GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
G. F. F. METAL COMPOSITE 情報
RX-78-2 バンシィ·ノルン ユニコーンガンダム バンシィ
人気のMETAL BUILED
S. ガンダム カレトブレッフ デスティニー F. P. F. ガンダム ゴールドフレーム
ガンバレルストライカー ストライクルージュ アストレア エール ストライク フリーダム
SIDE MS 中古販売情報
FAZZ Ex-Sガンダム ザクIIF2型 グフフライトタイプ 
シリーズ拡大中!ロボット魂!!
RX-93ff vガンダム ヘイズル改& サザビー ハイニューガンダム バンシィ(デストロイモード)
ジオング  ドム·トローペン ザクII(黒い三連星) シナンジュ ザクタンク(グリーン·マカク)
コレクションケースもおすすめ!
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

METAL ROBOT魂〈SIDE MS〉ヘイズル改 & フルドド バリエーション レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyonta です。

今回は、プレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売のあったMETAL ROBOT 魂〈SIDE MS〉より、ガンダムTR-1[ヘイズル改]とGパーツ[フルドド]の組み合わせによるヘイズル改のバリエーションをご紹介して行きたいと思います。

 

 

バリエーション

ガンダムTR-1[ヘイズル改](スナイパー装備)

まずはガンダムTR-1[ヘイズル改]に高性能光学センサーユニット、サブアームユニット、脚底部補助スラスターユニット及びロングブレードライフルを装備させたスナイパー装備からのご紹介です。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル改スナイパー装備の画像

 

 

高性能光学センサーユニットのバイザーは差し換えで展開状態と非展開状態を再現出来るようになっています(下の画像の上:展開状態、下:非展開状態)。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル改スナイパー装備の画像

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル改スナイパー装備の画像

 

 

シールドブースターと脚底部補助スラスターユニットの影響で縦長になるので画像も縦長になりやすくなります(笑)。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル改スナイパー装備の画像

 

 

サブアームユニットは展開させてビームサーベルを補助金させたりする事も可能です。ロングブレードライフルを振り上げたポージングも格好良いです。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル改スナイパー装備の画像


 

 

ガンダムTR-1[ヘイズル改](アドバンスドユニット装備)

続いてはヘイズル改に高性能光学センサーユニット、脚底部補助スラスターユニット、サブアームユニット、マルチウェポンラッチを装備させたアドバンスドユニット装備状態へ。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル改アドバンスドユニット装備の画像

 

 

マルチウェポンラッチの機能によりシールドブースターの装備枚数がプラス1となり、かなりの推力アップに貢献してくれたものと思います。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル改アドバンスドユニット装備の画像

 

 

シールド越しにビームライフルを構えるポージングにて···ヘイズル改の完成形とも言われる装備状態ですが外見もかなり格好良いです。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル改アドバンスドユニット装備の画像

 

 

左手にビームサーベルを装備させた状態です。武装はお好みに応じて二刀流、二丁拳銃も再現可能なので幅広いディスプレイが出来ると思います。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル改アドバンスドユニット装備の画像

 

 

METAL ROBOT魂〈SIDE MS〉ガンダムTR-1[ヘイズル改] & オプションパーツセットのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

METAL ROBOT魂〈SIDE MS〉ガンダムTR-1[ヘイズル改] & オプションパーツセット レビュー
今回は、2022年3月23日発送のプレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売されたMETAL ROBOT 魂〈SIDE MS〉シリーズより、ガンダムTR-1[ヘイズル改] & オプションパーツセットのレビューをさせていただきたいと思います。

 

 

ガンダムTR-1[ヘイズル·ラー]

お次はヘイズル改にフルドド一機を合体させたヘイズル·ラーをご紹介していきます。かつて憧れだった形態をサクッと組めてしまうのは驚きと感激です。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラーの画像

 

 

フルドドのスラスターユニットとクローユニットも任意の角度で取り付けられるので表情の微調整も簡単です。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラーの画像

 

 

クローユニットにロングブレードライフルを接続した状態へ···バックショットも凄い情報量ですね。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラーの画像

 

 

指先の赤も強烈なアクセントになってくれています。ヘイズル·ラーの最後は上から見下ろした1枚です。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラーの画像

 

 

METAL ROBOT 魂〈SIDE MS 〉Gパーツ[フルドド] & アドバンスドパーツセットのレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

METAL ROBOT魂〈SIDE MS〉Gパーツ[フルドド] & アドバンスドパーツセット レビュー
今回は、2022年9月22発送のプレミアムバンダイさんからオンライン限定予約販売されたMETAL ROBOT 魂〈SIDE MS〉シリーズより、Gパーツ[フルドド] & アドバンスドパーツセットのレビューをさせていただきたいと思います。

 

 

ガンダムTR-1[ヘイズル·ラー](フルアーマー装備)

続いてヘイズル·ラーに高性能光学センサーユニットと脚底部補助スラスターユニットを追加装備させたヘイズル·ラーのフルアーマー装備状態です。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラー(フルアーマー装備)の画像

 

 

背部のフルドドは折り畳まれている印象が強くヘイズル·ラーとは印象が変わりました。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラー(フルアーマー装備)の画像

 

 

バックショットではフルドドが折り畳まれ、スラスターユニットとクローユニットがより翼の様に見えるのが確認出来ます。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラー(フルアーマー装備)の画像

 

 

せっかくサブアームユニットも装備させたので展開させてビームサーベルも保持させてみました。もちろん、もう1本追加で装備させる事も可能ですが納得行くポージングが撮れなかったのでこちらにてご容赦下さい(笑)。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラー(フルアーマー装備)の画像


 

 

ガンダムTR-1[ヘイズル·ラー](第二形態)

そしてヘイズル改にフルドド2機を合体させたヘイズル·ラー(第二形態)へ。各部のオプションパーツである高性能光学センサーユニット、脚底部補助スラスターユニット、ロングブレードライフルも装備させています。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラー(第二形態)の画像

 

 

高性能光学センサーユニットのバイザーの展開状態も良好で、ダブルシールドブースターも格好良いですね。ものすごく高騰していたFGフルドドを複数個購入した思い出が甦って来ます(涙)。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラー(第二形態)の画像

 

 

下半身に装備させた2つのクローユニットにはそれぞれロングブレードライフルを接続する事が可能です。直線が交じる合う構図が美しく感じます。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラー(第二形態)の画像

 

 

そして最後の1枚です。

metal robot 魂〈side ms〉ヘイズル改とフルドドの組み合わせによるヘイズル·ラー(第二形態)の画像

 

 

HGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]の作例紹介及びバリエーションレビューもしておりますのでご興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

HGUC ガンダムTR-1 [ヘイズル改] ガンプラ作例紹介&バリエーション レビュー
今回は、『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』よりHGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]のガンプラ作例紹介とバリエーションレビューをさせていただきたいと思います。このキットは以前にも何度か作った事がありサクサク進めてしまった事と、プリムローズやフルドド及びビーム・ライフルの改造等を先行させていたため、慌てて造った事も重なりヘイズル改自体の制作記録はあまり残っておらず今回は勝手ながら割愛させていただきました(汗)。カラーバリエーション等でまた造る事もあるかと思いますが申し訳ありません・・・その変わりと言っては何なのですが、ヘイズル改を中心とした、プリムローズやフルドド、ギャプランブースーターを織り交ぜたちょっとしたバリエーションレビューも出来ればなと考えておりますのでお付き合いいただけますと幸いです。

 

 

関連ガンプラのご紹介

今回はHGのヘイズルとフルドドをご紹介させていただきました。ご興味のある方はチェックしてみて下さい。

 

 

 

中古品販売情報

こちらではMETAL ROBOT 魂〈SIDE MS 〉ガンダムTR-1[ヘイズル改] & オプションパーツセットとGパーツ[フルドド] &アドバンスドパーツセットの中古品の販売情報をご紹介させていただきますのでご興味のある方はチェックしてみて下さい。

 


フィギュアMETAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムTR-1[ヘイズル改]&オプションパーツセット 「ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに」 魂ウェブ商店限定

フィギュアMETAL ROBOT魂 <SIDE MS> Gパーツ[フルドド]&アドバンスドパーツセット 「ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに」 魂ウェブ商店限定

 

 

まとめ

以上がMETAL ROBOT 魂〈SIDE MS 〉のガンダムTR-1[ヘイズル改] & オプションパーツセットとGパーツ[フルドド]  & アドバンスドパーツセットの組み合わせより、[ヘイズル改](スナイパー装備)、[ヘイズル改](アドバンスドユニット装備)、[ヘイズル·ラー]、[ヘイズル·ラー](フルアーマー装備)、[ヘイズル·ラー](第二形態)のご紹介でした。

双方共に、プレミアムバンダイさんからのオンライン限定の予約販売品であり、ガンダムTR-1[ヘイズル改] オプションパーツセットは2021年11月23日予約終了、2022年3月23日発送、価格は14,850円(税込み)。Gパーツ[フルドド]  & アドバンスドパーツセットは2022年6月5日予約終了、2022年9月22日発送、価格は9,350円(税込み)でした。

2022年11月現在では、正規ルートで購入する事は出来ませんが、ネットや中古市場で取り扱われておりますのでご興味のある方はチェックしてみて下さい。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 ピンセット 
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー スジ彫り彫刻刃

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。