GUNDAM PRESSのロゴ  
gundampressのロゴ  
12/6更新 オススメ改造パーツ
スラスターノーマル スラスターショート  HD プレート VCドーム マイナスモールド
ガンマズル FLリベット 精密スプリング マイナスパイル SPプレート
WAVE しいたけ量産ツール!
ディテールパンチ台形1 ディテールパンチ台形2  ディテールパンチ台形3 ディテールパンチ台形4
ガンプラのカスタマイズにM.S.G.シリーズ

リボルビングバスターキャノン

サムライマスターソード

マルチミサイル

ユナイトソード

プロペラントタンク

ベクタードスラスターA

バーストレールガン

セレクターライフル

アサルトライフル2

ストロングライフル 
人気の強力サポートツール
卓上掃除機  バイス ミニルーター スプリングコンパス PS 細スパイラル
 精密ドリル 精密ピンセット 黒い瞬間接着剤 面だしヤスリ #600 ガンダムマーカーエアブラシ
カスタマイズにM.S.G.シリーズ
リボルビングバスターキャノン サムライマスターソード マルチミサイル ユナイトソード プロペラントタンク
ベクタードスラスターA バーストレールガン セレクターライフル アサルトライフル2 ストロングライフル 
中古で商品を探すならこちら!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋  

HGUC RGM-79FP ジム・ストライカー 制作記録3 (201811)

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,開け,ディテール,アップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんばんは、pyontaです。

今回は、前回に引続きHGUCのGM-79FP ジム・ストライカーの制作記録をご紹介させていただきたいと思います。

前回は簡単にですが【ヤスリがけ】と【合わせ目消し】と【スジ彫り】についてご紹介させていただきましたが、今回は【穴あけ】と【プラ工作】と【部分塗装】に触れて行きたいと思います。因みに前回の制作記事はこちらから。

 

 

 

穴あけ

まずは【穴あけ】加工から。ジム・ストライカーの頭部ユニットを使って紹介して行きます。下の画像の赤い矢印のように【穴あけ】をしたいところに”キリ”で軽く跡を付けます。1/144スケールだとこれだけでも良い気がしますね。

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,スジ彫り,すじぼり,タガネ,開け,ディテール,アップ

 

 

続いて”ピンバイス”と”ドリル”で【穴あけ】した画像が下です。いつもは1mmのドリルを使って【穴あけ】→アルミ線の埋め込みをしていましたが、大き過ぎる気もしていたので今回は0.5mmで【穴あけ】してます。後は好みですが、今回はピンホールを【部分塗装】してみようかと思っているので貫通させてない方向で進めてみます。

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,スジ彫り,すじぼり,タガネ,開け,ディテール,アップ

 

 

このような【穴あけ】を情報量の足らなそうな所にアクセントとして全身に行っていきます。下の画像では赤い矢印が新規に【穴あけ】したところで、ピンクの矢印は元々あった穴を掘り直したところです。

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,スジ彫り,すじぼり,タガネ,開け,ディテール,アップ

 

 

このままでもある程度の効果が得られているのですが、”リューター”で【穴あけ】の仕上げをしてあげると更に情報量があがり見映えも良くなるのでこだわりたい方は”ビット”による研磨をお勧めします。下の画像の赤い矢印が仕上げしたところです。ちょうど二重(ふたえ)になった感じで情報量も上がり、バリ取りも出来るので、一手間加える事で仕上がりが良くなるのでお勧めです。

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,スジ彫り,すじぼり,タガネ,開け,ディテール,アップ

 

 

更にもう1例。単なる【穴あけ】とその仕上げを行ったものの比較です。左側がピンバイスであけた0.5mmの穴。そして右側が更にリューターで研磨して仕上げた穴になります。

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,スジ彫り,すじぼり,タガネ,開け,ディテール,アップ

 

 

更にもう1例。左側の赤い矢印がリューター仕上げあり、右側のピンクの矢印が仕上げなしです。素人ながらに言わせていただけば、正直、好みで良いと思います。こうしなければいけないと言うのはないと思いますので、モチベーションがあれば挑戦してみるのも良いと思います。

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,スジ彫り,すじぼり,タガネ,開け,ディテール,アップ


 

 

スジ彫り&プラ工作

続いてシールドの加工をご紹介して行きます。まずは【スジ彫り】について、赤い矢印は0.8mmと1.2mmの”BMCタガネ”で【スジ彫り】しています。緑の矢印は0.15mmのBMCタガネで【スジ彫り】しています。ピンクの矢印は【スジ彫り】が曲がってしまってので【プラ工作】で修正(ごまかす)つもりです(笑)。最近では他社製のタガネも販売されておりますのでチェックしてみて下さい。

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,スジ彫り,すじぼり,タガネ,開け,ディテール,アップ

 

 

次は【プラ工作】です。下の画像の白い”プラ板”がこれから貼付けようとしているもので、0.3mm厚のプラ板を”デザインナイフ”で切り出しています。【プラ工作】する時には”ピンセット”があると便利です。

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,スジ彫り,すじぼり,タガネ,開け,ディテール,アップ

 

 

まだまだ、【プラ工作】も始めたばかりなので制作記録として残して行きますが、下の画像のように”カッティングマット”の上でプラ板を切り出して行きます。この時、”ステンレス製の定規”や”ディバイダー”があると便利です。ディバイダーは幅を図るのに重宝しますし、【スジ彫り】にも使えます。

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,スジ彫り,すじぼり,タガネ,開け,ディテール,アップ

 

 

部分塗装

切り出し終えたら接着して”マスキングテープ”に貼付けて、今回は”ガンダムマーカー”で簡単に部分塗装しました。

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,スジ彫り,すじぼり,タガネ,開け,ディテール,アップ

 

 

【部分塗装】したパーツが乾燥するまで放置し、その間にシールドに0.5mmの【穴あけ】を追加してみました。今、改めて見てみると虫っぽい感じもしましたが取り合えず良しとします。

ブログ,blog,レビュー,制作,日記,記録,modeling,log,diary,review,機動戦士,ガンダム,mobile,suit,gundam,戦場の絆,ジム,ストライカー,gm,79fp,hg,hguc,1/144,ユージ,アルカナ,画像,格好良い,お勧め,オススメ,組み立て,改造,改修,プラ,工作,加工,板,部分塗装,穴あけ,あけ,スジ彫り,すじぼり,タガネ,開け,ディテール,アップ

 

 

まとめ

以上が、2018年11月25日に制作し始めたHGUC RGM-79FP ジム・ストライカーの制作記録3でした。

今回は【穴あけ】と【プラ工作】と【部分塗装】について一部をご紹介させていただきました。これらの作業についてはまだまだ手探りな部分が多いので制作記録として残し、ノウハウを蓄積させて行ければと考えています。

いずれの工程も単発では小さな変化に止まりますが、組み合わせることで相乗効果が期待出来ると思うので、これからも挑戦しながらレビューさせていただきたいと思います。

今回使用した商品は、2006年12月の発売、定価1,296円の商品でした。2018年12月現在でも安価で入手しやすくなっておりますのでチェックしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

ガンプラ制作の定番ツールのご紹介

薄刃ニッパー アルティメットニッパー  スピンブレード ピンバイス 黒い瞬間接着剤 ピンセット 
セメント(流し込み) リモネン(流し込み) スジボリガイドテープ ディバイダー セラフィニッシャー スジ彫り彫刻刃

入門からスクラッチの参考書に!

SCRATCH BUILD MANUAL SCRATCH BUILD MANUAL2 ガンプラテクニックバイブル  ガンプラ モデリング マニュアル ガンプラ制作+4ステップ
NOMOKEN 1 NOMOKEN 2 NOMOKEN 3 NOMOKEN extra ガンプラ教科書
スポンサーリンク

ガンダムコミックのご紹介

 
THE ORIGINE Define ベルトーチカ·チルドレン サンダーボルト くろうさぎのみた夢
ムーンガンダム ヴァルプルギス ジョニー·ライデンの帰還 バンデシネ NT

サイト内カテゴリー

MOBILE SUIT ENSEMBLE
2016年12月の00弾ガンダム(ロールアウトカラー)とシャア専用ザク(ルウム戦役ver)の2種から販売を開始されたMOBILE SUIT ENSEMBLE(モビルスーツアンサンブル)。1回 500円と少し高額なガシャポンではありますがそのクオリティーの高さにかなりの人気ブランドになっています。一般店頭で販売されている通常弾に加えてオンライン限定のEX弾も販売されており今後の展開に目が話せない注目のシリーズです。
GUNDAM FIX FIGURATION
2001年1月に販売された#0001 フルアーマーガンダムを皮切りにガンダムタイプのモビルスーツを題材にしたフィギュアシリーズの先駆け的ブランドであるGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム フィックス フィギュレーション)。現在となっては上位ブランドのMETAL COMPOSITEやMETAL BUILDに人気がシフトしていますがラインナップの点ではまだまだその魅力は健在だと思います。
METAL BUILD
2011年3月からスタートした塗装済み完成フィギュアの最高峰ブランドであり、高額ながらGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEを凌ぐクオリティーと人気を誇っているMETAL BUILD(メタルビルド)シリーズのカテゴリーです。金属パーツを多く取り込みメカニカルな演出とダイナミックなアクションポーズも可能で高級感を手に取って感じる重量感までが考慮されて設計。前者とは作品の住み分けも行われているようで主に『機動戦士ガンダムSEED』のガンダムタイプのモビルスーツが多くラインナップされています。また、コアとなるモビルスーツのオプション・パーツも多数販売されており互換性を利用して換装を楽しめる事も大きな魅力です。
Modeling products(作品紹介)
本ページではガンプラを主体とした管理人の制作品の一覧をご紹介しています。1/144スケールがメインですがHG、RG、FGに加えて、1/100スケールのRE/100やMGも載せて行けたらと考えています。制作工程は主にスジ彫り、プラ材による加工、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、墨入れ、水転写デカールの貼付け、つや消しトップコートによる仕上げでディテールアップや改造したものが多いです。A.O.Zやセンチネル、UCやSEEDが好きなのでこの辺りのモビルスーツを中心にピックアップして行くつもりです。
Modeling logs (制作記録)
こちらのカテゴリーではガンプラの制作記録を軸に簡単な制作方法もご紹介させていただいております。合わせ目消し、スジ彫り、穴開け、プラ工作、ガンダムマーカーエアブラシシステムによる塗装、チップ、墨入れ、水転写デカール、トップコートを行うためのツールも載せていますので見ていただけると嬉しいです。