでレビューして行きたいと思いますのでご参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

ユニコーンガンダム

まずはユニコーンガンダム(デストロイモード)からご紹介。EX13弾のユニコーンはRED.verという事で覚醒前のカラーリングです。

MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) EX13弾 フルアーマー・ユニコーンガンダム[RED ver.]のユニコーンガンダムの画像

 

 

右側から。EX弾という事でBOX販売のため、アンテナやサーベルの折れ曲がりもなくストレスなく組めるのは良い点ですね。

MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) EX13弾 フルアーマー・ユニコーンガンダム[RED ver.]のユニコーンガンダムの画像

 

 

左側から。プロポーションは相変わらず素晴らしいのですが、サイコ・フレーム用の塗料だと思われる赤い着色が数カ所あるのが少し残念(個体差の可能性あり)。

MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) EX13弾 フルアーマー・ユニコーンガンダム[RED ver.]のユニコーンガンダムの画像

 

 

ぐるりと回って後方からの画像です。通常のMOBILE SUIT ENSEMBLE 01弾のユニコーンガンダム(デストロイモード)同様に背面のサイコ・フレームの再現は無しでした。しかし、フルアーマーなのでほぼ見えないので問題にはならないかと。

MOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル) EX13弾 フルアーマー・ユニコーンガンダム[RED ver.]のユニコーンガンダムの画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 10弾のユニコーンガンダム(ユニコーンモード)のレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 10 ユニコーンガンダム(ユニコーンモード) レビュー
今回は2019年8月に発売されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)の第10弾よりユニコーンガンダム(ユニコーンモード)のレビューをしたいと思います。第10弾よりSEEDの世界に足を踏み入れたモビルスーツアンサンブルシリーズですが、これまで01弾、02弾、2.5弾、1.5弾とモビルスーツアンサンブルの主力となるポジションを担って来たユニコーンガンダムの再エントリーですね。加えて、EX01弾では覚醒カラーのフルアーマー・ユニコーンガンダムが発売されていましたが、本シリーズが始まったばかりであった事からも今では幻のアイテムになりつつありましたが、EX13弾としてフルアーマー・ユニコーンガンダム(Red ver.)の予約が開始されました!まだまだ止まるところを知らないユニコーンガンダムですが、注目されがちなデストロイモードと総反する静的なユニコーンモードの魅力をお伝え出来ればと考えています。因みにMOBILE SUIT ENSEMBLE 10弾のラインナップは①ストライクガンダム、②ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)、③ギラ・ズール、④スカイグラスパー、⑤MS武器セットとなっています。

 

 

セット内容

ここからはMOBILE SUIT ENSEMBLE EX13弾 フルアーマー・ユニコーンガンダム[RED.ver]のセット内容をご紹介して行きます。最初は左右の平手です。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]の平手の画像

 

 

次はユニコーン対ネオジオングでお馴染みのチョップ・ハンド。左右付属してました。これで結構マニアックな気がしてしまう私はにわか(笑)。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のチョップハンドの画像

 

 

続いてユニコーンガンダムでは標準的なイメージのビーム・マグナム・・・ですが4つは凄いですね。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のビーム・マグナムの画像

 

 

そしてデストロイモードのシールド×3・・・まだ続きます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のデストロイモードのシールドの画像

 

 

そしてそしてシールド・ファンネル×3も再現出来るビーム・ガトリング×2セット×4!

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のビーム・ガトリングの画像

 

 

ここからはフルアーマー・ユニコーン特有の武装へと続きます。まずは3連装ハンド・グレネード・ユニット。3連のグレネード部分が色分けされているものが2セット(4つ)、色分け無しのものが2セット(4つ)と太っ腹ですね。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のハンド・グレネードの画像


 

 

さらに3連装対艦用ミサイル・ランチャー・・・こちらもハンド・グレネード・ユニットと同様色分け有りが1セット(×2)、色分け無しが1セット(×2)。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]の平手の画像

 

 

さらにさらにハイパー・バズーカは驚異の4個入りでした・・・これだけで元は取れた気がして来てしまった私。金型の流用とは言えかなりお得ですよね。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のハイパー・バズーカの画像

 

 

まだ続きます・・・大型プロペラント・タンク×2。ユニコーンガンダムの肩くらいの長さがあります。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]の大型プロペラントタンクの画像

 

 

フルアーマー・ユニコーンのトレード・マークであるハイパー・ビーム・ジャベリンも1本付属。ビーム刃はクリアパーツですがつや消しで仕上げられています。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のハイパー・ビーム・ジャベリンの画像

 

 

そして開梱中に?っとなったのが下の画像・・・取説を見るとABSアンテナとあり、触ってみると確かに軟質プラスチックではなくカチッとした質感になってました。これも意外と嬉しかった点だったりします。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のABSアンテナの画像

 

 

そしてフルアーマー・ユニコーンの膨大な武装をマウントするためのバックパック・・・こちらは通常版と差し替える仕様です。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のフルアーマー・ユニコーンガンダム用バックパックの画像

 

 

あともう少しで終わります(笑)。台座は下の画像の通りで94式ベースジャバー型にして各種武装をマウントする事も出来ます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]の台座の画像

 

 

そして・・・トリプル・シールド・ファンネル再現用の台座も付属。至れり尽くせりですね!

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のトリプル・シールド・ファンネル用台座の画像

 

 

そしてMOBILE SUIT ENSEMBLE EX13弾の一番のおまけがこちらではないでしょうか??ユニコーンモードのシールドが3つ封入されているので第10弾のユニコーンガンダム(ユニコーンモード)と組み合わせる事でユニコーンモードのフルアーマー形態も作れてしまうというありがたいお話です(笑)。ただし色分け有りバージョンは1枚のみ。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンモードのシールドの画像

 

 

標準武装装備形態

一通りセット内容をお伝え出来たところでここからはユニコーンガンダム(デストロイモード)のご紹介を簡単に。

 

詳細はMOBILE SUIT ENSEMBLE 01のレビューをこちらからどうぞ。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 01 ユニコーンガンダム(デストロイモード) レビュー
2016年12月発売の1回500円のガシャポンとしてスタートしたMOBILE SUIT ENSEMBLE。第二弾となる01弾のラインナップは①ガンダム、②ザク、③Gファイター、④ユニコーンガンダム(デストロイモード)、⑤MS武器セットとなっています。今回は、このうち、ユニコーンガンダム(デストロイモード)をレビューさせていただきます。

 

 

まずはビーム・マグナムとデストロイモードのシールドを装備させた標準的な武装からです。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンモードのビーム・マグナムとシールドを装備させた標準的な武装形態の画像

 

 

そして右側から。01弾のユニコーンガンダム(デストロイモード)と比較しても特に違いはなさそうな感じです。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンモードのビーム・マグナムとシールドを装備させた標準的な武装形態の画像

 

 

こちらは左側からの画像。因みにアンテナは今回封入されてABS製のものを使用・・・見た目は同じですがフルアーマーにした時にグニャりとしない配慮なのですかね。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンモードのビーム・マグナムとシールドを装備させた標準的な武装形態の画像

 

 

陰影が目立つためか情報量も多く見えて格好良いですね。フルアーマー化が楽しみなところです。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンモードのビーム・マグナムとシールドを装備させた標準的な武装形態の画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE 13弾のバンシィ(ユニコーンモード)のレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE 13弾 バンシィ(ユニコーンモード) レビュー
大人気シリーズとなったMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)シリーズより『機動戦士ガンダムUC』のバンシィ(ユニコーンモード)が通常13弾として登場です。13弾の支援機枠はSガンダム用ブースター、MS武器セットはゼク・アイン用と『ガンダム・センチネル』に注力したラインナップとなっておりますがバンシィ(ユニコーンモード)も堅実な格好良さを示してくれ、過去弾のバンシィ(デストロイモード)やバンシィ(覚醒カラー)と並べる事でよりユニコーンやアンサンブルの世界を満喫出来そうです。尚、13弾のラインナップは①Sガンダム、②バンシィ(ユニコーンモード)、③ゼク・アイン、④Sガンダム用ブースター、⑤MS武器セットとなっています。

 

 

ベース・ジャバーの組立方法

ここからは94式ベース・ジャバーの組立方法をご紹介して行きます。まずはベース・ジャバーのパーツを用意します。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの組立方法の画像

 

 

ベース・ジャバーに大型プロペラント・タンク×2を取付けます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの組立方法の画像

 

 

続いてハイパー・バズーカ×2を取付けます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの組立方法の画像

 

 

下の画像の矢印部分にL字パーツ×2を取付けます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの組立方法の画像

 

 

上の画像で取付けたL字パーツを介してシールド・ファンネル×2を取付けます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの組立方法の画像

 

 

さらに3連装対艦用ミサイル・ランチャー×2を下の画像の矢印部分に取付けます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの組立方法の画像

 

 

下の画像の矢印部分にL字パーツを取付け・・・

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの組立方法の画像

 

 

最後にシールド・ファンネルを取付けて完成です。組立前は今回も苦戦するのかななんて考えていましたが意外と組立て安い印象でした。フルアーマー・ユニコーンの武装を一まとめにしてくれる点もありがたいですがボリュームもあって見応えも十分、飾っても楽しめそうです。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの組立方法の画像


 

 

ユニコーンガンダム&ベース・ジャバー

ここからは上で組立てたMOBILE SUIT ENSEMBLE EX13のベース・ジャバーとユニコーンガンダムの組み合わせをご紹介して行きます。

まずはベース・ジャバーの正面からです。カッチリと組めるのでポロリもなくストレスなく飾れます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの画像

 

 

こちらは右側からのベース・ジャバーです。ハイパー・バズーカ×2、シールドmファンネル×3、3連装対艦ミサイル・ランチャー×2と積載満載ですね。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの画像

 

 

左側からです。それにしてもベース・ジャバーってこんなに格好良かったかなと思えてしまう仕上がりです。因みにディスプレイはコトブキヤさんの”ミニフライングベース”を使っています。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの画像

 

 

ミニフライングベースのレビューもしておりますので良かったらご覧下さい。

ヘキサギア ミニフライングベース レビュー
六角型のジョイントシステムを軸に開発されたコトブキヤさんの新しいオリジナルメカシリーズの「ヘキサギア」。その中で2017年8月に発売されたミニフライングベースは3mm軸のジョイントが付属するため、MOBILE SUIT ENSEMBLEを様々なポージングで格好良くディスプレイする事が可能です。モビルスーツアンサンブルシリーズのワンランク上のパフォーマンスを引き出したい方にお勧めですのでレビューさせていただきます。

 

 

後方からの1枚。プロペラント・タンクのスラスター、ミサイル・ランチャーのモールドなど後方のディテールもぬかり無しです。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの画像

 

 

ベース・ジャバーの真正面からの1枚です。カラーリングもマッシブで何となく高級感もある気もしてしまいます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のベースジャバーの画像

 

 

続いてデストロイモードのユニコーンガンダムとベース・ジャバーのコラボ画像へ。セットに含まれないのはディスプレイ台座として使用しているコトブキヤさんのミニフライングベースのみです。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダム(デストロイモード)とベースジャバーの画像

 

 

ユニコーンガンダムの足裏には接続用のダボ穴はないので単に乗せているだけです。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダム(デストロイモード)とベースジャバーの画像

 

 

ベース・ジャバーに乗った状態でビーム・マグナムを振り上げたポージングで背中越しの1枚。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダム(デストロイモード)とベースジャバーの画像

 

 

ベース・ジャバーからの射撃姿も良いです。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダム(デストロイモード)とベースジャバーの画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX20弾のEx-Sガンダムのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX20 Ex-Sガンダム レビュー
今回はプレミアムバンダイさん限定、オンライン予約販売のMOBILE SUIT ENSEMBLE EX20弾 Ex-Sガンダムの商品レビューをお届け致します。13弾 Sガンダムの強化装備形態という位置付けですが、胸部のIフィールド発生装置、脚部のリフレクター・インコム・ユニット、プロペラント・タンク、増加装甲等がしっかりと再現されており、ビーム・スマート・ガンも本シリーズでは大型化されており、外見が似ている通常弾のSガンダムとの差別化が計られていたように感じました。また、付属品としてビーム・スマート・ガンを水平にディスプレイ出来るクリアパーツが同梱されていたのも嬉しかったポイントです。一点、希望を言わせてもらえるとしたらビーム・サーベルの付属が無かったのが少し残念でしたが、良く似合う武装であったため贅沢とは思いましたがセットに加えてもらえれば更に満足感が得られたように思います。本品はプレミアムバンダイさん限定予約販売品、2020年9月発送、価格は4,620円でした。2020年10月現時点では再販はされていないので気になった方は中古市場を中心にチェックされるのが良いかと思います。

 

 

背中越しのワンショットをもう1枚。スピード感もあってなかなか格好良いです。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダム(デストロイモード)とベースジャバーの画像

 

 

最後にEX13弾の武装で一際目を引くハイパー・ビーム・ジャベリンを携行させて。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダム(デストロイモード)とベースジャバーの画像

 

 

ハイパー・ビーム・ジャベリンもかなり良い仕上がりです。クリアパーツでカラーリングも美しいのですがつや消しもされているのでチープさも感じません。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダム(デストロイモード)とベースジャバーの画像

 

 

反対側から。ハイパー・ビーム・ジャベリンでなぎ払うイメージのポージングを。フルアーマー・ユニコーンのみならずユニコーンガンダムとベース・ジャバーだけでもかなり遊べてしまう内容となっています。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダム(デストロイモード)とベースジャバーの画像


 

 

フルアーマー・ユニコーンガンダムの組立方法

ここからはフルアーマー・ユニコーンガンダムへの組立方法をご紹介して行きます。まずはユニコーンガンダムからです。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダム(デストロイモード)の画像

 

 

続いて下の画像の矢印部分の左右脚部の側面に3連装ハンド・グレネード・ユニットを取付けます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のフルアーマー・ユニコーンガンダムの組立方法の画像

 

 

左右の両腕にビーム・ガトリング×2をマウントしたシールドを取付けます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダムのフルアーマー・ユニコーンガンダムの組立方法の画像

 

 

後方に回って通常のバックパックからフルアーマー用のバックパックに付け替えます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダムのフルアーマー・ユニコーンガンダムの組立方法の画像

 

 

フルアーマー用のバックパックに大型プロペラント・タンク×2を取付けます。プロペラント・タンクは下の画像の矢印通りに鉛直方向に可動出来ます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のフルアーマー・ユニコーンガンダムの組立方法の画像

 

 

さらにさらにバックパックの両脇にハイパー・バズーカ×2をマウントします。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダムのフルアーマー・ユニコーンガンダムの組立方法の画像

 

 

ハイパー・バズーカの矢印部分に3連装対艦用ミサイル・ランチャーを取付けます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のフルアーマー・ユニコーンガンダムの組立方法の画像

 

 

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX26弾のナイチンゲールのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX26 ナイチンゲール レビュー
今回はプレミアムバンダイさんから限定予約販売された人気シリーズMOBILE  SUIT ENSEMBLE のEX26弾の『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』よりナイチンゲールのレビュー及び商品紹介をさせていただきたいと思います。またエキストラ弾として破格のサイズになっているという事もあり組立方法が少し難解になっておりますので組立方法についても画像を交えてご紹介して行きます。

 

 

前に回ってハイパー・バズーカの内側の矢印部分にハンド・グレネード・ユニットを取付けて概ね完成ですかね。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のフルアーマー・ユニコーンガンダムの組立方法の画像

 

 

最後にバックパックにビーム・ガトリング×2+シールドを装着してフルアーマー・ユニコーンガンダムの完成です。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のフルアーマー・ユニコーンガンダムの組立方法の画像

 

 

ここからはフルアーマー・ガンダム用の台座の組立方法も合わせてご紹介して行きます。まずはベース・ジャバーの骨格用意して・・・

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダムのフルアーマー・ユニコーンガンダムの台座の組立方法の画像

 

 

下の画像のようにジョイントを差し込みます。因みにパネル状の物がユニコーンガンダムへ、スティック状のものがプロペラント・タンクに繋がります。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダムのフルアーマー・ユニコーンガンダムの台座の組立方法の画像

 

 

という事でEX13 フルアーマー・ユニコーンガンダムと専用台座の組立完了です。武装はお好みでという事でしたがひとまず取説通りにハイパー・ビーム・ジャベリンとビーム・マグナムを装備させてみました。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダムのフルアーマー・ユニコーンガンダムと専用台座の組立方法の画像

 

 

過去にEX09弾のガンダム・インレを組んでいるので大きさには少し慣れた気がしますがパッケージからするとやはり大きいですね。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダムのフルアーマー・ユニコーンガンダムの台座の組立方法の画像

 

 

左側からの1枚です。ハイパー・バズーカや3連装対艦ミサイル・ランチャー、ハイパー・ビーム・ジャベリンが目を引きます。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダムのフルアーマー・ユニコーンガンダムの台座の組立方法の画像

 

 

そしてフルアーマー・ユニコーンガンダムの後方からの画像。前方と比較して情報量が少なめになる事は仕方ないかななんて思っていましたが、シールドのサイコフレームやハンド・グレネード・ユニットの赤が差し色になっていてあまり物足りなさは感じないように仕上げれていて素晴らしいなと感じました。

mobile suit ensemble ex13 フルアーマー・ユニコーン[RED.ver]のユニコーンガンダムのフルアーマー・ユニコーンガンダムの台座の組立方法の画像


 

 

フルアーマー・ユニコーンガンダム[Red ver.]

上でユニコーンガンダムからフルアーマー・ユニコーンガンダムへの換装が済んだところでフルアーマー・ユニコーン[Red ver.]のポージングを交えたご紹介へ・・・まずは正面からです。武装がマッシブな感じで非常に格好良いです。

モビルスーツアンサンブルEX13弾フルアーマー・ユニコーンガンダム[red ver.]のフルアーマー形態の正面からの画像

 

 

続いて右側から。因みにディスプレイスタンドは先にも紹介しているコトブキヤさんの”ミニフライングベース”を使用。重量的にはギリギリの印象ですがスタンドの各関節をしっかり締めてあげるとディスプレイ可能です。

モビルスーツアンサンブル(mobile suit ensemble)EX13弾フルアーマー・ユニコーンガンダム[red ver.]のフルアーマー形態の画像

 

 

左側から最後の1枚です。プロペラント・タンクもよく見えてテンションが上がりますね。武装もてんこ盛りだったのでプレイバリューも高かったと思います。

モビルスーツアンサンブル(mobile suit ensemble)EX13弾フルアーマー・ユニコーンガンダム[red ver.]のフルアーマー形態の画像

 

 

ガンプラ紹介

フルアーマー・ユニコーンガンダムもHGUCでキット化されていますので興味のある方はチェックしてみて下さい。

 

 

 

中古品販売情報

こちらではMOBILE SUIT ENSEMBLE EX13弾のフルアーマー・ユニコーンガンダム[RED ver.] の中古品の販売情報をご紹介させていただきます。お買い逃しのあった方は是非チェックしてみていただければと思います。

 


トレーディングフィギュア機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE EX13 フルアーマー・ユニコーン(REDver.) プレミアムバンダイ限定

 

 

まとめ

以上が2019年11月にプレミアムバンダイさんから予約限定で発売されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)のEX13弾 フルアーマー・ユニコーンガンダム[RED.ver]のレビューでした。

冒頭でも触れさせていただきましたが、モビルスーツアンサンブルシリーズ開始直後に予約販売されたEX01弾の覚醒カラーのフルアーマー・ユニコーンガンダムはその希少性から相当にプレミアム化されてしまい手を出せなかった状態が長く続きましたが、通常1.5弾のユニコーンガンダム(覚醒カラー)と本弾を合わせる事で覚醒カラーとRED.verの両方のフルアーマー・ユニコーンガンダムを再現出来てしまうのはファンにとってはかなり大きなポイントだったのではないでしょうか。

オンライン予約限定販売と言う性格上、今から入手したいという方には少しハードルが高くなっている印象はありますが、ネットでリサーチすることで見つけられる可能性もあると思いますので、中古市場を中心にチェックしていただきたいところです。

コストや生産ラインの問題等でなかなか一般販売化の実現は難しそうな事は残念ですが、今後も『機動戦士ガンダム SEED』や『ガンダム・センチネル』からのラインナップも発表されいるので何卒お見逃しなきように、私も含めて皆様もお気を付けください(笑)。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 精密ピンセット
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー つや消しトップコート

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。